徒然なるままに

<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

WBCを振り返って

先日行われたWBCの決勝戦。日本が接戦の末に栄えある第一回の優勝を決めた。これは色々とあった日本チームにとっては非常に大きな一勝であり、大変に勝ちのある優勝だったのではないだろうか。王監督やイチローをはじめとした各選手に拍手をしたいと思う。

その一方で今回のWBCって一体何だったのだろう?非常に疑問に思う内容の大会だった気がする。メジャーリーグのごり押しで始まった世界大会なのだが、余りにもお粗末な内容での開催だったのではないだろうか。今回のWBCについて、私が感じた幾つかの問題点を記載しようと思う。

先ずは予選の行われ方が不可解である。サッカーにおけるWorld CupではHome & Awayの方式を採択しているが、何故か今回は一つの国で第一次予選が行われた。予選の舞台となった国にとっては大変有利な内容であり結果になったのではないだろうか。(まあ、日本は一次予選で韓国に敗れて二位通過となったけどね。)

開催時期にも問題があったと思う。何故シーズン直前の開催となったのだろう。体を長いシーズンに向けて作っている最中にこういった大会を行うのは、選手の体に対しては大きな負担にならないのだろうか。この点については、日本野球機構もかなり反発はしたみたいだが、米国のごり押しにやられたといったところでしょうか。

次に審判の問題。今回の本戦では、審判の全てが米国のメジャー、更にはマイナーリーグの審判のみを採用したことである。これも変な話しである。国際大会であるほど審判における公正さは必要となる筈なのだが、これを一切無視して、自国の有利になるよう編成されてしまった。各国の審判団を集結して行われるべき大会だったと思う。

そしてこれが公正な判断が下された試合になっていれば良かったのだが、米国戦における西岡のタッチ・アップの問題。更には米国とメキシコの試合においては、ホームランを二塁打にされてしまったこと。誰が見ても異常な状況が起きていた。王監督のコメントではないが、野球に於いては審判の最初の判定が絶対である。それがいとも簡単に覆されたのはありえない。そんな簡単に判定を覆すのなら、アメフト同様にビデオ裁定を導入するべきだと思う。

次に二次予選終了後の準決勝についても不可解な方式である。普通に考えたらクロス・オーバー方式を採択しての準決勝とするべきではないだろうか。それを行わなかったのは非常に疑問が残る。

もう一つ加えれば、韓国チームにとっては大変に申し訳ない結果になったと感じてしまうのは、私だけでしょうか。予選無敗を誇っていたチームが、あっけなく準決勝敗退という結果となってしまった。そういった意味では、日本が決勝に進出したのは嬉しかったが、違和感を感じた準決勝でもあった。

簡単に問題点を挙げてきたが、これらの問題をまとめて導き出される答えは、


WBC第一回大会は米国が優勝するべきだ!!


とした考えて進んできたのではないだろうか。審判問題に始まり、予選のありかたまで。全てが米国有利の状況を作りだそうとしている。第二次予選や準決勝では、米国が他の強豪国(キューバやドミニカ共和国など)と決勝まで当たらない様にする為に、あえてクロス・オーバー方式を不採用にする。そうする事で、下馬評では日本にさえ勝てば、米国が決勝進出が簡単に果たせるとしたものにさえ思えてくる。

メジャーリーグは野球に於いて世界最高峰のリーグであると私は思う。しかし、決してそれは米国が最高という訳ではない。メジャーリーグの素晴らしいところは、世界各国の素晴らしい選手が集結出来る事にあるのだと思う。だからこそ、力と力のぶつかり合いがあり、熱くなれる素晴らしいリーグなのだと思う。

韓国やキューバが日本に負けた際に、清々しいまでに素晴らしい大会であった、日本は強かったなど、今大会に出場した選手達のコメントが各国の新聞で多く掲載されていた。ところが米国においてはどうだろう。決勝戦が終わった翌日のニュースなどで、殆ど報道がされなかったという。米国が負けたら一切の興味が無くなってしまったのだろうか。それとも色々な問題があったが為に冷めた目で今大会を無視したのだろうか。

ベースボール発祥の地として、リーダーシップをとって今大会を開催させたのはわかるが、決して奢った考えでスポーツは行うべきではない。スポーツは正々堂々と戦い、お互いのプライドをかけて戦うものであってほしいと心から願う。もし、こういった簡単な問題すら解決出来ないで、第二回WBCが開催されるのなら、次の大会は不参加でも良いのではないだろうか。

しかし、今回の大会が行われた事によって、また日本の野球に対して国民が目を向けた事が嬉しかった。決勝戦の最高瞬間視聴率が50%を越えたのは驚きである。私もずっと野球をプレイしてきた人間だが、一昨年にプロ野球がストライキを行うまで数年間は楽しめなかった。それがこの様な大会が行われ、多くの国民がまた野球に目が向くことになったのは嬉しく思う。良い形で日本の野球界が新たに生まれ変わればと願う。

最後に、

スポーツは、

切磋琢磨により磨かれた体と体、

魂と魂のぶつかり合い、

汚れ無き美しさがあるから

人は感動するのではないだろうか。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-03-23 00:17 | 時事関連

怒濤の2月、3月

まるまる1ヶ月以上も更新をサボってしまいました。はい、これも忙しさが限界点に達していた証拠です。これまでは忙しくても何だかんだで更新していたんですけどね~。

以前からこちらにお邪魔されていた方たちはご存じだと思いますが、つい最近まで医療系の専門学校生でした。実はこの学校関係の方が忙しくて…。でも遂にその忙しさから開放されました。そうです、とうとう卒業することになりました。

1月からずっと勉強漬けの生活でした。3月5日(日)の国家試験を受ける為には卒業を決めなければならない。そしてそれに付随して国家試験にも合格しなければならない。その為には限界に追い込んで勉強しなければならない。正直に1月中旬ぐらいから国家試験前までは平均睡眠時間は4~5時間と言ったところでした。そんな頑張り具合の結果として無事に卒業も決まり、国家試験の方も無事に受ける事が出来ました。国家試験の合否の結果は、3月27日(月)になりますが、自己採点による結果では、まあ合格しているでしょう、といったところです。

さて先ずは学校の友人達に感謝の意を述べたいです。正直にあまりおつむのデキが良くなく、最後の最後まで皆に勉強を教えて頂きました。放課後のみならず、夜中の電話にも関わらず丁寧に教えて頂きましたね。本当に感謝です、ありがとうございました。そのお陰で無事に卒業と国試の方も(多分)上手くいったと思います。先生が言っていた言葉を思い出しました。


「勉強が出来ない奴の合格への最後の砦は、

周囲にいる友人だから。」



まさにその通りだと実感しています。これから国試を受ける方達はこの言葉をしっかりと覚えていて欲しいと思います。最後に色々な助けを差し延べてくれるのは、本当に周囲にいる友人だということを。私の周囲には本当に優秀な人間が沢山いました。成績でもクラスのトップクラスにいる人間達ばかりでした。こんなデキの悪い人間の周囲に何故大勢いたのかはとても不思議ではありますが(笑)。本当に感謝です。


国家試験が終了した翌日


試験が終了した翌日は、学校で国家試験の自己採点を提出。そして合格が発表された後に行う免許申請の話と卒後研修の話し。なんか色々とあるな~。嬉しかったのは仲間達の顔が皆晴れやかな顔をしていたこと。我々の仲間は無事に合格出来そうな点数を取得していました。まあ、8人中5名は間違いなく合格出来るレベルでしたが、私を含め3名はギリギリのライン上で踊っていましたからね(笑)。最終的に喜べるのは3月27日(月)だけど、取り敢えずの段階で皆笑顔で旅行に行けそうだね。


自己採点が終了した翌日はお買い物


クラスメイトのChar先生とお買い物へ合羽橋へ行って来ました。実は仲間8人の1人、小林君が卒業と同時に結婚をする。卒業したら直ぐ結婚するのは知っていたけど、赤ちゃんまでお腹にいたのはびっくりです(笑)。さてそんな小林君、卒業したら今まで過ごした土地を離れて栃木県に移住する。そんな彼に、同じ目的を持って三年間頑張った仲間から何かプレゼントを!!って。彼には色々な場所で驚かされてきた。もちろん驚かされただけではなく、色々な事で周りを楽しませてくれた。だから最後ぐらいは彼を驚かせてやらないと、って事で決定。でもこういったプレゼントは何にしたら良いのだろう?って事で皆が知恵を絞り出して、一生懸命に考えました。物がなかなか決まらなかったのだけれど、意見が一致したのは、「彼が使えそうなもので、邪魔になるもの。」これが条件でした(笑)。

第1案:Cartierの写真立て…ほどほどに邪魔にはなるがありきたりの商品。直ぐに何処かに放してしまいそう。それにギャグがないし、面白味にかけるので却下。

第2案:珈琲メーカー又はエスプレッソ・マシン…これなら奥様も使用出来るし、実用的だし、程ほどに置き場も場所を取る。でも彼って余り珈琲自体を飲まないのでは?うん、そういや三年間で彼が珈琲を飲むところを見たのは皆無に等しい…。

第3案:ウォッシュレット…これは男性も女性も喜ばれるよね。ついでに裏に皆でコメントを記入するか。あ~、ある意味で本当に臭い仲だね。あ、でも便器のサイズ等が判らないと取り付けられるか分からないよ。

第4案:チェーン・ソー…まあ、山には行くし、適当に使ってくれそうだけど…。奥様には絶対に喜ばれないよね…。でも似合うのは間違いないけどな~。

第5案:杵と臼…物が高すぎる。杵しか変えないから無理。それに運ぶの大変だよ。

第6案:蕎麦打ちセット…邪魔になる。でも彼なら普通に使いそう。奥様も食べられるのでは?でも本当に邪魔になるよね…。

さて何に決定したのでしょう?


卒業旅行


3月10日(金)~11日(土)にかけて行って来ました、卒業旅行に。場所は西伊豆へ。でも雰囲気としては、旅行と言うよりは泊まり込みでダベリに行った感じだったね(笑)。渋滞で予定と大分ずれたり、霧が出てきたり、道に迷ったりと大変でした。宿泊予定場所も看板が見つからなく彷徨ったり(笑)。料理も自分たちで鍋を二つ作ったね、かなり適当な味付けにしていたけど(笑)。そんな旅先の宿泊場所で、結婚をする小林君へのプレゼントを渡す、蕎麦打ちセット。邪魔になるだろうけど、皆で遊びに行ったときはこれで我々に蕎麦を打って食べさせて下さいね(笑)。先生達のお礼参りも兼ねて、気兼ねしない仲間8人、野郎ばかりの素敵な旅行になったと思います(笑)。


卒業式


3月16日(木)、晴れて皆で卒業式を迎える事が出来ました。自分の人生の中でやっと一区切りが付いた気持ちです。というのも、私は色々な理由があったにせよ大学を中退し、かなり好き放題にやってきた人生でした。なんだかんだでズルズルと色々な事をやってきました。決してその歩んだ道が誤ったものだったとは思いませんが、それでも成績の善し悪しは別にして、自分の頑張った結果としてこういった式に参加をする事ができて、更には卒業証書まで頂けたのは凄く嬉しかったりします。そうそう、卒業証書を頂いて初めて知ったのですけど、実は頂けるのは卒業証書だけでは無かったのですね。一緒に専門士の称号授与(文部科学大臣告示、医療専門課程)まであったのはちょっと驚いていたりします。後は無事に国家試験を合格してからの、柔道整復師免許証を頂くだけです。

卒業式で来賓の方がこんな事を言っていました。

免許を取得したのはあくまでもスタートラインに

立っただけ。これからは責任が付いてくるということ。

これからも勉学に仕事に頑張って下さい。


って。一体どれぐらいの人間がこの言葉の重みを理解したのでしょうかね?自分も今までは取得する方で必死でしたけど、改めてこの発せられた言葉を考えると嬉しさよりも怖さがあり、それでもしっかりと頑張ってやっていこうって思いました。我々の仕事って健康に関わる仕事ですから、本当に大事に捉えて、常に心に置いて頑張りたいと思います。


謝恩会


無事に卒業式も終えて、その後は謝恩会が待っていました。いや、盛り上がった謝恩会でしたね。謝恩会の用意をして下さった方達は本当に大変だったでしょうね。お疲れ様でした。見事なまでに先生達を飲まして、我々も飲まされての謝恩会になりました。毎年こんな感じなのでしょうか?そうだとしたら先生達も大変ですね。先生達はもちろんの事ですが、校長までが舞台に上げられて一気飲みをさせられた挙げ句に、生徒から胴上げまでされてしまうのですから(笑)。

そういえばこの会場でも皆が写真をバシャバシャやっていましたね。皆さん酔っぱらいながらも素敵な笑顔で写っています。私もずっと気になっていた人と写真を撮りました(笑)。別にそれでどうこうとかでは無いですが、ちょっとした記念みたいなものですよ。

そんなこんなで3時間に渡る謝恩会の終了後は二次会、そして三次会まで行きました。きっとこういった時間ってもうなかなか無いのでしょうね。それでもきっとこの日の出来事は忘れないでしょう。また何時の日か皆で合ってお酒でも酌み交わしたいものです。

長々とだらっとした落書きにお付き合いして頂きありがとうございました。色々と一段落が尽きましたので、これからまたしっかりとBlogの更新もしていこうと思います。これからも皆様方、宜しくお願い致します。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-03-20 14:25 | 日常