徒然なるままに

<   2005年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

三菱ふそう

一体いつまで続くのでしょうか、三菱ふそうリコール隠しは?
追加調査で明らかになった隠蔽、同社が2日に発表したのが
なんと41の欠陥。今日になり、そのうちのバスやトラックに関する
11の欠陥をリコールの対象として国土交通省に提出。
ここまでくると、怒りとか情けなさを通り越して笑ってしまう。
もしかしてこれが三菱の狙いなのかな?またかで慣らしてしまう戦略
これだけ続くならもう会社を潰してもらいたいですよ。
だって車に命を預けるんですよ。これじゃあ無理でしょう。
三菱で働いている人たちには悪いけど、どんなに良い車を発表しても
常に不安を抱きながら乗るようになってしまいますよ。
現在でさえ、三菱社製の車が前後にいるとドキドキしてしまいます。
前にいたら、いきなりタイヤが飛んでくる、とか、シャフトがもぎ取れて
フロントガラスに直撃
とか、後ろにいたらブレーキが効かないで
突っ込まれる
、とか、前後にいたら急に火の手があがり爆発する
など…。最初の頃は笑い話でしたが、現在となっては笑い話では済まない。
真面目にやっていた方には申し訳ないが、三菱自動車を潰して下さい。
走る凶器ですよ。釈明会見なんかどうでもいい。
安全な車を作って下さい。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-28 20:34 | 時事関連

契約

先日、私宛に手紙が届いた。送り主を確認すると、
近所のおじさん=賃貸駐車場の大家からであった。私は一瞬考えた、

“駐車料金を滞納してたっけ…?(汗)”

いや、そんな筈はない。ちゃんと領収書も手元にあるのだから。
用があるなら近所なのだから手紙ではなくて、
直接伝えてくれれば良いのに…、水くさいおじちゃんだなぁ…、
と思いながら封を開けてみると、内容は下記の通りであった。

Sparky様

今般駐車場を売却致しますので4月30日迄に
車の移動をお願い致します。長い間駐車場を
御利用頂き有り難う御座います。

平成17年2月18日 管理人


一瞬眼を疑った。えっ!?そんな馬鹿な話があるか!?
駐車場料金も滞納もしたことないし、猫に乗車され傷つけられようとも、
一切に文句すら言ったことがないこの私の駐車場を売却するんですか!?
(↑といっても只の使用者なのだが…。)
こんな数行の文章だけで、私の駐車場の権利が無くなるのですか!?

マイカーを持つようになってから数年、ずっとこの駐車場利用してきた。
駐車場自体は砂利敷き、時期によっては笹が降り車に積もる
猫が沢山いて、よく洗車後によく上に乗られたり、爪で傷を付けられたり、
色々はありましたが、何と云っても我が自宅から近くて安かった!
横浜の住宅街での駐車料金を見ると、大体が1万5千円前後
それが、1万円だったのだ。それに我が家からの距離は徒歩2分。
これだけの物件はそうざらにない。しかし今更じろーです。

仕方が無いので、数件駐車場管理をしている不動産に連絡してみる。

① 徒歩 3分、舗装済み 料金1万5千円
② 徒歩 2分、砂利敷き 料金1万2千円
③ 徒歩 7分、砂利敷き 料金1万2千円(坂の下)
④ 徒歩10分、舗装済み 料金1万5千円

もうしかないじゃん!選ぶ余地は無かった。速攻に予約を入れる。
今まで使用していた駐車場には、車が約15台あったのだ。
それが一斉に駐車場探しを始めるわけなのだから、
ゆっくり選んでいる余裕などはない!こんな物件は他にない!!

んで、今日の午後に不動産屋に行き契約してきた。
しかし驚いた、1万2千円の駐車場を借りる契約なのだが、
今日の支払いはなんと36,600円となってしまった。
くぅ…、貧乏なこの私になんたる仕打ち…(涙)。
敷金、礼金、一ヶ月の借賃…。この時期に痛い出費です。
これからは振り込みの支払いで手数料がかかるし、
さらに契約は一年毎の更新で6千円がかかる。
今まではそんなものが一切無かったのに…(悔)。
本当に条件が良かったんだなぁ、とつくづく思います。

でも借りられないで、路駐するよりよっぽどまし。
皆さん、車を買うときは先の事をよく考えてから購入しましょう。
あ、そろそろ重量税の支払いだ…。今年は車検もあるぞ…(涙)。
金食い虫のマチ子ちゃんだけど、ずっと大事にするからね!
愛しているよー!!

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-27 21:14 | 日常

ストレス

 ここ数日、睡眠時間が少ないせいかイライラしています。
理由は色々とあるのだが、やっぱり勉強、仕事、お金の三重苦のせい。
全てが不足しているので、精神的に追いつめられている気がする。
早く無事にテストが終了してくれるまでは、嫌な気持ちは続くのでしょう。

 最近、“特命係長 只野仁”がお気に入りのテレビ番組になっている。
一見アホっぽい番組に映るのだが、人間の闇の部分、裏表の表情、
ドロドロとした部分を表現して、よく考えてみると以外と怖い番組
あることに気付いてしまった。まあ、人間の本当の闇の部分を出したら、
あんなものではないのだろうけどね。

 そうそう、この番組は毎回エロシーンも入っているのだが、
今昔を含めたAV女優やVシネマ系の女優達が毎回一人出ている。
先週は確か小林ひとみが出演していてマジに驚いた(笑)。
(往年の方々はご存じだと思うので、詳しく触れるのはやめます。)

 このドラマのエンディングテーマなのだが、タイトルは“ラブレター”。
歌い手さんが白羽玲子となっているが、これって原曲があります。
そう、THE BLUE HEARTSの“ラブレター”なんです。
女性が歌うとあんな感じになるんだ…ってしんみりと聴いてしまいました。
でも私としては、やっぱりTHE BLUE HEARTSの方が好きだな(笑)。

 最近、やたらCMなどで昔の音楽を耳にする。
CM自体は忘れているのだが(笑)、Mr.BIGの“To Be With You”、
ちょっと前になるけど、Eric Claptonの“Layla”、
日本の曲では、山口百恵の“良い日旅立ち”など。
(歌っているのは、鬼塚ちひろだったけど)
受け継がれていく曲が少なくなってきているのかな?

はあ、そろそろ勉強を再開しまひょ…。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-26 21:10 | 日常

審判の日

やってしまった…、今日の午前十時に判決が下された。
結果は、“敗訴”でした、くぅ…(涙)。悔しいのはX-Pの見間違え。
あれさえなければ絶対に勝訴では無くても、示談交渉で済むはずだったのに。

十数名、別部屋に呼び出され待機し、裁判官を待ちましたよ。
判決文の読み上げ時には、えぇ、いましたよ、例の青い服の人が(苦笑)。
案の定、冷たいお言葉を投げかけ、さらっと消えて行ってしまった。
正論を暴力的に振るって攻撃ならぬ口撃してくるからかなわない。

次なる控訴審の日程は、来週の3月5日(土)
午前9時半から午後数時間の間。
この結果が、3月9日(水)の結審となってくる。
此処で盛り返せないと留年が決定的に近くなってしまう…。
ん~、一年時の付けが今どんっと回ってきているな…(苦笑)。
マジにまた気合いを入れ直して勉強に取り組もう!

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-25 23:33 | 日常

外を見て

雨が降っていた…はずなのに、妙に静かだなと思い
外を覗いてみると“”がふっているではないか!?
昨日に“春一番”が吹いたというのに、三寒四温とは云え、
この天候の変化に身体がついていくか心配になってしまいます。

こんな夜は彼女とコタツで二人切り、のんびりしていたいものです…。
が、今の私にはとんと縁がない話なので(笑)、
部屋で音楽を聴きながらのんびりしている。
そんな私が今聴いている音楽は、

Herb Alpert の “North On South St.”(1991)

彼はトランペット奏者であり、また優秀なアレンジャーでもある。
基本的に彼の音楽はJazzに分類するのが適当であろう。
上記したアルバムに関して云えば、Acid Jazzに属すと思う。
彼は自分の音楽の追究だけでなく、新しい才能の発掘にも力を注いだ。
彼はA&Mという会社を立ち上げ、この会社から生まれた
70年代最大のヒットと云えば、やはりCarpentersだろう。

話がそれてしまったが、このアルバムの一曲目が気に入っている。
タイトルは“Jump Street”なのだが、
最初にサックスのソロで始まり、すぐにドラムの打ち込みが始まる。
テンポもノリもよく、一気に音楽の波に引き込まれてしまう。
昔、この曲はダンスシーンでも流れていたのを覚えている。
続く曲はかなりしっとりと大人の感情を醸し出す“It's Last Dance”。
まだまだ良い曲が入っているのだが、切りがないのでここまで。
最後に、私がこのアルバムに対して思うことは、

“大人の遊び心を渋く彩った音色の集まり”

と云うのが、正しい表現な気がする。

明日は審判の日、ゆっくりと寝させて頂きます。
おやすみなさい。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-25 00:31 | 音楽

続々ライブドア VS フジテレビ

今週も色々と動きがありましたねぇ、フジにライブドア(笑)。
知人と対抗策に対して話をしていたのだが、

”そんな稚拙な対抗策は無いでしょう、フジテレビに限って…。”

と言っていたのに、そのまさかが現実の事となってしまった(爆笑)。
すごい圧力というか、ずぶずぶのだめっぷり日本経済を露呈してしまった。
なんとニッポン放送が新株を発行するとのこと、驚くのが既にこの株は
フジに先行予約されてしまっていること。ん~、まさかとは思っていたが…。
素人でも考えつくし、幼稚な手段と思っていたことが起こるなんて(笑)。
でも結局のところ、今のフジに出来る最大の事なのかもしれない。
そう思うと少々気の毒にも感じるぐらいだ。

そんな中、つい先ほど20時にテレビで速報が流れた。

ニッポン放送がフジテレビに大量の新株予約券を与えることに対して、
ライブドアは差し止めを求める東京地裁に申し立てた。


ん~、良いですね、とことん泥沼化していきますねぇ。
でも、これからどうなるのか楽しみが一つ増えました(笑)。

しかし、相変わらず某政治政党の人々が色々と吠えているみたいだけど、
吠える前に自分の襟をを正し、それから発言をして頂きたいと思う。
昔にチョコを賭けてゴルフをした人は特にね、失言大王なんだしさ。

経済は常に勝敗があるのかもしれないけど、“自他共栄”できる部分は
大事にしてもらいたいな。それが無理なら弱肉強食でお終いでしょ。
フジテレビとライブドアのランディングポイントは何処になるのでしょう?

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-24 21:44 | 時事関連

遂に東京で春一番を観測した。
寒いのが大の苦手な私には朗報である。しかし、本当に風が強かった。
その風のお陰でなんと我が家の雨樋が二カ所も壊れてしまった。

さて、春と言えば今年はどんな春の歌が生まれるのでしょう?
去年は、河口恭吾、一昨年は森山直太郎さくら(独唱)であった。
今年の注目株はやっぱりケツメイシ“さくら”になるのかな。
ケツメイシのHPにてこの“さくら”のPVをフル視聴(期間限定)が出来るので、
時間がある方は是非聴いてみては如何だろう。
ラップも組み込まれてはいるのだが、以外としっとりと歌われていて、
嫌みがない仕上がりに出来ている。私自身は結構好きな曲かもしれない。
でも飽きそうだけど(笑)。

昔は春の歌と言えば、テーマは決まって“卒業”だった気がする。
菊池桃子や斉藤由貴などの“卒業”などが有名どころだろう。
しかし、私にとって卒業の歌と言えば、やっぱり尾崎豊の“卒業”だろう。
未だに彼の曲は飽きずに聴いている。音楽がやっぱり熱いよね。
純粋に昔を思い出させてくれて、共感出来る曲が彼の歌には多かったです。
きっと歌ってそういうものなのだろうな。

青春の1ページを彩る役目を果たす大事なアイテムなのかもしれない。
月日が流れて、ある日町中で思い出の曲が流れ、少し懐かしく感じる。

そんな一つのキーワードを作成している人たちってやっぱりすごいです。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-23 23:38 | 音楽

Eric Clapton

昔からだが、私は音楽が大好きである。
特に自分が何かを演奏する訳ではないのだが。
ジャンル問わずJ-POPも聴けば、Rockも聴く。Classicも聴けばJazzも聴く。
感動を与えてくれたり、その時の気分を彩ってくれれば何でも良いと思う。
十年程前から凄く好きになったのは何といってもEric Claptonである。

初めて彼の音楽を聴いたのは18歳の時、海外に行ったときの事である。
この時が初めての海外経験で、これからの生活に期待しまくりの頃であった。
到着した当日は、学校の寮がまだ入れない状態であったので、
近くのモーテルに宿泊をした。部屋にある(ケーブル)テレビを付けると、
MTVが映った。他にチャンネルを回して見るのだが、やっぱりアメリカ
何を見ても全て英語だから解らない(笑)。だから素直にMTVをつける。
すると、何やら渋い親父がアコースティックギターを片手に弾いているではないか。

なんだこれは!?

この時はマジで驚いた。凄く上手いのだけど、何処か悲しげに、
でも滅茶苦茶格好良く歌いながらギターを弾きながら歌っているではないか!
終わった瞬間に涙を流しそうになっている自分が居たのを覚えている。
曲が終了するとテロップに、

Eric Clapton ~"Tears In Heaven"

後に知るのだが、息子の死をテーマに自信の感情を吐露し、
最も辛い時期から立ち直る切っ掛けになった曲だったとのこと。
そして何より凄いのは、当時は何も解らず英語すら分からない少年が、
涙を流しかける程の強く激しい感動を与えてくれたのだ。
翌日に入寮を済ませ、部屋の片付けもせず急ぎ足でレコード屋へ。

そう、アメリカでは有名なTOWER RECORDSへ!
しかし、ここで問題が起きる。昨日の曲のタイトルを忘れてしまったのだ(笑)。
当然、英語なんてちんぷんかんぷん。三単現のS?何それ!?って
いっている程度の人間なのだから。(←海外に行くなよっ!)
どうしようもなくなり、言葉が通じないのに店員に話しかけてみる。

私    : “Excuse me…”
店員   : “*+※><~|¥#*?”

私の心中:“やばい、マジに店員が何を言っているのか解らない…(冷汗)。
           しょうがない、これしかないだろう!奧の手だ!!”

      “Eric…、Eric…、ふふ、ふ~ん、ふふ~ん♪”

そう、私は何とEricと言う名前と鼻歌を歌い始めたのである(恥)。
最初は店員も笑いながら不思議そうな顔をしていたのだが、
私が只のアホでは無く、何か欲しいのに気付いたのだろう。
私に待てというサインを送り、一枚のアルバムを持って来たのである。
そのアルバムのタイトルは“eric clapton unplugged”であった。
購入後、ずっと部屋でそのCDを何度も繰り返し聴いていた思い出がある。

機会があればみんなにも聴いて頂きたい一品です。
初心者ならば、

ベスト盤の“Clapton Chronicles”“Ballads”

を聴くのをお勧めします。
今でも彼の音楽は大好きです。車内には常にCDを置いてあるし、
二ヶ月に一度はClaptonばかりを聴いている日もあるぐらいだ。
コンサートには過去に二回程行ったが、やっぱり凄く上手いです。
去年は来たけど、次回はいつかな?次回は三回ぐらいは行きたいな。
偉大なギタリスト、エリッククラプトンのお話でした。


[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-23 01:27 | 音楽

続・ライブドア

今日はニュースで、こんな記事があった。
内容は、

日本経団連会長の堀江社長に対するご意見

説明責任を果たす…ライブドアの堀江貴文社長は、フジサンケイグループを立て直そうという純粋な気持ちなのか、金もうけのためなのか、動機をはっきりさせる必要がある

批判…堀江さんの『金さえあれば何でもできる』という考えは、日本社会で一番まずい話なので、道徳的におかしいと政財界から非難が出た。堀江さんも甘んじて受けないといけないと批判

フジテレビ…ニッポン放送とは一蓮托生の関係なので、どうすべきか考えて置くべきだった。フジテレビ側にスキがあったとの認識を示し、自社の株価の動きや出来高に注意するなど、防衛策を考えておくことは経営者の責務だと指摘。

時間外取引…ある程度の規制は証券取引所で考えた方が良いと、規制の強化もやむを得ないとの認識

私が思ったこと。
①別にライブドアが立て直そうが、金儲けのためだろうが、

どっちでも良い事じゃありません?

何故そこに動機をはっきりさせる必要があるのでしょうか?
はっきりさせれば問題は解決して、何か良いことが起きるのでしょうか?

堀江社長は色々とテレビで吠えているじゃありませんか。
もっと面白くしましょう!って。まあ、裏で何を考えているかは別として(笑)。
それに経営者なら当たり前の事、金を儲けるために仕事しているんでしょ?

②奥田さんは本を読んでの発言なのかな?ちょっと疑問です。
読んだけど、別に金が全て!的な事は書いていなかったけどな。
私が感じたのは、お金は大事だよ~♪って程度の話。
でも、確かにお金の話は日本ではタブーな話ですな(笑)。

“儲かってまっか?”、“ぼちぼちでんな”の世界ですからね、日本は。

③その通り、フジはちゃんとリスクヘッジをしていれば、こんな事でもめる
必要は無かったのではないかな。自分たちの経営の甘さを正当化するのは
止めて頂きたいものです。今回の件で色々と日本的な考えを大事にするのは
良いけど、別のやり方も学ぶべきですよね。

④昔からずっと云われてきたのに、甘い汁に酔っていたのでしょうがない。
米国などでは既に何年も前から規制する委員会があったのだから、
日本のお偉いさんたちが今回の問題を想定出来ないはずがない
もともとの考えが“安全ニッポン”だから、
結局は黒船に来襲されるまでは動かない。

この後の展開は!?日本を舞台に展開している海外方式の買収劇場。
ライブドアの後ろにはリーマンさんという黒いファンド会社も構えている。
フジテレビ、そして日本式は一体どのように立ち向かって行くのでしょう!?

経営者も政治家も若返りの時期が来ているのではないのかな?
先を生きて行く人間が作れる様にしないと、全部だめになるかも。
そうしないとコクド帝国やダイエー帝国のボスみたいになるかもよ。
一例として、新江ノ島水族館の変貌ぶりを見てもらいたいな(笑)。

“きっかけは~、ライブドア♪”

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-22 00:25 | 時事関連

類友

今日から学校は木曜日まで休みになるのだが、いつもと変わらず起床して、学校で勉強会をする事になった。ところがやっぱり休み、寝坊して遅刻をしている。それを勉強会の参加者にメールで連絡をしたところ、

“まだ俺しかいないっすよー、早く来て下さいよ”

えっ?今日は九時半集合でしょ。時間は既に九時半を回っている。他の人たちは?と思い尋ねてみると、

“みんな遅刻するって連絡が入りましたー。早く来て下さいよー。”

んー、やっぱりみんな類友なんだなぁ(笑)。結局、全員集合したのが十時を過ぎていた。こんな仲間だけどずっと仲良くやっていけたら良いよね。

さてと、今から仕事を頑張ってこよ!

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-02-21 14:35 | 日常