徒然なるままに

<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

NOBODY

8月に吹く風 ただ抱きしめて
波間を走り抜ける そう風を追い越して

太陽に誘われ 激しく揺さぶられる
濡れた瞳に誘われ 終わらぬ海岸線へ

裸足で走り抜ける 波間からの誘惑
七つの海を越えて 約束の場所にいくよ

苦しくて せつなくて 不思議だよ
君に出会うために 僕は生まれたんだ

恋しくて 愛しくて 気付いたんだ
君を守るために 僕は生まれたんだ


Who can love you like me?
Who can treat you like me?
Nobody babe, nobody baby...

If you need love, I'll be right there.
I promise, I'll be right there...

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-31 21:47 |

歩き疲れて 立ち止まったあの日
何時か歌った詩は 忘却の彼方へ

風の音色に 耳を澄ましたなら
幼き頃の素直さ 誰もが探せるはず

写真がセピアに 染まりゆく
遠きあの日々 浪漫は風にのりゆく

穏やかな水面に 美しく微笑む月影
空を見上げれば 流れゆく幾千もの星たち

何を求めて 今宵 涙するの?

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-30 23:23 |

送別会

今日は職場の送別会です。今日になって話がありました。って事で宴会に行ってきます。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-29 22:26

BUENA VISTA SOCIAL CLUB

久しぶりに聞いた。やっぱり格好良いです、彼らの音楽は。今日は夜から飲み会なので、散髪に行った後、テストに控え勉強などしていた。そしてバックミュージックに選んだのが、BUENA VISTA SOCIAL CLUBである。

多くの人は映画タイトルとしてご存じではないだろうか。この映画制作の切っ掛けは、ライ・クーダーがキューバ音楽界の偉大なる古老たちと友に制作したアルバム、「BUENA VISTA SOCIAL CLUB」 となり、この時の音楽アルバム制作が切っ掛けとなり、後にこのメンバーであるイブラハム・フェレールがソロ・アルバム録音するとの事で、再度キューバを訪れ、その時のスタジオで行われたセッションの模様や、NYで行われたコンサート、ミュージシャン達の語りで構成された音楽ドキュメンタリーの映画である。

さて、この映画ではなく、音楽アルバムを作り上げた際にライ・クーダーはインタビューに対して以下の様な話をしている。

● 「このアルバムは、私が参加したアルバムのなかで最高のものだ。」

「私は生涯最高の音楽的な体験を終えたところだ。これまでにもなく、これからもないだろう最高の音楽体験とは、キューバで録音したこのアルバムのことだ。 現代の最高のミュージシャンによる最高のサウンド、それが今度のセッションだった。それは人を根底から覆す。人を内側から作り変える。だからセッションが終わる頃には、と てつもないカタルシスを体験したように感じた。それが今度のセッションだった。」

「ニック・ゴールド(ワールド・サーキット/プロデューサー)がキューバで録音しようと言い出したのが始まりだった。我々はみな、今も現役で活躍している年長の演奏家を何人か入れようと提案した。キューバン・クラシックスのミュージシャンだ。我々はついてた。ハバナの伝説のスタジオで、これまでに出会った中で最高のミュージシャンたちと協力して最高の曲を演奏し、生涯で最高の時を過ごせたのはとてつもなく幸運なことだった。 アルバムには息子のヨアキム・クーダーもドラマーの1人として参加し、素晴らしい演奏 をした。これが世界最高のアルバムとまで言うつもりはないが、私が参加したアルバムの 中で最高のものであるのは確かだ。」

~ ライ・クーダー (1996年3月15日、BBCラジオ2でのインタビューから)

此処まで云わせてしまう程に、このアルバムの完成度は高いと私も思います。

彼らの音楽を知る元を辿れば、当時のテレビ番組、ニュース・ステーションが切っ掛けでした。テレビにメンバーであるイブライム・フェレールとオマーラ・ポルトゥオンドが登場、その時の生放送中に彼らの音楽を耳に、一瞬で引き込まれましたね。今でこそのんびりと聞くことが出来るのですが、最初に聞いた時は正直に震えが止まらなかったです。そして直ぐにアルバムを購入し、このアルバムにのめりこみました。

その後に渋谷公会堂で行われたイブライム・フェレール&オマーラ・ポルトゥオンドのコンサート。更に翌年(だったかな?)には東京国際フォーラムで、9○歳になる伝説のシンガー&ギタリスト、コンパイ・セグンドとライ・クーダーが世界最高峰のピアニストとして賞賛する8○歳のルベーン・ゴンサレスがコンサートを行い、私は姉と2人で見に行きました。本当は彼女と見に行けば良かったのですが、彼女のあまりの興味の無さ、には敵いませんでした。そしてやっぱりこの音楽が好き!って人でないと終わった後の感動を共有出来ないですしね。今思えば良かったとも思ったりもしています。

私は得にコンパイ・セグンドが好きでした。彼はステージ楽屋でも取材中でも常に(極太の)葉巻を手放さず、ラム酒もコーヒーも嗜み、全ての女性に対してジョークと優しさを忘れないダンディズム。日本では某パチンコ・スロットメーカーのCMにも出演していましたね。もう一度彼の音楽を生で聴いてみたいのですが、それはもう二度と敵わない夢なのですよね。実は数年前に他界しているので。願うなら次の世界でも歌っていてもらいたいものであります。

私が自信を持って人にお勧め出来るCD、「BUENA VISTA SOCIAL CLUB」。その中の一曲目がコンパイ・セグンドが歌う「CHAN CHAN」です。かなり濃厚なラブ・ソングの仕上がりです。まあ、どう思うかは人それぞれなのですがね。時代を感じさせる素敵な曲ですね。是非に皆様には聴いて頂きたいアルバムです。


最後に一言、

人生で素敵なものは、花と女とロマンスだよ

by コンパイ・セグンド

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-28 18:20 | 音楽

お疲れさまです

今日は友達と遊んでいる、初めてのMSN音声チャットを楽しんでいる。なんかヘッドフォンから声が流れるのが不思議だ。そんなこんなでSkypeも入れた。近い内に報告が出来ればと思います。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-27 23:34 | 日常

記憶

朝靄の中 一人たたずむ
めいいっぱいに 澄んだ空気を 吸い込む

両手で 掬い上げた 大地の水
瞳を閉じて 飲み干せば 甦る記憶

月が揺らめき 落ち行く惑星たち
花は咲き乱れ  風に舞い散り行く

酸素を感じる 水辺での記憶
もうずっと此処で 泳いでいるだけ

あぁ いつ頃からだろう
思いの淵が 古代の知恵を 取り戻そうと
流れる雲を 寝ぼけ眼で 見上げる

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-26 20:14 |

献血~中華街~山下公園~桜木町

久しぶりに仕事がオフでした。そして講演会が催される為に、本日の柔道クラブも中止です。じゃあ、今日は何する?あ、今日は給料日。いつも昼飯を一緒にとるメンバー4人の意見は一致しました。

旨いものが食べたい!!

そんなノリで横浜の中華街に行くことに決定する。電車で移動して、関内駅で下車。すると、目の前には小さなテントと机が並べてあり、そこでおじさんが拡声器を持って、

献血にご協力をお願い致します!!

と、叫んでいるではないか。我々はその瞬間にラッキーと感じてしまう奇妙な集団。実はつい最近に集団健康診断があった。4人中1人を除いて、3名は少し引っかかってしまう。得に何処が以上と言われた訳ではないのだが、やっぱり気になる。でも医者に言って、何処も悪くない(と思っている)のに検査をお願いすると、医療費が以上に高くなる。

これだ…。

一本いっとく?


行っちゃいました。私は何回か献血をしているのですが、他三名は初めての体験。問診票を細かくチェックしながら、いざ献血車に向かう。そういえば、今年から献血には身分証明が必要になったのですね。知らなかったです。しかし、何の為の身分証明なのでしょうか?理由が解りません。どなたかご存じでしたら教えて下さい。

献血車に入ると先ずは問診票を見ながら、医者がチェックをして色々と質問される。此処では、海外の滞在歴、薬の常用の有無、外傷など。色々と問診票に書き込んだ事を細かく再チェックされました。私は問題なくクリア。ところが残りの3名のうち1人が引っかかり脱落。(此処で脱落という言葉が適切かどうかは判りません)脱落した彼、実は昨夜に仕事で指先を深く切っていたんですね。それが結局は感染症など、色々と後に問題が現れる事が稀にある、と云った理由で彼の血は不採用となりました。他の2人は無事に出来ました。

次にABO式血液型検査、オモテ試験を行う。ABO式血液型は、赤血球の凝集原とA型血清(B型血球を凝集させる意味で抗B血清ともいわれる)、B型血清(抗A型血清)中の凝集素との凝集反応によりA,B,O,AB型の4種類に分類されるのです。この抗A血清に血液を垂らして、凝集反応が起こればA型となり、抗B血清に反応が起こればB型。この検査を行う為に、少しだけ採血され、血液型の判定が行われました。そしてちゃんと横に青の液体と黄の液体が置いてありました。正に昨年のテストで出題された検査法。栄子真っ青ビーチク黄色!!でした。(抗A血清=青色、抗B血清=黄色)

これらを無事に済ませた3名は、献血台のベッドへ。いざ寝転がると嫌なものです。でもこれも世のため、人のため。血液を提供させて頂きます。そうそう、我々に勉強を教えて下さった医者がこんな事を講義で話していました。

自分の意志で献血をしない人間は、

自分に何か起きた時も必要がないからしないんだよな?


って。かなり黒い事を言っているのですが、でも確かにその通りですね。必要な時だけ頂こうなんて不逞野郎だ!って思ってしまいますよね。ですから皆様も献血には是非ご協力を。そういやこんな話もしていました。献血者は優先的に血を回して貰える、って。本当ですかね?献血を義務化すればもっと救われる命が増えるのになぁ、とは思います。

献血をしない人には、絶対に与えない。
年齢的に出来ない子は、親が行う。


この2点が施行されたら、結構すごいですよね。まあ、絶対にあり得ない話なのですが。それと最近では、献血する前に、クッキーを食べさせ、更には500mlのペットボトル飲ませてから採血をするんですね。これも驚きました。確かに理由を考えれば分かるのですが、二年前と比べて随分と変わったものです。

そんなこんなで献血は終了。23歳の若者は血を抜かれてすっきりした!と話していました。これは私も同感です。献血って妙に気持ちが良いです。ところが最後に出てきた私より2歳上の友達。顔が変に気持ちよさそうです。はい、ちょっと貧血気味になっていました。ふらふらまではしていないのですが、凄く足取りが重そうでした。この友達、普段は登山家なので凄く元気が良いのですが、中から栄養を抜かれるのには弱かったみたいです。中華街に向かう途中の足取りも辛そうでした。

無事に献血も終し、中華街に向かう。さてどのお店に入ろうか。決定権は私にありました。と、いっても2人は東京に住んでいるので、中華街には殆ど来たことがなかったそうです。だったら、高校生の頃からの遊び場であった伊勢佐木町、関内、桜木町、私が案内をしなければ。ちょっと気合いが入って探してしまいました。最初に不味い物を食べさせたら、次回に来るときが嫌になってしまいますからね。(中華街のオフィシャルサイト:横浜チャイナタウン

一軒目、広東料理 海員閣(かいいんかく)。此処は時間切れで入店出来ず。此処はガスの火を使わず、コークスを使用しています。その分火力が強いので、旨味も逃げにくいのです。此処の海鮮のウマニと牛ばらそばは最高ですね。

三軒目、広東料理 謝甜記(しゃてんき)。山下公園側から入ってくると、サンタクロースの看板が掲げられているお店。お粥の専門店。がっつりと食べたいと云う理由から却下される。

さて、万珍楼、聘珍樓均昌閣本館なども旨いのだが、この格好の我々が行くようなお店ではない。さてどうしたものか。そうだ、あそこがある。

三軒目で遂に入店、広東料理 吉兆。値段もそれほど高くは無く、良心的な値段でかなりの料理を食する事が出来る。気取った感じの店では無いのですが、中は少し高級感を演出。気の知れた友人達と向かうのには大変に良いお店である。此処の飲茶セットは2種類あり、2名様以上から注文する事が出来る。

そしてオーダー。2種類の飲茶コースを2つずつ。みんなで回しながら頂きました。いやいや、本当に此処は美味いです。私も中華街は裏通りまで結構回りましたが、このお値段でこれほどの味と量を食べさせてくれたのには大満足です。美味いを連呼しながらみんなで食べていたら、最後にオーナーが、

こちらはサービスです。

小さめの肉まんを提供して下さいました。食してみると、何故か不思議な味がしました。甘いと辛いが絶妙に絡み合っているのです。今までに無い味なのですが、大変に美味しく戴かせて頂きました。ご馳走様です。そして最後の会計では、我々が貧乏人の集団と見抜いたのか、

今日は消費税もサービスしますよ。

本当に感謝です。中華街って結構小さいお店では店員の態度が悪かったりするんですよね。それが此処までサービスして頂けたのは正に驚きでした。本当にご馳走様です。みんな満足して満腹状態で帰宅出来ました。

中華街で満腹になるまで食事をしたのだから、その分は山下公園で散歩してカロリーを消費しないと。最近、肥満傾向にありますから。今日は横浜見物の日です。だらだらしながら桜木町までのんびりと歩いて戻りました。此処まで来たなら、ついでに山のお店、カモシカにも寄りましょう。ってな感じでお買い物までしてきました。

決して休日では無いのですが、休日を満喫した気分です。これで明日からの活力も生まれる事でしょう。あ、明日も仕事休みじゃないですか、私。鍼治療の予約を入れているんだ。今日は心を癒され、明日は体を癒して参ります。

最後に一言、

横浜はい~ねっ!!

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-25 21:22 | 日常

夏日

裸で抱き合い ただきつく抱き合い
言葉はない あるのは二人の真実

飛行場までの道 車内に響くラジオの音
スピードは次第に落ちていく

助手席の君 こらえようとせずただ涙
車を停めた時 それが二人の終演

波間の煌めき 熱風が吹き荒れる
誘われるように 風に乗ろう

いつからか君は 涙を捨て
いつからか僕は 笑顔を忘れて

あの日の約束は消え去り
それは夏の風に舞い散る

離れていても 眠りにつくときも
思い出すのは あの夏の日

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-24 22:34 |

すき家

BSE発生に嘆く牛丼業界が決算を発表した。遂に「すき家」が連結売上高で吉野屋を初めて上回った。他チェーン店の「松屋」は減益ながら黒字を確保。吉野家は前年度比で16.4%減収。

いやいや、牛丼業界も遂に立場が入れ替わってしまいましたね。BSE問題が未だに解決をしていない吉野屋にとってはきついでしょうね。でも企業としての悪い部分を露呈する事になったのですから、今回は高い授業料を払ったと思い諦めるしかないですよね。

吉野屋が怠ったのは、リスクヘッジと開発の2点が最も大きな敗因につながっているのではないでしょうか。元々、アメリカ産しか使用しないというのが問題。確かに一括にそして大量に購入すればコストなどもかなり下がるのでしょう。しかし、それが行きすぎた為に他からの仕入れルートが薄かった。

開発に関しては論外。正直に牛丼が発売禁止になってから、吉野屋が提供した食べ物、全て不味いです。そりゃあ他のメーカーが上手いのか?と尋ねられると微妙なのだが。それでもすき家のブタ丼はちゃんと食べれます。他の店にしても、もともと他メニューもありましたからね。吉野屋さんは、牛丼はうち!と云う思い違いが、今回の結果につながったのではないでしょうか。

色々と政治の世界でも牛肉の輸入解禁X-DAYは何時!?などと騒がれていますが、私はアメリカが全頭検査をするまで放っておいて頂きたいですね。なんの為に日本の畜産家などが頑張ってきたのか!?無に帰してしまうのは嫌です。別に世界水準に合わせる必要性はないと思う。

やっぱり食文化の無い国は嫌ですね。

最後に一言、

全頭検査やった牛肉しか入れるな!!

安全第一です!!

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-23 23:53 | 時事関連

大相撲

大相撲夏場所千秋楽は、朝青龍が全勝優勝を飾った。4場所連続12回目の優勝。そして大関の栃東は12勝、千代大海は10勝に終わった。

いやいや、本当に憎たらしいくらい…、というか憎たらしい朝青龍。本当に強いですね。強いのは認めますけど、嫌いです。だって

横綱としての品格が感じれない

のですから。勝負が決まった後の、朝青龍のあの

「こんちくしょう!みたか!!」

と云わんばかりの顔に腹が立ちます。

しかし、情けないのは日本人の関取たちです。そりゃ、私なんかに比べれば数十倍は強いでしょうが、何故此処まで勝てないのでしょうか。

ごっつぁんです!!

ってばかりではダメなのではないですか。何処かの関取は、グラビアの女の子と噂になって、結婚?なんて話も飛びだしていましたが、それどころじゃないのでは。

とにかく日本の国技なのですから、もっと

強い日本人の横綱が在籍してほしい!

ですね。なんかこれから先を考えると、上位には外国人の関取しかいなくなるのでは?と思ったりもします。これからの展開を期待したいです。

最後に一言、

がんばれニッポン!!
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-22 23:50 | 時事関連