徒然なるままに

カテゴリ:時事関連( 67 )

三洋?SANYO!

本日の日経新聞に三洋の記事が目立ったので、此処にも記載させて頂くことにします。しかし、三洋は本当に大丈夫なんですかね?この記事のタイトルがまた凄かった。

三洋 異例の起用「なぜ」
CEOに野中ともよ氏
① 斬新さの狙いはショック療法?
② 業績不振の影響は「選択と集中」に遅れ
③「院政」へ布石か井植会長存在重く

記事の内容以前に、見出しをみただけで本当に三洋は大丈夫?って思いました。さて内容の方ですが、

①に関してはサプライズ人事(経営の素人を起用)をする事で社員に危機感を与えるのが目的であり、社員に本気で三洋を変える意識を持たせる事でありショック療法としている。

いやいや、こんな人事で社員はこの会社は終わったと思い、転職するのでは!?確かに彼女は過去にスポーツやニュース番組のキャスターなどもしていたし、現行では社外取締役にも就任している優秀な人物なのだろう。しかし、本人も驚いたぐらいの馬鹿馬鹿しい人事である。大体、本人にやる気がないから驚きもするのだろう。経営の素人を据えて何をさせる気なのでしょうか?

②ではデジタル家電の落ち込みや新潟県中部地震などの被害が追い打ちをかけたとするもの。更に採算悪化が続く白物家電からの撤退もなし。事業領域が広すぎる事も問題で、最終赤字計上で株主資本比率は10%前後まで低下。

う~ん、結局は斬新で素敵な商品が作れない+事業の見直しが出来ていない(リストラなど含む)=赤字って事なのでは?これは何処に問題があるんですかね?上司が悪いのか部下が悪いのか?色々と疑問です。

③では、今までCEO井植敏が会長に退き、改革特命委員であった野中氏を据える。そして野中氏が経営者としての力を発揮出来なければ「院政」を許す事となる。

これは院政がねらいでしょ?だから彼女を据えたのでしょう。会長として力を誇示していたいのでしょう。例え本当の愛社精神があるから社に残りたいとしても、栄枯盛衰です。過去ログでも書いてあるが、このまま行けばダイエーや西武の二の舞になるのでは?

色々と書いてはあったが、結局は、三洋さん、これはまずいんじゃない!?ってところですかね。このまま行けば潰れてしまいますよ…。多分これからの時代はブランドってそんなに問題は無くなるのかも。確かに目安としてはあるのだけど、重要視されなくなるんじゃないのかな?やっぱりどれだけ良い物を作れるのか、そして良い意味で適当な値段で売る。これが商売の鉄則ではないのだろうか。それから初めてブランドが生きるのでしょう。

最後に一言、

会社の存在意義は、社会が必要としてくれる事にある。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-09 21:03 | 時事関連

村上ファンド

今日の新聞にこんな内容の記事があった。

ニッポン放送の子会社化
村上氏、フジを支持(堀江氏と対決も)


記事の内容としては、通称村上ファンドの代表、村上世彰氏が民主党の会合でニッポン放送はフジの子会社になった方が良いと述べ、更には場合よりけりだが、6月の株主総会で堀江社長と戦うことになるとも示唆。これは総会での議決を左右するプロキシファイト(委任状獲得合戦)に影響を与えるのでは?とある。

う~ん、久々に登場した村上代表。この方もどっちつかずに行動をしていますね。彼がいうには、株主利益追求の為、などと話はしているが、結局のところは自分の所にどうやったら沢山のお金が入り込むのか!?って考えての発言の気がしている。

最近はこの話題もどうでもよくなってきた気がする。どっかのバカ殿がナイト気取りで呼んでもいないのに参戦して来るからつまらなくなってしまった。これからどうなるんだ!?っていうドラマ感が無くなってしまいましたね。なんかまた昔のなあなあ経済になりそうな気がしています。

こうなったら全部潰れてしまえば良いのに…。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-08 23:30 | 時事関連

メジャーリーグ

米大リーグが3日、遂に開幕をした。オフの間は筋肉増強剤の問題で色々と揺れた大リーグだったが、その中で最初に抜群の輝きを見せてくれた男がいる。そうニューヨーク。ヤンキースの松井秀喜ある。

いきなりの初戦が伝統球団同士の対決であり、昨年のワールドシリーズの夢をうち砕いた相手であるボストン・レッドソックスである。この日の松井は5番左翼で出場。いきなりの5打数3安打3打点!この中には今期ヤンキース初のホームランを含む。更には相手のホームランになったはずのボールをキャッチするファインプレーまで決めている。先発のランディー・ジョンソンの活躍もあり、9-2で勝利を収める。

しかし、本当に大した男である。私は基本的にはAnti-Giantsなのだが、そんな中でも彼だけは好きだった。それは彼が人間味のある男で、優しさを兼ね備えているからである。あるボランティア団体を通して、こんな話を聞いた事がある。 Make A Wishという団体があるのだが、この団体では難病の子供たちの夢を一つ叶えてあげましょう!とするものなのだが、やはりこの中にスポーツ選手に会いたい!とかアイドルのコンサートに行きたいと話す子供達が多くいる。そんな時は常に先方に色々と時間を割いて頂けないかと連絡をするのだが、多くの数は断られたり、実現しても時間が凄く短かったりするらしい。

ところがこの松井選手は違う。かなりの時間は割いてくれて、一緒に遊んだり、サインなどにも気軽に応じてくれるそうなのだ。これは彼の人気が出る前からであり、そして現在でも色々な形で参加して下さっているそうだ。他にも男性デュエットなどで有名な人(←若くない人たち)などなど。心の優しい芸能人、スポーツ選手がいるそうだ。

何処かの腐れ芸能事務所などは、そんな事をしたら幾つやっても切りがない!とか、そんな特別扱いは出来ない!などと回答をしながら、テレビ番組などが絡むとほいほいとOKを出す芸能事務所&芸能人。幾らテレビの世界でどんなに着飾ろうが、心が汚い人間である事には変わりはない。ちゃんと影で見ている人がいるのを忘れないで頂きたい。そしてこの事が子供達が知ったらどれだけ悲しむのかをちゃんと理解して頂きたいものある。

話が大分ずれたが、今年の松井は本当に期待をしたい。そして彼の夢であるワールドシリーズのチャンピオンに輝いてもらいたい。さらに付け加えるなら彼の大きな力が貢献しての優勝であってほしいものである。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-04 23:58 | 時事関連

ご冥福をお祈りいたします

カトリック世界の精神的支柱であるローマ法王ヨハネ・パウロ二世が、3日に死去したとのニュースが飛び込んだ。ここ最近はずっと体調が優れないとする報道があって心配をしていたのだが、遂に…と云ったところであろうか。

私自身はカトリック教徒でもなければ、キリスト教の一派に属しているわけでもない。ただ彼が1981年に訪日した際に、広島市の平和記念公演で9カ国語を使用して平和を訴えたローマ法王の言葉は、非常に素晴らしいものであった。

「戦争は人間の仕業です。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です」

正にその通りであり、非常に意味深い事である。何故に人間は戦争を繰り返すのだろうか?民族紛争しかりで、最近ではイラクへの攻撃があった。これはアメリカにテロが起き、その根元がアルカイーダであり、それをバックアップするイラクが悪い、としたのが大筋。更に核査察を拒んだ訳でもないのに、ねつ造まがいの記事によってイラクは破壊されてしまった。

確かに常識的に考えれば、当時のイラクの行動は色々と怪しい物が多数あったかもしれない。そして先を考えたら危険を排除する意味では正しい行動だったのかもしれない。しかし、それを決めつけて攻撃を加え、更に証拠を挙げれない米国は今回の戦争で何の正しさを証明したのであろうか?

元を正せば、アメリカ人には悪いが、やっぱり恨みを買う行動が国を挙げてあったから、あの様な事件も起きたのではないだろうか?経済戦争しかり、かなり色々な無理難題を押しつけ、米国が一番偉いと云わんばかりの行動、横柄な態度があの様な惨い事件を生んだのではないだろうか。世間一般ではテロでタワーにぶつかった二機、そしてペンタゴンへ突っ込んでいった一機。しかし噂だと他にも沢山ハイジャックされていて、未だ行方が解らないものもあるとかないとか。変に報道規制をするので、いらぬ憶測まで生まれてくる。

今回のローマ法王の死を切っ掛けに、もう一度平和とは何か?を考える必要性があると思う。これは日本でもそうである。日本が世界に誇れる憲法9条を改正するなど言語道断である。そこまで諸外国に強調する必要性はない。もう少し日本はヨーロッパから距離を置いて、アジアに目を向け友好を築く時なのではないだろうか。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-03 23:58 | 時事関連

トップ会談中止

本日予定されていたLivedoor-堀江社長とSBI-北尾CEOのトップ会談は中止となった。Livedoor側からの申し入れだったのだが、理由はこの会談が漏れ出た事が気に入らないらしい。

しかし北尾CEOの言っている大人の解決策?と思っている人も多いのではないだろうか。テレビ等で報道されている解決策で有力と思われるのは、現在、ニッポン放送の筆頭株主のLiveddooがSBIに対して半分売ってしまう。そうすると、再びフジが筆頭株主となるのだが、三社連合で新たな会社を設立しニッポン放送の運営をしていく、とするものだ。そうすればフジの面子も保てるし、みんながニッポン放送、又はフジの中に参画出来るであろうとするものだ。確かにシャンシャンにするにはこれかな?って気もするが、結局はSBIの一人勝ち、または漁夫の利、みたいな感があって腹が立つから嫌な感じです。

しかし、面白いのが今日か昨日か忘れましたが、フジとライブドアが同時にほぼ同様の文面で声明を発表している。それは、まだ色々な形でお互いに交渉をしている、としたものであった。これってフジ側のSBIに対しての警戒心の現れなのかな?って気もするし、ライブドアにしてみれば情報を得ようとすればSBIとの経緯などの情報は入手可能と踏んだから、トップ会談も中止。そして同時に声明の発表をしたのかな?って気もする。

何れにせよ、SBIの北尾さえ引っ込めば私としては万々歳(笑)。どっちにしても泥沼化は間違いなさそうですね。いい加減な経営を行ってきたフジに合掌…。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-28 23:39 | 時事関連

SBI

なんとも腹立たしく思い、書かない様にしていたのだが、やっぱり書く事にする。

本気でむかつく、SBIの北尾CEO!!

筆頭株主に躍り出た時の会見を見ていたのだが、この日本で俺ほどM&Aを知り尽くしている人間はいない!と云った発言。堀江社長の時の方がよっぽど可愛げがある。更に俺にはかなわないばりの発言も腹立たしい。

しかしその中で最も嫌なのが、日本が変革をしよう!としている時に、SBIの登場によって世界から取り残される事だ。今までの動向は、Livedoorが行なった方法がどうであれ新しい日本を形成していく段階だったのだ。それがSBIによって邪魔されているのだ。旧式の人間が何故出しゃばろうととするのだ!?

北尾CEOがどれだけ偉いのかは知らないが、しょせんは大した人間ではない。自分がいた会社でトップをはれなかった人間が、何でも俺は知っていて、偉い人間なんだ!と言い放てる奴が偉そうな事を言うな。

月曜日にトップ会談が行なわれるみたいだが、なんとかして堀江社長には頑張って頂きたいと思う。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-27 17:12 | 時事関連

速報!!ホワイトナイト参戦!?

たった今驚きのニュースが飛び込んできた。

ソフトバンクが参戦してきた!!

細かい内容は解らないが、ニッポン放送、フジテレビ、ソフトバンクが業務提携を行い、現在ニッポン放送が保有するフジテレビ株をソフトバンクに移行させるとの事らしい。その他にも色々とあるみたいなのだが、細かいところまでは良く聞き取れなかった。ただこれによりソフトバンクがフジテレビジョンの筆頭株主に躍り出る!と大きく見出しが出ていた。これによってフジテレビ側はライブドアに対して提携はNO!!と突きつけた形になる。この提携では、フジテレビジョンの株式の貸し出しを5年と設定している。しかしこれって逆にフジテレビ側としても最も厳しい相手を仲間にしたのでは?そんな気もします。また後で色々と話が出てくるので、速報としてお伝えさせて頂きます

続報
フジテレビジョンとニッポン放送、そしてソフトバンク・インベストメントにニッポン放送が所有するフジテレビ株式14.67%を5年間という期限、2010年4月まで貸し付けるとの事。今回の提携は共同でコンテンツ・メディア・ブロードバンド分野のベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表しているが、これは完全にライブドアに対してNO!!という回答になるのだろう。。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-24 17:19 | 時事関連

愛知万博

いよいよ明日に迫った愛知万博。場所は愛知県の豊田市と瀬戸市の2会場で行われる。今回の課題は環境などの地球規模の課題の解決方法を提言とするもの。今日はその開会式が午後二時から行われている。

今日は仕事も無く、自宅でちらっとテレビを見ていたらその模様が放送されていました。その模様に楽団を編成してオーケストラらしきものも流れていたのですが、その映像を見て我が目を疑いました。そこで敷きを振っているのは、何故か元X-JapanのYoshikiなのだ。他の国からは著明なピアニストが参加していたりするのだが、日本から参加しているのは他に浜崎あゆみなど…。はぁ、一体日本は何を考えて選抜しているのだろう。悲しくなります。世界的なイベントなのに何故こんなタレント!って感じの人ばかり使うのか理解が出来ません。どうせ呼ぶなら教授(坂本龍一)などでお願いしたいものです。でも賢い人だと思うから出ることは無いと思いますが…。もし参加していたら嫌だな…。

さて、今回の課題は上記した通りなのですが、そんな事を提言しているのならこんな万博止めれば良いのに…、って思うのは私だけでしょうか?何故って無理矢理に山を削って会場を整備して、何処に行う意味があるのでしょうか。新たにリニアの建設などもしているようですが、その後はどうするのでしょう。更に交通が不便なのでしょう。いま問題になっている高速道路を造る必要があるのでしょうか。ちょっと考えただけでこれだけの疑問が浮いてきます。まあ、結局は官僚または役人たちが未だに20世紀から抜け出れない考えが存在しているからなのでしょう。

情報を得る為に色々と検索をしていたら、こんなサイト、愛知万博(愛地球博、日本国際博覧会)の失敗を静かに見守るサイト やら、あの2ちゃんねるでも私と全てではないですが、同様に考えよう!とする人たちも多いみたいですね。少し安心しました。どうも考え方が古い人間がまだ日本の上層と言われている社会には多いみたいです。少しずつでも変革をさせていかないと、本当に何処の市や県、そして国までもが借金漬けになってしまいます。まあ、既に半分は浸かっている気もしますが…。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-24 16:21 | 時事関連

高等裁判所の判決

今日の夜半、高等裁判所の結果が出た。ニッポン放送のフジテレビジョンに対しての新株予約券発行の発効を差し止めるとし、東京地裁の仮処分命令を支持するものとなった。これに対してニッポン放送は保全抗告を棄却し、新株予約券の発行中止とする事を表明し、一連の法廷闘争はライブドアの前面勝利に終わる。

先週末にライブドアがフジテレビジョンのTOBを行うかもしれない、との噂が立っていた。しかしそんなはずはない。何故ならその様な事を行えば、裁判官の心証を悪くするだけのものになるからだ。それを考えれば高裁の結果待ちをしていたのも納得出来るだろう。それに加えて、業務提携に関する会議も水面かで行われていた様ですし、全てがライブドアが計画した通りに物事は進んでいるのであろう。

ただ一つ思うのは、新株予約券の発行数がもう少し低い数であったのならどうなっていたのだろう?それは疑問である。こんな話をしていたら全てが「たらればの話」になってしまうのだが、ちょっとした興味が湧いてしまうのは、私だけではないだろう。

これからフジサンケイグループとニッポン放送はどの様な戦略を展開していくのだろう。今日の結果を受けて、ニッポン放送側が行った記者会見の中でこんな質問があった。この結果を受けてどの様な責任をとるつもりか、という質問に対して、亀淵社長は、任期ギリギリまで企業価値を高める努力をしていく、とのコメントをしている。しかしこの発言は、ニッポン放送の企業価値を高める、としたものなのだろうか。彼の発言はフジサンケイグループを指しているのでは?との疑問も浮かんでしまう。それは、先々週に話が浮上した参加のポニー・キャニオン等をフジテレビジョンに売却するとした記事があったからである。もし彼の言うことがニッポン放送を指しているのなら良いのだが、もしそうでないのなら此処までフジサンケイグループは腐っているのか!と思ってしまう。これから6月の株主総会までの動きは要注意である。

これから先の展開としては、フジテレビの株を買い付けていくのか、それとも業務提携で話を進めて行くのかは見物である。フジ側としては提携を結ぶ以外の手は無いように思う。逆にライブドア側としても資金繰りの問題もあると思うので、その方が都合が良いのでは?とも思ってしまう。しかし今日の結果から少なくともライブドアが交渉を有利に進めて行くのは間違いないだろう。何故ならフジ株のTOBをするぞ!!って脅す切り札を持っているのですからね。

今回は一つの時代を築く生みの苦しみだったのかもしれませんね。これからの企業の在り方や、今までの古い概念に対しての変革する為の痛みなのかもしれません。今回はフジサンケイグループでしたが、前にはテレビ朝日の事もありましたし、他の企業もうかうかしていると知らぬ間に買収が成立しているかもしれません。そんな時代なんですよ!って警鐘を鳴らしているのが今回の買収劇だと思います。

そうそう、今回のニッポン放送が唯一正しいかもって思ったのは、ライブドアが経営に参加して面白い番組が作れるのか!?と発言していたのは意味が深いですよね。確かにその理由を挙げてと言われると特には無いのですが、無理だろうなぁ…と思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)。まあ、私としては経済や世の中でそれは変だろう!って思ったので色々とライブドアを応援する発言はしてきましたが、別にライブドアもフジテレビも好きではありません(爆)。だからどっちに転んでも良いのですけどね。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-23 23:41 | 時事関連

アルツハイマー

昨日の新聞に眼が釘付けになった記事が掲載されていた。それはアルツハイマーの治療薬が開発されるかもしれない、としたものであった。20日付けの米科学雑誌「ネイチャー・メディシン」(電子版)に掲載された記事なのだが、その記事を読むと、

元々アルツハイマー病になってしまうのは、ベータアミロイドと呼ばれる蛋白質が脳内に沈着し、その結果として神経細胞が死滅し、脳が萎縮していくと考えられている。理化学研究所の研究チームがその原因蛋白質を分解する酵素の働きを高める性質が「ソマトスタチン」にある事を突き止めたとするものであった。(因みにこのソマトスタチンとは、成長ホルモンの分泌を抑制するホルモンの一つである。)

いやはや、本当に驚きである。つい最近までアルツハイマーは治らないものである、と思っていたのだが。これによってソマトスタチンの受容体に働く薬剤が開発されれば、飛躍的にアルツハイマー病は減少していくのではないだろうか。人間の知力とは本当に大したものだ。私ももう少し有効に活用したいものである。アルツハイマーでも無いのに、最近物忘れが激しい自分が嫌になってしまう(苦笑)。こうなったらビタミンCとEを頑張って摂取するか…。因みに今までのデータとしてビタミンCとEをよく摂取する人間は、アルツハイマー病にかかる率が6割も減少するとされている。更に付け加えればポリフェノールなどもやはり有効との事。でも過剰摂取は別の病気を引き起こすので適度に摂取しましょう(^^;

明日、というか今日は最終審判の日であります。無事を祈って…(-人-)
おやすみなさませ。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-22 00:50 | 時事関連