徒然なるままに

<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

乳癌

近年、日本における生活様式が欧米化に伴い、今まで少なかった日本における乳癌の発生率は急激な増加傾向にあるそうだ。ちょっと古いデータ(1997)になるが、日本人女性の生涯乳癌羅患率は3.3%。つまり30人に1人の発生率となっている。

乳癌とは、乳腺組織の末梢乳管や腺房上皮から発生する癌腫で、好発年齢は40歳代、及びそれ以降で、乳癌の危険因子として挙げられるのは、

① 乳癌の既往・家族歴
② 未婚
③ 高齢初産
④ 早期初潮(小学校低学年)と晩期閉経(60歳以上)
⑤ 肥満
⑥ 放射線被曝
⑦ 高脂肪食
⑧ 良性乳腺疾患の既往
⑨ 喫煙


などである。性別では女性はもちろんなのだが、男性乳癌もあり発症率は約1%である。

症状としては、

① 無痛性の腫瘤(40歳以降は注意)
② 触診で表面不整(でこぼこ感)、硬い、境界不明瞭
③ 腫瘍直上の皮膚が陥凹(クーパー靱帯に浸潤)
④ 皮膚が橙色(オレンジ色)(皮下リンパ管に浸潤)
   又は豚皮様(ピンク色)に変色
⑤ 異常乳頭分泌物


が挙げられる。検査の方法としては、以前は視診と触診が行われる事が中心となっていた。その特徴があるので、例として右乳房を挙げて考えよう。医者は、乳房を5つのパートに分けてみるそうだ。乳輪を中心として此処を「E」とする。そして、Eの右上(体の中心より)を「A」とし、その下(Eの右下)を「B」とする。逆に向かって左上(腕側)を「C」、その下(左下)を「D」とする。これらの区域分けの中で癌の発生率が一番高いのが「C」となる。そして「E」の部位、乳輪又は乳頭部で発生したものをPaget病(発症率1%)と呼ぶ。発生率が一番低く、予後が最も良好だそうだ。

最近では、画像診断が中心でその検査法を挙げると、マンモグラフィ、超音波(エコー)、MRI(磁気共鳴イメージング)などが挙げられる。これらの検査が導入された結果、乳癌の早期発見につながり、さらには癌の拡がり診断にも有用となり、術式選択の幅が広がった。まった乳頭からの異常分泌があった場合は、分泌液細胞診や乳管造影・乳管内視鏡検査が行われる。

これは余談だが、マンモグラフィを使用しての検査では、乳房が小さいと使用が出来ないそうです。これはある機械を両乳房で挟んで使用するからとのこと。

治療についてだが、昔は乳房切除が多かったみたいだが、最近ではなるべく乳房を温存させる方向で動いているそうだ。これは検査法の発達によって、早期発見と浸潤度を図るのが容易になった為だそうだ。乳癌の治療には、

① 手術(乳房切除術と乳房温存術など)
② 放射線療法(温存術後に使用や転移がある場合など)
③ 科学療法(抗ガン剤)
④ 内分泌療法(女性ホルモンを抑制する薬剤)


などがある。
まあ、どちらにしても、この様な病気は早期発見が良いですね。そうすればかなりの割合で助かるのですからね。乳癌を知りたい、自分でのチェック法など、もっと詳しく説明されているHPなどもあるので、是非にご覧になってみては如何でしょうか。因みに私が発見したページはこちらです。
>>>メルクマニュアル 医学百科(家庭版)

このHPには、自分で出来る触診法や、乳癌の統計、生存率、手術についてなど。図が豊富に記載してあるので、非常に解りやすいと思います。是非にご参考にして頂ければと思います。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-26 03:04 | 医療

hemorrhoids

さて、タイトルにも使用されているhemorrhoids(英語)とは何でしょう?答えは、

痔核

です。痔核とは、直腸・肛門部(肛門管部粘膜下及び皮下)の上・中・下痔静脈叢に生じた静脈瘤様病変である。基本としては、歯状線を境に直腸側(上痔静脈叢)に生じたものを内痔核、そして歯状線より肛門側(下痔静脈叢)に生じたものを外痔核と呼ぶ。そして、その中間に出来るタイプを中間痔核という。

因みに日本人ではどのくらいの割合で「痔持ち」かというと、

2人に1人は痔

とされている。そして、出産をした女性には必発で、ほぼ100%で痔持ちになるそうです。

内痔核:
痛みはなく(内臓神経支配のため)、排便時に出血をする事によって気付く事が多い。上直腸動脈終末枝の分布に好発。出血、脱出、嵌頓するタイプで、Ⅰ期~Ⅳ期にステージが別れる。Ⅰ期は出血のみ、Ⅱ期は排便時に脱出するが自然に還納するもの、Ⅲ期は用手的に還納するもの、Ⅳ期は常時脱出しているもの。しかし、この分類は手術の適応とは直接は関係はありませんが、指標として云うならば、Ⅰ、Ⅱ期は保存的に治療で軽快する事が多いのだが、Ⅲ期以上は原則的に外科治療の適応となる。

内痔核の保存的治療としては、

1)便通の調節、 
2)過度の腹圧を控える、 
3)種々の治療目的に応じた坐薬の使用


などが挙げられる。特に重要になってくるのが、禁酒、禁煙、食事・排便習慣の指導、となる。そして排便週間については気を付けて頂きたい。要トイレ時間は10分以内で、過度の怒責をしない事が望ましい。病態としては、いきみによる直腸粘膜の肛門側への重積の刺激による炎症が起きるためだそうだ。この他にも、妊娠・分娩、長時間立位でも痔核を起こす要因となる。

外痔核:
皮下で出血を起こし、血栓を形成する為に痛みが強く、核肛門部に暗紫色の腫瘤を認め、突発する肛門部痛、触診痛を訴えるもの。下直腸静脈叢の粘膜下破裂に起因する血腫や血栓が本態で、特に強く腫脹を伴う疼痛の強いものは血栓性外痔核とよび、緊急手術になることもある。

内。外痔核は共に早期に発見されれば、保存的治療で治る。しかし、外科的手術が適応となると、以下の様なものがあげられる。

1)輪ゴム結紮法、 2)凍結療法

などがあり、他にも種々の痔核切除法がある。特に血栓性外痔核に対しては、症状の強いものに対しては血栓除去術を行う。

痔、ってちゃんと考えると怖いですね。痛みが強い方は、早めの治療をお勧め致します。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-22 22:47 | 医療

糖尿病

糖尿病、これはインスリンの不足によって起こる過血糖状態を意味する。更に詳しく言えば、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞(インスリン産生細胞)でつくられる蛋白性のホルモンであり、このβ細胞がインスリンの分泌不全、又は標的細胞での作用不全の結果生じる糖、蛋白、脂質の代謝異常を云う。

糖尿病は2種類に大別する事が出来る。

① インスリン依存型  :  Ⅰ型(若年型)
β細胞の破壊、通常は絶対的インスリン欠乏に至る。更にこの中で、自己免疫性と特発性に別れる。地域、季節、年代により頻度に差があるのだが、発病は25歳以下に多い。

② インスリン非依存型 : Ⅱ型(成人型) 更に肥満型と非肥満型インスリン分泌低下を主体とするものとするもの、とインスリン抵抗性が主体で、それにインスリンの相対的不足を伴うものもある。

③ その他の型(二次性)
   A. 遺伝因子として遺伝子異常が同定されたもの
    (1) 膵β細胞機能に関わる遺伝子異常
    (2) インスリン作用の伝達機能に関わる遺伝子異常

   B. 他の疾患、条件に伴うもの
    (1) 膵外分泌疾患
    (2) 内分泌疾患
    (3) 肝疾患
    (4) 薬剤や化学物質によるもの
    (5) 感染症
    (6) 免疫機序による稀な病態
    (7) その他の遺伝的症候群で糖尿病を伴う事の多いもの

④ 妊娠糖尿病

インスリン放出は糖質の摂取の場合だけでなく、蛋白質を摂取しても放出されるので、過食、美食によってランゲルハンス島に負担がかかり糖尿病を誘因する事にある。糖尿病になるとランゲルハンス島からのインスリン放出が不足し、血糖の上昇と尿中へのグルコース排出(糖尿)を生ずる。

自覚症状として、口渇、多飲、多尿、体重減少、全身倦怠感、インポテンスが挙げられる。糖尿病ケトアシドーシス(糖尿病性昏睡)になると、悪心、嘔吐、アセトン臭の呼気、大呼吸、意識障害が生じる。更に高浸透圧性昏睡を起こせば著明な脱水、意識障害を伴う。

三大合併症として、

糖尿病性網膜症: 高血糖が10年続くと糖尿病に特異的な網膜症を生じ、視力障害をきたし、失明をもたらすこともある。

糖尿病性腎症: 糸球体硬化症、細動脈硬化症、乳糖壊死を生じ、腎機能が障害され、透析を導入せざるえなくなることもある。

糖尿病性神経障害: ニューロパチー(四肢の疼痛、神経障害)、膀胱障害、インポテンスなどを生ずる。

他に動脈硬化性疾患や糖尿病性足病変などが挙げられる。

だから糖尿病にならない様に気を付けましょう。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-17 22:52 | 医療

STOP

どうにもこうにも、立ちゆかない…。時間がもっと欲しいと思う今日このごろ。余りにもやることが多すぎます。って事で暫く毎日の日記更新は出来なくなりそうです。やっぱり目の前にそびえ立つものが大事な時期にかかってきているので、時間を作れる日まで、週1ぐらいのペースで日記更新をする事になりそうです。これからも宜しくお願い致します。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-15 23:59 | 日常

捻挫

最近の整形外科では、ただの捻挫でも靱帯損傷と云うらしい。確かに後者だと最もらしいし、痛々しく聞こえるから不思議なものだ。決してそう伝えるのは間違いではないのだろうが、患者を思うのなら「捻挫」と伝える方が安心をするのではないだろうか。まあ、逆を云えば、捻挫だからって考えを持って行動すると、治癒するのには長引いてしまうので、これも困った事だが。

捻挫の定義だが、関節部に外力が加わり、非生理的な運動を強制されたときに生じる関節包、靱帯などの関節支持組織の軽度の損傷である。関節支持組織の断裂などの損傷が生じるが、関節面の相互関係は正常に保たれている。関節にストレスを加えると疼痛は増強するが、異常可動性は認めない。一般的に、足関節のように関節運動範囲の少ない関節ほど捻挫を起こしやすい。

次いで捻挫(靱帯損傷)の初期処置だが、これには当然ながら靱帯損傷の程度によっても違うし、各関節に応じた処置が必要となってくる。初期処置として大事なのは、

RICE

である。RICEとは、

Rest(安静)、Icing(冷却)、
Compression(圧迫)、Elevation(挙上)


で、最も重要な処置はRest(安静)となる。初期処置で痛みを和らげ、出血や腫脹を抑え、患部を安静に保つ事で、予後を決定するといっても過言ではない。

後に一定期間の固定をするのだが、この意義としては、損傷組織の治癒と損傷範囲拡大防止の為となる。出来るなら当該関節の使用制限、禁止(免荷)を行うと効果的である。

これが簡単な捻挫の定義と施療方法となってくる。理解出来ました?
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-14 23:23 | 医療

ALPHONSE MARIA MUCHA

私が好きな画家さんの一人、Alphonse Maria Mucha。最近では、東京でMucha展なども開催されていましたね。現在は名古屋でやっているのかな?ん?終わって浜松で行う予定かな。すみません、詳しい情報は別途で調べて下さい。

彼の絵を初めて見たのは、高校一年生の頃でした。私のクラスメイトで絵が大好きな人間がいて、その彼に誘われて横浜○島屋に見に行ったのが最初です。昔から絵や写真を見るのは好きでしたので、得に誰の絵とかも気にせず見に行った気がします。この時の催しが、

没後50年記念 アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展

でした。会場は全体的に暗く、所々に絵を照らすライトが眩しく光っていましたね。そして一枚目の絵から目を奪われ、どんどん次の作品を食い入るように見ていました。得に目を惹かれたのが、連作 <四つの星>で、「宵の明星」「北極星」でした。今でも大好きです。もちろん他の作品も素敵ですけどね。

それまで見る絵はどちらかというと、ゴッホシャガールであったりと、当時の私には(現在もだが)何か分からないけど惹かれると云った感覚でした。

しかしこの時は違いましたね。ポスターの作品が多かったり、連作であったり、とにかく見やすいし、分かりやすい。単純に目を惹かれました。現在でも彼の絵を模倣した作品も多いのではないでしょうか?

彼は絵描きさんでありながら、宝飾デザインもしていたのですね。それがまた素敵です。それらの作品も展示してありましたね。とにかく単純に絵を楽しめた感じが凄く印象に残っています。

そして、高校生の私には過ぎる買い物をしてしまいました。そう、彼の作品集です。これ確か一万円ぐらいしたのではないでしょうか。何処を見ても値段が書いていないのですが。ただこの作品集の中にメッセージが寄せられているページがあるのですが、此処に当時の外務大臣であり、後の数十日でしたが総理をされた宇野宗佑氏の名前があるのは貴重品ではなかろうか。本当は総理って書いてあるともっと価値があったのかもしれない。

あまり上手く言い表せないが、彼の作品は一見の価値はあるので、是非ご覧になって下さい。

クリック>>>Muchaの作品・イメージ画

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-13 23:46 | 日常

甲状腺機能亢進症

今回のテスト範囲の内容です。

甲状腺においてホルモンの合成と分泌が増加し、そのために甲状腺ホルモン過剰の症状が出現している状態を甲状腺機能亢進症という。

臨床的には、

1) 甲状腺中毒症の諸症状のあること
2) 血中甲状腺ホルモンが増加していること
3) 放射性ヨード甲状腺摂取率が増加して、甲状腺におけるホルモン
合成の増加が裏づけられること


により診断できる。

甲状腺機能亢進症を起こす原因として、わが国ではバセドウ病(Graves病)が圧倒的に多い。この疾患は自己免疫性甲状腺疾患の一つで、TSH(甲状腺刺激ホルモン)受容体に結合してこれを刺激する抗体が産生されるために機能亢進が起こると理解される。抗甲状腺剤で甲状腺ホルモンの合成を抑制することにより、131Iで甲状腺組織を破壊することにより、あるいは外科的に甲状腺亜全摘術を行うことにより治療する。

バセドウ病以外には機能亢進性の腺腫ができて自動的にホルモンを過剰に合成分泌する場合(プランマー病)があるが頻度は少ない。またヨード欠乏地域に急にヨードがゆきわたると、それまでヨード欠乏に適応していた甲状腺が過剰にホルモンを産生して甲状腺機能亢進症が多発することがある(ヨードバセドウ〔病〕)。

また北欧では、甲状腺機能亢進症をきたす病因としてバセドウ病以外に多結節性甲状腺腫が多いとされている。これは腺腫様甲状腺腫に近い病態で甲状腺ホルモンが過剰に産生されるものと考えられる。

このほか、まれな疾患として、下垂体TSH産生腫瘍によるもの、視床下部TRHの産生過剰によるもの、胞状奇胎、絨毛上皮癌で過剰産生されるHCGの甲状腺刺激作用による甲状腺機能亢進症が知られている。

以上、今回の試験範囲の一部でした。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-12 23:40 | 医療

G-Mail

皆さんはG-Mailをご存じですか?
これは検索サイト「google」が提供している無料メールサービスです。
既存の会員から紹介されないと作成が出来ないアカウントなのですが、
ひょんな事から、Blogを通じてgrundさんとお知り合いになり、
メールアカウントを頂きました。

ということで、もしご希望の方がいらしたら鍵コメを使用してメールアドレスを教えて下されば、招待状をお送り致します。

若しくは、某サイトからアクセスしている方は、メッセージにアドレスを載せて飛ばして頂ければ招待状をお送り致します。

基本的には知人と某サイトからアクセスをしている方を優先的にお送りする様には致します。

但し、先着で49名ですので、宜しくお願い致します。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-11 23:14 | 日常

1兆2千億円

タイトルの数字は何だかわかりますか?実はこれ、我々の保険料から人工透析に対して年間に支払われるお金だそうです。しかし、このうちの半分は生活習慣病からなっているもの。なんかそんな人たちに保険料が使われるのは腹立たしいです。

海外のどっかの国(イギリス?)では、生活習慣病から人工透析に以降した人には、全額負担か8割負担だそうです。ところが日本では博愛精神が強いのでしょう。そんなお馬鹿な人たちも保護されているのですよね。何か腹立たしいです。だって好き勝手に飲み食いして生活を乱して、楽しい事ばかりして、医者の言うことは聞かない。何故そんな人たちに対して、大事な保険料を使われなければならないのかわかりません。

ドクター・ヘリ。これは純粋に飛ばすだけで年間で2億円必要だそうです。そしてそのヘリが離発着が出来る病院が全部で60病院あれば、日本全国をカバー出来るそうです。つまり、最低120億円あればもっと救える命が増えるそうです。まあ、これには病院とヘリコプターが可動するので不随する金額はもっとあるのでしょうけど、それでも素晴らしいです。

そう、何が言いたいのか分かりますよね。人工透析に使用されている保険料が半分使えれば、これぐらいの病院やヘリコプターを用意するのは訳がないのです。詳しい事は来週か来月に、その筋の先生に本を借りて詳しく説明したいと思っています。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-10 23:30 | 日常

仙丈ヶ岳

今年の夏、7月に専門学校の仲間たちと山行の予定があります。それが南アルプスの北部に位置する仙丈ヶ岳である(標高3,033m)。

今回の趣旨は、

一泊二日で行こう! & 初心者にも優しいコースを!!

としたもの。そんな理由から仙丈ヶ岳が選択された。最初はゴールデン・ウィークに行き損ねた(私が骨折をした為に中止)丹沢の縦走も考えていたのだが、夏場の低山は暑いから却下となり、それなら高山で名の通った初心者向けの山は何処だ!?という事で選択されたのが、今回の仙丈ヶ岳であった。

簡単に仙丈ヶ岳を説明すると、コースの難解度を云えば、初級者~中級者レベルではないだろうか。日本百名山でもあり、高山植物の種類も豊富で、花の山としても人気が高い。7月の中旬又は下旬~8月中旬までがベスト・シーズンとなる。北に甲斐駒ヶ岳、南に北岳と、相対する鋭鋒とは対照的に3つのカールを抱いてゆったりと横たわる。その優美な山容から「南アルプスの女王」として親しまれているそうだ。夏の早い時期には沢筋の登山道に雪渓が残るが、全般的には穏やかなコースで、夏登山の入門コースとしても知られている。

コース予定としては、

初日 : 北沢峠-(10分)-大平山荘-(150分)-馬ノ背ヒュッテ
       -(30分?)-馬ノ背-(30分?)-馬ノ背ヒュッテ

2日目: 馬ノ背ヒュッテ-(90分)-仙丈ヶ岳-(30分?)大仙丈ヶ岳
      -(30分?)-仙丈ヶ岳-(40分)-小仙丈ヶ岳-(40分)
      -藪沢・小仙丈ヶ岳分岐-(140分)-北沢峠


になると思う。本来であるなら仙丈小屋まで行ってから、宿泊をしたいと考えていたのだが、どうも朝・夜に食事を与えられないという理由から却下となりそうだ。

初日は非常に楽な山行予定となっている。これも山荘での食事の関係から短くなってしまった。二日目は約6時間半の行程。それでも山小屋の朝は早いので、これも得に心配はしていない。昼過ぎには下山が可能であろう。下山後には麓にある、長衛荘と北沢長衛小屋、及び仙流荘の何処かで風呂を浴びて帰宅する事になるのだろう。

まあ、唯一問題があるとすれば、車で行った場合の帰宅時の運転ぐらいのものであろう。これも電車でのんびり移動するといった案も浮上しているので、あまり深く考えてはいない。仮に車で向かっても得に問題は無いと思っている。唯一、ビールが飲めなくなるのが残念ぐらいの話。貧乏なのだから車で行くのが安上がり、しょうがない。まあ、運転が大好きだから問題は無いのです。

そしてこの山行を最後に今年の山行はお終い(だと思う)。来年の3月第1週目の日曜日に国家試験が控えているので、その為に勉強をしなければならないのが理由。だから凄く楽しみにしている。

最後に一言、

其処に山があるから登る、ただそれだけ
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-09 21:43 | 日常