徒然なるままに

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

堀江氏逮捕へ

東京地検特捜部は、ライブドア・グループ社長の堀江貴文氏を証券取引法違反の容疑により逮捕するとのニュースが流れている。これは特捜部が同グループの関連会社による株価つり上げ目的とした、会社買収を行う才に虚偽事実を公表した「偽計」と「風説の流布」に対して立件が可能と判断したものと見られる。

堀江貴文氏、彼は時代の寵児であったのは間違いないだろう。日本での既存経済界の体系に対して、彼の存在は間違いなく「異端児」であり、また「出る杭」であった。それだけに風当たりなども強かった。それでも何故に堀江氏はこれだけ持て囃されたのか。理由は色々ある。そんな理由の中で私が感じるのは「新しい世界を見せてくれる期待感」があったのではないだろうか。これを政界に置き換えて考えれば、自民党の小泉総裁、現日本国首相などが、これにあたる人物になると思う。

過去における日本経済の流れとしては、「過去のしきたり、過去のルールに則り経済活動を営む」としたものが主流であった。しかし彼の考え方は違った。どちらかといえば「欧米流」であり、またそれは「ルール違反をしなければ、何をしても良い」としたものであった。確かにこの考え方は間違ってはいないだろうし、世界における経済活動では当たり前の事であろう。

前回にも少しだけ触れているが、「株の百分割」などは日本ではかなり非常識な事である。この事に対しては、以前から「やり方が強引だ。」とか「株のつり上げ方法でしかない。」などと叩かれている。しかしこれは決して違法な行為ではない。こういった手法は世界ではそれほど珍しくはないと思う。(←但し「百」分割をするかどうかは別だが。)こういった行為に対して、証券取引法で違反とは記載されていない。

分割に対しては賛否両論だと思う。私が思うメリットは、一株単位が非常に安いので、余り手持ちのお金が無い人でも気軽にリスクが少なく購入できる事にあると思う。そしてこういった株があるから、ネット証券が凄まじい勢いで普及もしたし、それに付随して個人投資家、特に主婦層による株の購買意欲に繋がり、此処最近の株価高騰に繋がっていったのだと思う。

その反面で、株を買うことが簡単に感じすぎてしまうのは非常に危険な行為だと思う。実際に昨年夏辺りから今年にかけて、日経平均株価は上昇をしてきた。これは個人投資家によるところが非常に大きいものだと思う。これにより経済活動が上昇気流になった様に映るのだが、これは個人投資家、特に主婦層などによる小さな売買が異常に増えた為であって、大きな経済の流れの数値ではないと思う。

株の売買は非常に怖いものだ。一昔前ならこれで身の破滅につながるケースが非常に多かったはず。ところが一株単位が安いので、個人投資家、特に主婦などが手を出し小銭を稼いでいる。これが決して悪いことだとは思わないが、果たしてどれだけの人間がリスクを解って株取引をしているのか、非常に疑問に思う部分ではある。

今回の「ライブドア・ショック」とされる事件が起きたことは、日本の経済活動に対して大きな打撃を与えたのは間違いない。さらに言えば東京証券取引所の危機管理の無さ、経団連の甘さが見え隠れして、政治家のいい加減さが露呈し、個人投資家達のパニックが見て取れた事件になったのではないだろうか。

私は株の取引が悪いとは思わない。これからもどんどん個人投資家は増えて行くべきで、これが日本経済の活性化に繋がると思う。だからこそ堀江氏の様な異端児が現れる事によって、新しき良き物を取り入れる切っ掛けになってくれれば良いとも思っている。

その反面で、株取引を簡単な物として捉えないで欲しいと願う。現状をみて感じることは、個人投資家、特に主婦層における気軽に出来る小銭稼ぎであり、ギャンブルの手段にしか映らない。小さい額で済んでいる内は良いが、必ず負ければ取り返したくなる気持ちが人間は絶対に出てくるのだから。そういった意味で、今回のライブドア事件に関しては良い教訓になったのではないだろうか。

最後に、正直に私自身は堀江氏を好きでも嫌いでもない。堀江氏は確かに新しい風を日本の経済界に吹き込んだ「異端児」である。そして手法が日本では強引とされていた事も多かったが、安全と思いこんで胡座をかいている古い人間に対して、大きなパンチをくれたことだろう。それに関しては大きな功績を残したと思う。しかし、その裏で今回の様な事件が起きたことに対しては、非常に残念に思う。彼が公言していた「世界一」を本気で目指す会社であったなら、最初から違法行為をするべきではなかったのではないだろうか。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-01-23 20:53 | 時事関連

Livedoorの行方は?

大変なニュースが今週は飛び交いました。そう、

LIVEDOOR SHOCK!!!!

の事です。そのお陰で東京証券取引所も大変な事になってしまい、世界中に日本の恥を晒したと云った状況にあるのではないでしょうか。

Livedoorの株式の方は、近いうちに管理ポストに入りそうな感じですね。そうなるとLivedoorは本格的な危機的状況になってくるのではないでしょうか。もしくは倒産する前に外資かお金のある人たちが、Livedoorを買い漁るのではないでしょうか。そうすればまた違った方向が現れるかもしれませんね。Livedoor自体はでかいので、その方向性に進むのではないかといった考えもあります。地検の捜査もかなり進んでいるみたいで、色々な情報が上がってきていますね。ただ実際には蓋を開けてみない事には、何が真実かは見えてこないですから。今のところは噂的な内容でしかないので、はっきりとした物が無いのが現状です。まあ、かなり強い疑いといったところではないでしょうか。

ただ、気に入らないのは


マスコミの見事なまでの叩き方。


大した物です。更に云えば、


東京証券取引所の社長の言い分


取引停止になった状況には確かにLivedoorに切っ掛けがあったにせよ、設備投資をしていなかったのは彼らの責任です。実際に取引件数の処理能力はかなり逼迫していました。それに対して後手後手の対応になったのは否めない。はっきり言えば、いい歳のお爺ちゃんがこういった部分での社長をやっているべきではない!スピードが求められる世界なのだから、のんびりしたい人は早く引退をするべきではないか!!と私は思います。

取り敢えず昨日と混種のはなんとか無事に取引は終了しましたが、来週明けの取引がどうなるか微妙では無いでしょうか。上記でも述べた様に管理ポストに入ってしまえば、値が一気に下がりますし、本当に潰れてしまう可能性もなきにしてあらずです。またマーケット不安が起こりそうな予感もします。

今週末の東証の対応と地検+Livedoorのが見物です。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-01-20 18:07 | 時事関連

TOKYO PUDDING

皆さんは覚えているでしょうか?1997年に東京プリンのデビュー曲として発表された「携帯哀歌」や1998年、2ndシングル「合コン哀歌」を発表したことを。ちょっとした人間の心の隙間や寂しさを歌いあげた面白くもちょっと悲しい歌でした。

今年に入って、その東京プリンが初心に戻るべく「携帯哀歌 その後」「合コン哀歌 その後」を発表した。歌詞内容は「その後」とある通りに前作の続編となっている。前作に引き続き哀愁が漂う非常に面白い内容となっている。

嬉しいのはメロディー自体に大きな変化は無く、歌詞の内容をバージョン・アップした感じに成っていることです。更に、このたび発売されたシングルに「復刻版」として前作品が収録されている事だ。聞き比べて頂くと解るのだが「携帯哀歌」などは当時と現在における携帯事情が良くわかると思う。「合コン哀歌」では学生時代と社会人になってからの合コンに対しての不満など。

東京プリンにとっては、久しぶりのヒット作になるのではないでしょうか?笑いが欲しい方達にはお勧めできる作品です。カラオケなどでもお試しになってみては如何でしょうか!?但し、ちょっと嫌なのが発売元がavexって事ぐらいですかね(笑)。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-01-18 19:22 | 音楽

THE HIGH-LOWS

THE HIGH-LOWS、多くの皆様はご存じと思うが、昨年にファンクラブ会員宛にDMが届いたのだが、その内容が新年に発売されるベストアルバム、『FLASH』を最後に95年から続いた10年の活動にピリオドをうつとの事だった。解散とは宣言はしていないのだが、取り敢えずは活動休止となってはいるが、実際に今年の彼らの動向については一切不明の状態となっている。

THE BLUE HEARTSの解散に関してもかなり唐突だったのだが、今回もまた驚きは隠せない。そして理由がまたはっきりしないのも気持ちが悪い。何かのコメントがリリースされれば良いのだが、先ずはありえないだろうな。THE BLUE HEARTSの解散時にも色々と騒がれていた。あの時は音楽性の違いとか、河口(ベース)/梶原(ドラム)の新興宗教への傾倒が解散に繋がったと噂されている。もちろん本当の理由は何処にあるかはわからないが…。

さて、新年1月1日に発売されるとされていたベスト・アルバム『FLASH』、Y電気にプリンターのインクを買う必要があったので、ついでにCD販売のコーナーを覗き見ると既に殆どが売り切れ状態にあった。まだ発売から一週間しか経っていないだが、何とか購入できて良かった。

さて、このベスト・アルバム『FLASH』だが、95年から10年間の活動において発表されたシングル曲26曲中18曲が収録されていえる。そして発表された通りの順番でベスト盤は構成されている。これは時代を追って、俺たちの活動を聴け!!とした意味合いなのだろうか?それともただ単に面倒だったからでしょうか?まあ、今回の収録曲を一曲ずつ追ってみよう。

1曲目は『ミサイルマン』(1st single/1995.10.25)THE HIGH-LOWSとして世に発表された最初のシングルである。同曲はフジテレビ系全国25局ネット「タモリのSUPERボキャブラ天国」エンディングテーマとして使用された。この曲を発表する事で、甲本と真島は健在している!!と感じた曲である。因みに、シングルでのカップリング曲には2nd Singleとなる『グッドバイ』のLive Versionが収録。

2曲目は『スーパーソニックジェットボーイ』(3rd single/1996.1.25)でTBS系TV「M'sな夜」オープニングテーマとして使用される。この時のカップリング曲として、後に大ヒットとなる『日曜日よりの使者』を収録している。当時はCX系全国ネット「ダウンタウンのごっつええ感じ」エンディングテーマとして使用されている。

3曲目は『胸がドキドキ』(4th single/1996.2.21)でYTV/NTV系全国ネットアニメ「名探偵コナン」オープニングとして使用される。このカップリング曲としては『そばにいるから』で、やはり同アニメの挿入歌として使用された。

4曲目は『相談天国』(5th single/1996.6.24)で、当時の日産自動車、新型シルビア・CMソングとして使用される。車のCMソングとしては異様な雰囲気ではあるが、また逆にスポーツ・カーだったから、見事なマッチングとなった曲ではないだろうか。若年購入者の心情にも感じたりした曲である。因みに7th singleの『Happy Go Lucky』が再度、日産シルビアのCM曲として採用されている。

5曲目は『ロッキンチェアー』(6th single/1996.12.6)で、テレビ朝日系「Q99・」オープニングテーマとして使用。

6曲目は『月光陽光』(7th single/1997.6.11)で、NHK-FM「ミュージックスクエア」6・7月度オープニングテーマとして使用。

7曲目は『千年メダル』(8th single/1998.4.29)で、NHK-BS2「真夜中の王国」オープニングテーマとして使用。ジャケットは赤いローブをまとい、岩場に腰掛けた女性が月を見上げる絵。下地が藍色なので、不思議な感じがしている。因みに9th singleの真夜中のレーザーガンでも同じ様なジャケットの仕上がりとなっている。

8曲目は『ローリング・ジェット・サンダー』(10th single/1998.12.16)で、CAPCOMプレイステーション用ソフト「ストリートファイターZERO3」CMソングとして使用。まさかゲームソフトのCMとして使用されるとは思わなかったのが正直な感想。

9曲目は『罪と罰』(9th single/1999.4.21)で、テレビ朝日系「リングの魂」オープニングテーマとして使用。白黒を基調とした外国人の顔のアップ写真。ちょっと怖さもあるが格好良いと感じる仕上がりになっている。

10曲目は『ハスキー(欲望という名の戦車)』(10th single/1999.6.9)で、TBS系TV「王様のブランチ」エンディングテーマとして使用。ジャケットはタイトルの通りに戦車を意識したものだが、砲台がマイクに置き換わっている可愛らしい戦車となっている。

11曲目は『青春』(14th single/2000.5.24)で、日本テレビ系土曜夜9時放送ドラマ「伝説の教師」主題歌で使用。ジャケットは黄色の下地に子供が落書きした様な模様があるだけ。非常にシンプルなものである。

12曲目は『14才』(16th single/2001.8.8)で、この曲自体はタイアップ曲にはなっていないが、カップリング曲の『フルコート』が日本テレビ系「AX MUSIC FACTORY」AX POWER PLAY#044で使用される。ジャケットは民族系の仮面に服を着させたもので、君は悪いが非常に目を惹くものとなっている。

13曲目は『いかすぜOK』(18th single/2002.2.20)で、アクエリアスCMイメージソングとして使用。そのためにジャケットは黄色の下地に青い360ml缶。アクエリアスの文字の代わりにTHE HIGH-LOWSの文字が書かれている。普通は格好悪いと思うのですが、これが彼らの良さなのかもしれない。更に驚いたのはカップリング曲『迷路(Nancy Mix)』が「洋服の青山」のCMソングとなっていたことだ。

14曲目は『Too Late To Die』(19th single/2002.9.4)。ジャケットが白黒の絵。下地が真っ黒、其処に白い線で亀が描かれている。タイトルに引っかけて使用なのでしょう。しかし凄い皮肉っているな~と思ってしまいました。

15曲目は『夏なんだな』(21th single/2003.6.25)。ジャケットが凄く好きだった。何処にでもある住宅街から、空を見上げている様子。この絵がまた非常に「夏」を感じさせ、おっ!って思わせる物でした。ただ私が思ったのは歌詞は夏なんだけど、曲からは夏っぽくないんです。どっちかというと涼んで!って感じにとれます。

16曲目は『日曜日よりの使者』(22th single/2004.2.11)で、先に記載した通りに3rd singleのカップリング曲として既に存在していた。当時は「ダウンタウンのごっつええ感じ」エンディングテーマとして使用され、昨年から現在(2006.1.8の時点)では、Do You Have A Honda!?でお馴染みのCMで使用されています。私が一番好きな曲でもあります。

17曲目は『荒野はるかに』(23th single/2004.6.9)で、活動9年目となる2004年に設立された自身のレーベル、HAPPY SONG RECORDS第1弾シングルとして発表された曲。ポッカCMソングにも決定したタイトル曲では、このバンドらしいストレートでかつ熱いロックが聴かせてくれる。

18曲目は『サンダーロード』(26th single/2005.5.18)で、これがTHE HIGH-LOWSとしての現段階において最後のシングルとなる。「FROM A」のCM曲としても使用されていた。非常に耳に残る曲であった。

最後に彼らは日本のバンドシーンにおいて、非常に特殊なのかもしれない。第一線で活躍をしてきて、解散して、はい、お終い!って訳ではなくて、また別の形で第一線に戻ってきている。ただ相変わらず感じるのは曲などは非常にシンプルなんだけど、歌詞の内容は非常に熱い。それでいて嫌みや変な遠回しの表現がなく、ストレートに心に飛び込んでくる気持ちの良い音楽である。ジャンルとしてはロックだったりパンクだったりするが、それでも楽しんで聴ける曲が非常に多いと私は思っている。そして、過去にこんなバンドがあったのか?と考えると日本のバンドで思い浮かぶのはTHE BLUE HEARTSしかない。海外のバンドでイメージが重なるのはThe Sex Pistolsになる。今回の活動停止は非常に残念な形だが、あくまでも活動停止なので其処に復活の希望を持ちたいと思う。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-01-08 18:16 | 音楽