徒然なるままに

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Seacret Baton(Love?)

またバトンを頂いた(笑)。何となく引き延ばしていたのだが、そろそろ手を付けなきゃって事でやらさせていただきます。しかし、タイトルでシークレットとあるのだが、どうみても内容を書こうとすると、シークレットにならない内容なんですが…(苦笑)。まあ、深いことは気にせずやってみますか。スタートです!!

1.おとこ

2.自称165-本当は163.5の60

3.田舎の匂いと暖かさがある。
  心が優しく「悠」な感じを持つ。
  しっかりとした目標を持っている。
  深いところで理解してくれる。

  
  外観
  特に要望はないが、ちゃんと努力をしている。
  誰でも努力をしないより、している方が良いでしょ?

4.一般社会で適応できない。
  常識やマナー、言葉遣いがなっていない。
  思いやりがなく、わがままばかり。


5.昔はそうですね。でも、もう疲れたから(苦笑)。
  ちゃんとしている人はしているし、しない人はしない、
  だから気にしてもしょうがないので、きにしない事にした。
  ちゃんとメールや電話で連絡があれば問題なし。


6.肉体的な接触かな。
  何かあれば一生騙すし、一生騙されたい。

7.いいえ。小さい頃だし転勤族だったので。
  そんな間すらなかったです。

8.1/7 or 1/14
  普段が非常に忙しい生活なので、これが限界値かも。
  希望だけなら2/7ぐらいになるかな。
  1ヶ月に一回は一日中が理想です。

9.髪をかきあげて綺麗な項が見えた瞬間。
  一番は内面の光が見えたときです。

10.見逃していない?

11.ご希望の方、是非にご連絡を下さい(笑)。

以上、Seacret Batonでした。設問が本当に分かりやすい回答だ(笑)。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-29 15:39 | 日常

Words Came Back To Me

最近、私が気に入って聴いている音楽アルバムがある。それは、Sonya Kichell(ソーニャ・キッチェル)Words Came Back To Meである。これが何とも言えないぐらい素晴らしい作品である。部屋で勉強をしている際に流しているのだが、非常に落ち着くし邪魔にならない。もちろん、部屋の明かりを薄暗くしてバーボンを片手に煙を燻らすのもマッチングするのではないだろうか。

>>>Sonya Kichell Digest Movie

簡単に作品を作った人物を説明すると、アメリカ、マサチューセッツ州西部出身で若干16歳の少女である。10歳の時にジャズ・シンガーのシーラ・ジョーンズとレベッカ・パリスの元でヴォーカル・レッスンを受け始めて、11歳の時には音楽理論を勉強し、12歳では自分で作曲を始めていたそうだ。その後、03年にはダウン・ビート誌主催で行われたステューデント・ミュージック・アワードにおいて、ベスト・ジャズ・ボーカルとベスト・オリジナル・ソングを受賞する。これに加えて彼女は若手ジャズ・ミュージシャンの育成プログラム(30歳以下で40名しか選出されない)に奨学生として選ばれる。たったこれだけで彼女の才能豊かな少女だと分かって貰えるのではないだろうか。

音楽に関して云えば、若干16歳にも関わらず、大人顔負けの成熟した歌声を持っている。そして、その完成度の高さに驚きを隠せない。音楽としてはアコースティックをベースにしたジャズ要素溢れるものとなっているのだがファンク、ポップスやR&Bのエッセンスも取り入れているので非常に自然に聴きやすい音楽となっている。音楽の雰囲気で云えば、ノラ・ジョーンズなどが一番近い存在となるのではないだろうか。事実、ネットや雑誌等を見てもポスト・ノラ・ジョーンズとの呼び声が高い。そして確かにそれだけの器だと私は感じてしまう。

このアルバムを聴いて、誰が彼女の事を16歳と気付くことができるのでしょうか。数曲の歌詞を見ると確かに思春期の悩みらしき物が書き表されているのだが、これだけ落ち着いた雰囲気であれば普通に20代半ば以上と云っても誰も気付かないのではないだろうか。16歳だからこれだけの作品を作れるのか。それとも16歳でなければこれだけの作品は作る事が出来ないのか。彼女の次回作にも非常に期待をしたいと思う。

Train、Let Me Goなども非常に好きな曲であるが、感情をストレートに歌っているこの歌詞は意味深く素敵だなって思いましたので、その歌詞を記載します。少し寂しい内容ではありますが、相手を思うことに関しては強さを感じてしまいました。皆さん、この歌詞の様に良い恋愛をしていますか?


Can't Get You Out Of My Mind by Sonya Kitchell


I can’t get you out of my mind.
Your love is like a drug,
And I’ve been so drugged by your love
That I don’t even know the time

And all that I can do is think of lovin' you.
Yes it's all that I can do,
It's all that I can do,
'Cause I can’t get you out of my mind.

I tried so hard to stop thinkin' about you baby.
I thought if I did something for a little while,
I might forget about you, just maybe.

But all that I can do think of lovin' you.
Yes it's all that I can do,
It’s all that I can do,
'Cause I can't get you out of my mind.

I tried so hard to stop thinking 'bout you baby.
I tired so hard, but it didn't work
Oh I got to know how you feel about me baby.
'Cause my mind is going crazy and it's really starting to hurt

So tell me what, baby, tell me what will come of my love.
Call me baby, do something honey,
I got to know what you’re thinkin' of.

All that I can do is think of lovin' you.
Oh, you know, that’s all that I can do,
'Cause I can't, I can't get you out of my mind.
Oh no, I can't get you out of my mind.

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-28 21:45 | 音楽

星に願いを…

今夜は久しぶりにドライブに行ってきた。ドライブといっても最近は助手席率が高いのだが。どうもマーチを売却してからというもの、自分運転でのドライブから遠ざかっている気がする。走りやすかったし、適度にいじりもあったので遊びに出やすかったのだろう。どうもウィンダムに乗るようになってからは、いまいち自分の運転で出かけようって気にならないから不思議である。

さて、話題がずれてしまったが、今夜は学友でもある小泉くんと一緒にお出かけをしてきた。今週の頭からずっと風邪を引いて休んでいたのだが、気分転換も兼ねてドライブに出かける事にした。実は再来週の月&火曜日は二日間に渡って、学校の第一次卒業試験が控えているので、今日を逃すとまた暫く出かけることが出来ない日々になるからだ。

今日は厚木市の隣にある神奈川県津久井郡津久井町、または清川村にある宮が瀬ダム近辺にまでドライブに行ってきた。この宮が瀬ダムは、横浜市や川崎市も含む神奈川県下15市9町に水道水を供給している非常に大きなダムである。近辺に住んでいる人はご存じだとは思うが、こちらでは毎年クリスマスシーズンに合わせて、巨大なクリスマス・ツリーが飾られる。シーズン中に行くと嘘か誠かは知らないけど、

日本一大きいクリスマス・ツリー

とうたっています。私も過去に3~4回ほど出向いた事がありますが、かなり大きく立派なツリーが飾られます。但し、冬期は道も凍るので、車で行かれる方は十分に注意をして頂きたい。因みに、今年は12月3日にツリーを点灯し25日までこの催しは行われるそうだ。時間は17時~23時までとなっています。かなり混みますので、早めにお出かけになられる事をお勧めします。特にクリスマス直前になってくると、混み具合も酷くなるのでご注意を願いたい。因みに清川村のホームページに、このクリスマス・ツリーの模様があったので、此処にリンクを張っておきます。

>>>清川村HP-宮が瀬クリスマスみんなの集い

またまた大きく話がずれたが…。そうそう、今日はクリスマス・ツリーを見に行ったのではなく、

簡単なドライブ&ちょっと星を眺めて行こう!!

って事で向かったのだった。実は宮が瀬ダムの脇道からヤビツ峠に抜ける道がある。この道は、登山をする人は良く知っていると思うのだが、この道路から丹沢山系、塔の岳を目指して登るルートのスタート地点、富士見山荘がある。そしてその入り口から3分ほど先に歩くと日本名水百選に記載されている「護摩屋敷ノ水」が飲むことも出来る。

何時もならヤビツ峠側から入り、護摩屋敷ノ水を飲んで、それから宮が瀬に抜けるルートを辿るのだが、今日は宮が瀬から少しだけ入り、その先で車を停めて星を眺める事にした。一直線の広い道がある場所に車を停車して、車外に出てみるとこれがまた

寒い!!

そういえば此処に向かう途中に道路上に温度表示が5℃ってされていたのだから、そりゃ寒いよなぁ。

獅子座流星群や乙女座流星群の時も確かこの辺りから眺めました。そうそう、流れ星って別にそう珍しいモノではないのですよね。意外と空を15分ほど見ていると、町中でも注意をしていれば見えるのです。でも中には、見えない!!って人もいるので、ちょっとしたコツをお教えします。

当然、町中よりは空気の綺麗な静かで暗い場所に移動するのは当たり前。そして、夜空を見上げた際に一つ目印にする星を決めて、その周囲を全体的に大きくボーっとした感じで見上げると結構見えますよ。町中でも少し暗い場所を選べば、流れ星を確認する事ができると思います。是非にお試し下さい。

そして、今日もこの場所でぼ~っと見ていたのですが、自分の視界の左下の方に大きな光が見える。

私    : 「あ、ほら小泉くん、あそこ!」
小泉くん: 「あ、本当だ!!」

私の心の中: 「お祈りしないと!(願い事を頭の中で三回詠唱)ん?これは飛行機?でも点滅もしてないし、光が以上に強い…。それにでかいよね。あれ?の光を発し始めて一直線に流れ始めたよ!?えぇっ!?尻尾が以上にでかくて長いよ!!まさかU.F.O!?えぇっ!近くに落ちるんじゃないの!?」

小泉君: 「あぁ!?あぁ!!」、「でかいっすよ!!緑色ですよ!!!」

2人して興奮してしまいました。彼もそうですが、私自身、ウン十年生きてきましたが、あれだけ大きくて、強く光りを発している流れ星は初めてでした。そして人生で初めてまともに星に願いを三回唱える事が出来ました。感謝です、はい。

その後、小泉くんは全身に鳥肌が立ったらしく、私に一生懸命説明&暗くて寒いのに鳥肌を見せようとしていました。

私…、別に男の肌には興味はありません…。

本当に運が良いのやら悪いのやら。確かにあんな素晴らしい流れ星を見れた事は凄く幸運だと思う。しかし、一緒に見た相手がクラスメイトの年下の男の子だなんて。嬉しいような悲しいようなです(苦笑)。

次回は是非に女性と一緒に行きたいものです。

でもそう言いながら男同士で集まって出かけてしまうんだろうなぁ…。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-26 02:46 | 日常

結婚ばと~ん♪

今回もmixiの関係者、水野 夏花様(女優)からバトンを頂きました。ご存じな方も、またご存じでない方も11月27日(日)テレビ朝日にて生放送の「テスト・ザ・ネイション」に出演予定になっているそうなので、お時間がある方は是非にご覧になって下さい。

さて、今回は適齢期を迎えた?既に過ぎている?私にとっては痛い内容のバトンです(笑)。まあ、理想を並べるしかないですよね。その回答に自分自身が驚きそうですが。それでは、結婚ばと~ん♪スタートです!!

Q1 結婚したい?

結婚はしたいです、はい。でも、最近は出来るかどうかの方が不安だったりもします。いい年しながら来年の春までは学生ですし、学費としてお金を使ってしまったので、貯金も殆ど0に近い状態ですし…。まあ、仕事を始めれば稼げるから良いのですけど、それもまた開業資金に充てたりと…。ん~、本当に不安だ(苦笑)。

Q2 何歳くらいで結婚したい?

昔は25歳までには!って思っていましたが、それはもう叶わぬ夢です…。今は35歳ぐらいかなぁ…。でも、自分がまだまだ青春真っ盛りって答えている段階で、どんどん遅れていきそうな予感が強いです。まあ、希望ですから…。

Q3 結婚相手に求めるものは?

挙げたらきりがないです(笑)、っていっても始まりませんね。そうだなぁ、頭のいい人かな。これは勉強ではなくて、性格のものです。押す場所、引く場所をちゃんと心得ている人、初対面でも人と仲良く出来る人が良いですね。あとは、嫌いなモノ、事が一緒の人が良いです。趣味は多少違ったとしても、それは相手を思いやれば済む事。でも、嫌いな事象が一緒でないのは辛い事だと思います。

Q4 子供は何人欲しい?

2~3人。別に男女どちらが先でも構わないです。でも男女共に生んで欲しい。子供には兄弟姉妹はいた方が良いと思います。もちろん兄妹、姉弟でも全然構わないです。とにかく子供は2人以上4人未満です。

Q5 相手の浮気が発覚しちゃった。どうする?

間違いなく別れる。子供がいても間違いなく別れるでしょう。私は浮気をする癖って治るとは思っていないので。「よく子供のために別れない。」って聞きますが、私は逆だと思っています。間違った行為をすれば、どういう風になるのかを理解させなければならないって思っています。でもね、実際にならないと分からないですよ。だって、好きでなければ結婚はしないのですから。

Q6 夫婦円満の秘訣は何だと思う?

ちゃんと夫婦で会話があり、夫婦が互いに笑顔でいられる事だと思います。これって簡単そうだけれど、その反面で凄く難しい事なのかもしれません。でもちゃんと出来れば仲良く暮らしていけるのではないでしょうか。

Q7 結婚したら仕事やめる?相手にやめて欲しい?

自分は仕事を続けます(笑)。ってか奥様にって事ですよね。私はどちらでも良いと思います。但し、お互いに主夫&主婦の勤めがちゃんと出来ればという事です。子供の教育に関しても、私は自営業になる予定なので、その辺りは色々と融通が出来ると思いますし。

Q8 結婚生活に求めるものは?

笑顔。これにつきると思います。家族全員が笑顔で過ごせれば、何も言うことはないと思います。でもこれが一番難しいのだろうなって思ったりもします。男女共に努力が必要です、はい。

Q9 新婚旅行はどこに行きたい?

ん~、正直に言ってわかりません。行きたい所は沢山あるのですが…、イスタンブールかなぁ。アジア方面に行きたいって思ったりはします。でも一番は奥様になる人が行きたい場所に行ければ良いかなって思う。まあ、金銭面と休日も考えなければならないですが。

Q10 将来自分は結婚してると思う?

していると思う、というかしていたい(笑)。結構寂しがりやの部分が自分の中にあると思っているので、できれば素敵な奥様と子供達に囲まれて過ごしたいです。

Q11 回したい人

見た方は宜しくお願い致します♪特に女性陣にはお願いしたい(笑)。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-17 19:08 | 日常

17歳バトン

現在、こちらのブログと平行して、mixiに登録しているのですが、そのmixiでお知り合いになった素敵な45歳(男性の方)から、「17歳バトン」なるものをバトンされました。いやいや、余り知られたくない様な…。でも既に時効を迎えているので記載しても問題はないかな…?というわけで17歳バトン、スタートです。

1.17歳の時何してた?

高校2年から3年生にかけて…。夏休みはプールの監視員。冬休みはおそば屋さんでアルバイト。自転車に乗っておか持ちをしていました。そういやこの頃に初めてヤクザの組長さんと対面した。特に何をされた訳でもないのに、本気でびびり冷や汗を流した自分がいました(笑)。やっぱり本職の大親分は違いましたね。

そうそう、この頃はバンドでベースを弾いていました。丁度弾き始めて2年ぐらいたったぐらいかな。コピーもやたしオリジナルもやった。そういった意味ではお外で相当に遊んでいた頃の様な気がする。

お外で遊ぶ=わる~い先輩(大学生や社会人)に引き連れられてお外でおいたばかりしていました(笑)。先輩が「鰻くいて~な~。」っと言ったら、そのまま車に乗り込んで浜松まで連れ去られたり、「萩の月がくいて~な~。」って言えば仙台まで連行。酒場やクラブ(V.I.P.)などにもこの頃に連れ去られたりしていた。しかし、一切に金銭が掛かった記憶はありません。全てこの先輩方が出して下さいました。衣服やお小遣いなども相当に頂いていた気がします(笑)。そう考えると凄いリッチな生活を過ごしていたのかも。


2.17歳の時何考えてた?

何も考えていなかった気が…(笑)。いやいや、そんなことはないです。過去ログでも触れた通りに、色々と考え始めた時期です。大学…、希望する大学までの学力はない。専門学校…、医療系の専門?どうもしっくりこないなぁ。カメラ&料理の専門学校は?あくまでも趣味で長いこと撮ったり調理はしているけど、仕事などにはしたくないかも…。他にやりたいこと…。就職…、まだしたくないなぁ。じゃあ、今は何に興味があるの自分は?あぁ、音楽だよねぇ。うん、Nirvanaだ。よしSeattleに高飛びしよう!!ってな感じで人生の歩む道を最初に決めたのだと思います。って人からみたら、何も考えていないじゃん!!って突っ込みが入りそうな気もしますが(笑)。


3.17歳の時やり残した事。

何かあるかな?そりゃ勉強は当然の事だな(苦笑)。でもやり残した事はないと思う。初体験もこの頃は既に済んでいるし(笑)、欲しいモノは全て手に入れてきた気がしますし、男女15人での冬の山下公園大ストリーキング大会もやったし(爆)。やりたい放題に人生を過ごしてきたし、この時ばかりでなく今もだし、そしてこの先もきっと変わらないと思う。例え今すぐに出来なくても、その後には必ずやってきていますね。あぁ、唯一やり残した事がありました。自動二輪中型免許の取得です!!これは現在に至るまで出来ていませんね。でもこれも来年の春以降にチャレンジする予定です。


4.17歳に戻れるとしたら?

う~ん、ってか共学に通いたかった(笑)。でも一番は勉強をしっかりやっても良いかな。加えてもっとパソコンに対しての興味を深く掘り下げてみたい気もします。あとは本気でカメラにチャレンジする方向に進んでみたい気もする。あの頃の選択肢が異なっていたらどうなっていたのだろう?

でも、こうやってこの年まで生きてきて、特に後悔はありません。確かに良いことも悪いことも含めて色々とあったけれど、それがあったから今の自分がいると思います。良いか悪いかは別にしてですけどね(苦笑)。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-13 21:40 | 日常

darkside

悪魔の嘲りに 心踊らせて
首筋に絡みつく 裸の女神たち

時を越えて 記憶は君を招くよ
空白は 過ぎ去りし瞳の色

偽りの愛で 暗闇を照らしだす
無慈悲な顔は 何を見つめるの

漆黒の唇で 誰もが狂わされる
黒い深淵を覗けば 誰も心奪われる

甘い瞳は 深い闇に吸い込まれ
止めどない溜息は 消える事はない

慣れた体を翻して 視線を交わすさ
傷んだ心は 安らぎを求めるだけ

もう何もかも 沈んでしまえば
もう何もかも 消えてしまえば

どれだけ涙を流せば 許される
傷ついた心は 誰にも癒せない

ただ 時が過ぎゆくのを待つだけ
そう、ただ過ぎていく 雲に祈りを込めて

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-08 00:26 |