徒然なるままに

カテゴリ:時事関連( 67 )

76人

昨日起きた兵庫県尼崎市のJR福地山線での脱線事故。時速100kmを越えるスピードで時速70km制限のカーブに侵入して脱線し、線路脇のマンションに衝突した。その為に今夜の段階で76人の死亡と200人以上の負傷者が出ているそうだ。

本当に酷い事故となってしましましたね。今回の列車事故はJRになってからの過去最大の事故だそうです。未だに電車内に取り残されている人達も居るそうですね。まだまだ夜を徹しての作業は続きそうです。亡くなられた方のご冥福を心からお祈り致します。

しかし、昔に比べて事故や故障が多いと思うのは私だけなのでしょうか。この尼崎市のニュースが飛び込んでくる前に、私は地元で人身事故の為に電車がかなり遅延していましたよ。仕事場にJRの運転手が来るのですが、話をしたらそれは自殺だったみたいですね。そして今朝も急病人の為にちょっと遅延。まあ、先の二つは特にJRのミスって訳ではないので、仕方のない事か。しかし、信号機故障や車両故障は違いますよね。週に一度はどっちかを聞いている気がします。

すみません、たったいま電話連絡があり、この事故で友を亡くしました。本当は色々と書きたい事が頭の中にあったのですが。今日これ以上は書く気にならないので止めます。中途半端になってしまい申し訳ありません。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-26 11:54 | 時事関連

米国からの援護射撃

23日付けの米紙ワシントン・ポスト紙でこんな社説があった。その内容と云うのが、現在の日中関係悪化についての記載であった。その社説で、両国の関係悪化の危機の原因をもたらしたのはほとんどすべて中国政府と強調、ナショナリズムを利用し日本を脅していると中国の胡錦濤国家主席らの姿勢を厳しく批判した。

ワシントン・ポスト紙は中国政府は教科書問題を誇張して取り上げ、デモの参加者が日本大使館やレストランなどを襲うことを許し、また示唆したと指摘している。この狙いとして、日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りへの公正な意図を阻む事と、中国共産党による一党支配の維持にあると分析。

いやいや、思わぬ所から日本は援護射撃をして頂きましたね。まあ、素直には喜べないのもあるのですが。しかし少しでもこうやって応援をして頂ける事には感謝ですね。まあ米国としては日本が常任理事国入りすれば、自分の所の票が増えるからなのでしょうけど。しかし、この社説の最後にはこんな記載もあった。

中国の反日運動が与える影響に関し、香港や台湾、日本を「いじめる」ことは「大国」への道ではなく、逆に「アジア諸国と米国を団結させ、中国封じ込めにつながる」と予測。

う~ん、これはどうなんでしょう。要は米国に協力をする国は我が子も一緒。いじめる奴は米国が成敗するって事なのでしょうか。でも確かに最近の中国は危険なのかもしれませんね。もうそろそろ一党支配の時代が崩れ始めている証拠なのかもしれません。

天安門事件以来、中国国内でも不満が相当に溜まっている様子。今回の反日行動はやっぱり中国政府から目を逸らさせる為に行ったのかもしれませんね。大体、あの反日デモを抑える事の出来ない国が常任理事国なのですから、これは正直にたまったものではありませんね。それに自分の所と意見が違うから攻撃をするって、なんら中国は昔から進歩をしていない国なのかもしれないです。

最後に一言、

このまま反日デモが続き中国政府が直ぐに治められないようなら、北京オリンピックはボイコットしましょう!!
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-24 23:49 | 時事関連

逮捕

昨年12月に起きたさいたま市の大型量販店「ドン・キホーテ浦和花月店」が放火され、その際にアルバイトを含む従業員3人が焼死した事件で、埼玉県警は同店に放火をし、更に「ドン・キホーテ大宮大和田店」でも衣料品に火を放った容疑として、同市中央区大戸、無職、渡辺ノリ子被告(47)(現住建造物放火未遂罪などで公判中)を現住建造物放火容疑などで再逮捕した。渡辺容疑者は容疑について認めており、県警では合同捜査本部を置き、この放火事件の動機や着火方法などについて解明を進める。

いやいや、この事件が本当に解決するまでには、まだ少しかかりそうですが、何にせよ犯人が捕まった事は喜ばしい事ですね。しかし、この事件は解決までに随分と時間が掛かりましたね。まあ、確定的にするために証拠固めをしていたのでしょうけど。しかし、この渡辺容疑者が何故放火をやったのか?その理由にはかなり興味があります。

私はドン・キホーテが大嫌い。多分ですが、多くの人がこの会社の在り方には問題があると思っている。会社社長の馬鹿さ加減が頭にきます。本当にこれが二部上場している会社なのでしょうか。騒音問題・排ガス問題・交通問題・安眠妨害・ゴミ問題。これだけの内容を近隣住民から訴えられているのにも関わらず、殆どが対処されていないようです。

中でも一番驚かせてもらったのが、営業時間の問題ですね。元々この会社は深夜帯に営業を希望しているようですが、まずそれ自体が頭のおかしい考えと云わざる得ないですね。そして店を営業する際に役所に営業時間を届けでるのですが、その記載には12時とあるのですが、当初は大人しく12時営業だったらしいのですが、1週間ほどしてあっと云う間に3時営業となったそうです。これを厳しく批判をすると、、

「深夜12時に終わって深夜12時から始めている」

といった言い回しで行政からの指導を回避してるらしいです。本当に子供の言い訳です。確かに大店法の指導の中に一日の最も遅い営業時間を24時とするした判断があり、さらにその中で最も早い営業時間を0時とする判断もあります。こうすると24時間営業が可能です。しかし最初に店舗をオープンさせた際に決めた事は一体どうなるのでしょう。

ネットで色々見ていても正直にうんざりする程に、ドン・キホーテ問題は取り上げられています。これが本当に上場二部の会社なのでしょうか。あの社長のしたり顔にも腹が立ちます。正直に云って、今回の放火事件でドン・キホーテ自体には、

「ざまあみろ!!」

と、云った心境です。但し、亡くなられたアルバイト店員の方たちにはご冥福を祈るばかりです。事件が起きた際に涙をして社長が記者会見を行っていましたが、私からしてみると、

「あぁ、一生懸命に演技しているよね…。演技、演技だよ。」

そう感じた方も多かったのではないでしょうか。今回の放火事件なんて本当は起きてはいけない事です。それでも心中としては、やられても仕方のない会社だと思ってしまいます。それに他にも放火起きないかな、って期待も少ししてしまいました。こんな事を思ってはいけない事なのですがね。

最後に一言、

ドンキ社長は今回の事件が起きた背景を真剣に考え、住民の意見を真摯に受け止める必要があり、常識とは何かを考えろ。

そして株主も投資しても恥じない会社に投資しろ。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-23 22:24 | 時事関連

お前ら馬鹿だろ!?

アジア・アフリカ会議(AA会議)にて、小泉首相が演説を行った。この会議には、中国の胡錦濤国家主席ら約50カ国が参加。ほとんど国際会議に出席しない北朝鮮のナンバー2、金永南最高人民会議常任委員長も出席するとの事。 小泉首相の演説内容と云うのが、過去の植民地支配と侵略によって損害や苦痛を与えたアジア諸国などに対して、「痛切な反省と心からのお詫び」を表明した。

内容としては、過去の植民地支配などを謝罪した1995年の村山富市首相(当時)の終戦記念日の談話を引用し、「歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切なる反省と心からのおわびの気持ちを常に刻む」と訴えた。政府開発援助(ODA)の拡充に努める方針も伝えた。更には、 軍事大国にならないとの決意も示した。これは反日デモが高まる中国や韓国に対して配慮をしたものとみられる。

日本人も少しは悪いと思っていると、他国も気付いてくれる切っ掛けになってくれ事を願います。60年以上経ってやっと国際的な場に於いて謝罪が出来ましたね日本は。本当はもっと早くにきちんとした形で謝罪をしているべき事なのですがね。それでも、やっと少し前進が出来たと喜べるのではないでしょうか。後で他国が賠償請求などをしてこなければ良いのですけどね。

日本人に対して、他国の人の感情が少しは落ち着くかな?って期待しました。この次の記事をみるまでは…。その内容とは、

「80人国会議員が靖国参拝」

これは超党派で結成された「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー80人が、今朝、靖国神社の春季例大祭に会わせて参拝したとのこと。自民党からは綿貫前衆院議長、古賀誠元幹事長を含む78人、民主党から原口衆院ら2人の計80人。この他に代理人として88人が参加。合計人数は168人となった。現職閣僚は参加しなかったがその側近は参拝をする。

この参拝に対して、この会の藤井副会長は、

「参拝は国民として自然な姿であり、残念。われわれは二度と戦争を起こしてはならない、近隣諸国と友好を深め平和を構築していこうという純粋な気持ちで参拝している」

「先人の御霊(みたま)を参拝することは、自然な姿だ。靖国神社参拝を政治的に結びつけること自体が友好関係をわい曲化している」


と強調して説明。それに加えて、首相の靖国参拝を近隣諸国に理解いただけないのは非常に残念であり、年内に小泉首相にも絶対に参拝して頂きたいと力説したとの事。

いやいや、正直この反日感情が高まっている最中に、こんな事をするとは思いませんでした。

お前ら馬鹿だろ!?

今回の反日デモの原因の一つに、小泉首相の靖国神社参拝があるだろう。それを刺激する様な真似しやがって。こちらの理念や気持ちが今までの関係で伝わると思っているのか!?あくまでも相手の立場で物事を考えて頂きたい。私だって日本人だから、参拝する気持ちとかは解る。でも国を代表する人たちが参拝を行う事はやっぱり間違っている。先ずはきっちりと過去の過ちに関して誤るのが先決でしょう。それを認めてもらった上で、今度は参拝に対する交渉をするのが筋ではないだろうか。国を代表する人物が相手国の気持ちを踏みにじる訳にはいかないでしょう。

今回はアジア諸国と本当の意味で仲直りの切っ掛けになる筈だった。それを馬鹿な会の人たちのせいで踏みにじられた。幾ら国際的な会議の場で謝罪をしても、国内でこんな行動をしていれば、日本は何処の国からも信頼されなくなってしまう。もっと各国が仲良くなれる世界になってほしいと願いう。特に日本人は人種的差別や偏見が多く残っていると思う。もっと自然に、そして国境と云う枠を越えて、一人の人間同士として付き合っていければと思う。

最後に一言、

相手国の心情をもっと考えろ、馬鹿な会のアホな議員さん
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-22 19:00 | 時事関連

265代目

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の死去を受けて265代目の新法王を決める秘密選挙会議「コンクラーベ」が世界52カ国から115人が法王庁(バチカン)にあるシスティーナ礼拝堂に会し、後継者を選ぶ作業が始まる。

大変な作業が始まりましたね。カトリック教会のカリスマ的存在だった前法王の後継者を選ぶのですから。時期法王も前法王に劣らず、立派な平和主義者であって欲しいと願うばかりです。

驚いたのは、教会組織内部では、前法王に対しての批判もあったそうです。例えば、各国でAIDS問題が騒がれている中で、国連が感染防止の柱としていた避妊具の使用を反対する方針を打ち出したり。宗教上の観点からいえばそうですし、立派な殉教者だったのでしょう。でもやっぱり常識を持って対応してもらいたいと思うのも事実。なかなか難しいですね。

この新法王の選出にあたって、前法王の様にすそ野の拡大を目指す方針をとるのか、それとも教会内部の改革に取り込む人物を選出されるのかが難題である。この選択によってこれからのカトリック教会の未来も決まってくるのですからね。

私としては、ちゃんと平和を唱えてくれて、人の心の痛みをしっかりと理解できる人物が選出される事を祈ります。前法王の功績に負けず劣らず、平和とは何なのかを伝えてほしい。

最後に一言、

コンクラーベって根比べの語源?

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-19 23:49 | 時事関連

69日間

69日間、この日数はライブドアがニッポン放送株の買い占めを始めてから、今日の集結宣言がなされるまでの日数である。今日の夕方5時半から都内ホテルにて共同記者会見が行われた。この記者会見には渦中の3社のトップ4人、ライブドアの堀江社長、フジテレビの日枝会長、村上光一社長、そしてニッポン放送の亀渕昭信社長が初めて顔をそろえた。最終的な合意は、資本・業務提携という形で「和解」に達した。

長いようで短かったこの2ヶ月余り。漸く落ち着きを取り戻そうとしていますね。今回の騒動は日本の経済発展の為には、大変に良い教訓となったのではないだろうか。記者会見でこんな事を日枝会長は尋ねられていた。

記者: 「あいさつもなしに土足で踏み込んできた人に追い銭をあげたという見方もある」

会長: 「そういう感情がなかったとは言えない」

記者: 「買い取り価格がTOB(株式の公開買い付け)価格を上回ったことについては?」

会長: 「法的には問題はないが、内心じくじたる思いがある」

最後の最後までこんな調子でしたね。最後にやっぱり写真を撮っていたのですが、日枝会長と村上社長の顔はイライラというか、苦虫を噛み潰した顔をしていました。よほど悔しい思いがあるのでしょう。でも過去に自分たちが行った事を考えれば、これで済んだのなら良いのではないでしょうか。鹿内氏は経営陣の立場を追われたのですから。でも日枝会長は今回の責任をとって辞任はしないのでしょうか。それはそれでちょっとした疑問が残ります。

ニッポン放送の亀渕社長はフジサンケイグループに残れた事を率直に喜んでいましたね。だって「合格点は取れた」と発言しているぐらいなのですから。しかし、本来なら彼も今回の責任を担って辞職しないのですかね。まあ、お人形さん的な役割だったのかもしれませんね。

対照的にライブドアの堀江社長の表情は明るかったですね。結果的に彼の望んだ事は出来るのですからね。

「フジテレビとの資本提携と業務提携という目的通りの発表ができてうれしく思う。今回は日本でも先進的なことをいろいろやって学んだことは非常に多い。(調達した資金は)別のM&A(企業の合併・買収)に充てていくことも考えていきたい」

と述べておりましたね。そりゃそうですよね。業務提携が結べて、更にはフジテレビから資本提携として出資金440億円を手に入れる事になったのですからね。これも想定範囲内だったと言い切るホリエモンは大したものだと思います。あくまでも本心ならって事ですが。

しかし、堀江社長はこれからの展開がまた一つの勝負となるのでしょうね。当初はニッポン放送だけでも構わないとまで発言をしていたのに、最終的にこのような結果になったのですから。結局はお金が目的だったのでは?と云われない為にも、面白いコンテンツの提供がこれからのライブドアの評価につながっていくのではないでしょうか。

今回は両者痛み分けの様な気もします。フジ側は当初の予定より770億円と云う巨額の必要性の無かった支出があったし、ライブドアにしてみては、最低限の合格ラインとしたものではないだろうか。今回の勝ち組って腹が立つけど、Lehman Brothers、SBI、そして村上ファンドなのでしょうね。

最後に一言、

ハゲタカ、ハゲチビ会社の脂男、濡れたは虫類の丸儲け、むかつく。

※↑各々は誰を指しているのでしょうか?

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-18 23:41 | 時事関連

続・反日デモ

16日、中国の上海市と天津市で反日デモが相次いで起こる。上海で行われたデモは最終的に数万人規模に達したとの事。そして、またもや一部が暴徒化し日本総領事館に投石を行ったり、日本料理店や小売店の数十店を破壊したそうだ。更に今回の上海市で行われたデモでは、邦人2人が怪我をした。

一体何時までこのデモは続くのでしょうかね。正直に気持ちをはっきり云わせて頂きます。今回、反日デモに参加した中国人は、

バカ以外の何者でもない!

確かに日本にも問題はあるのだろう。尖閣諸島、歴史的問題、小泉首相の靖国参拝。だからといって破壊行動をして良いものだろうか。関係の無い人たちを巻き込んで、怪我までさせて良いものなのだろうか。

先ずは自分達の国を見てみなさい。どうやって中国は今の水準まで復興したのですか。何処の国から協力を受けてきたのですか。それをきっちりと考えて頂きたいものである。大体、

愛国無罪

なんだそれ!!国を愛していれば、何をしても良いのですか。そうやって主張するのは、自分たちの行動は犯罪行為をしているとした認識があるからいちいち叫ばなければならないのだ。

そんなに日本が嫌いなら日本製品は何も買うな。日本企業で働くな。日本と貿易もするな。日本人を追い出してしまえ。それぐらいやってみろ。前にテレビで面白い事をやっていたなぁ。反日デモに参加した人が、日系スーパーの大安売りに買い物していました

まあ、本当に上記した様な事が起きた時点で、在日の中国人も同様に危険にさらされるのでしょうけどね。横浜や神戸に中華街なんてものもあるしね。右翼団体はここぞとばかりに中国や華僑などを一気に叩くでしょうね。

何故にお互いの痛みを理解出来ないのでしょうかね。第二次世界大戦から既に60年以上が経過しています。ドイツなども敗戦国ですが、ヨーロッパでもめていますか?決してそんな事はないですよね。ドイツは早々ときちんとした謝罪をして、それを認めて貰えたからでしょう。しかし、日本は未だにきちんとした謝罪すらしていないのかもしれない。もし謝罪をしていても、それは上辺だけと受け取られているのかもしれない。アホな政治家がいるために。間違いなく色々と復興していく中国を助けたのは日本人の力は大きいと思う。でもそれが、スタートの段階で躓いているので、中国国民には伝わらない。そういう意味では日本はお間抜けなんですよね。

最後に一言、

日本も中国も目くそ鼻くその争い
お互いの行動をしっかり見つめ直しましょう

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-17 20:00 | 時事関連

和解交渉

今日の日経新聞に、フジサンケイグループとライブドアが和解案で交渉に入ったと伝えた。この内容として、

フジがニッポン放送株の買い取りやライブドアの出資などを含めて、合計で1,600億円~2,000億円の資金負担を軸にして調整していると伝えた。

双方の主張にはまだ大きな隔たりがあるため、まだまだ具体的に金額と和解条件に対して両者で内容を煮詰めているといった段階らしい。フジ側としては影響を排除したい考えがあり、ライブドアとしては利益確保を優先するとしているらしい。

ライブドアとしては元々の大義名分として「事業提携」つまりコンテンツの活用などを、そしてニッポン放送株への投資に対しての利益を上げる、加えて資金調達。この3点が揃えば、ニッポン放送株を保有し続ける事には固執しないとする姿勢を打ち出している。

対してフジテレビジョンは、ニッポン放送の子会社化、つまり現在ライブドアが保有するニッポン放送株の全て引き取る事。その為には追加投資には応じる姿勢も明確にした。但し、ライブドアが要求している価格が、フジが同放送にTOBをかけた買い付け金額を上回るので、TOBに応じた株主に対して公平差が出てしまう。その為、この不公平差を取り除く論理を構築するために、ライブドア・パートナーズ(ニッポン放送株の中核保有主体)を会社ごと買う方法も検討しているとの事。

この先はどんな駆け引きが待っているのでしょうね。SBIが入って来た事で一気に冷めてしまったのですが、やっぱり経過だけは追う事にしました。私の考えとしては、せっかくの国内黒船が誕生したのだから、とことんやり抜いて頂きたいものです。ですから最大の希望として、

和解交渉決裂!!


これしかないでしょう。交渉が決裂すれば、この攻防戦は長期化する恐れがある。しかしそうなってしまえば、ライブドアとしてはフジ本体の買収に乗り出すでしょう。その手始めとして、当然ニッポン放送の経営陣の一新をして、現経営陣が結んだSBIと大和SMBCと結んだフジ株の貸株契約を破棄してしまう。そしてフジの発効済み株式22%に当たる議決権をニッポン放送の手元に戻し、それからフジ本体の株買収に着手する、といった感じでしょう。

これに対してフジはニッポン放送の有力子会社を全て売却し、更なる焦土作戦を進める。これによってニッポン放送やライブドアの株価が下がれば、ライブドアの資金調達力は苦しくなる。同時に東宝を筆頭に大株主や主要取引先企業に対して、フジ株の持ち合いや買い増しの強化をお願いする。これによって安定株主を増やし、TOBに動じないものとしたい考え。

まあ、どっちの資金力が上回るかでこの先の展開は変わるのでしょう。ただ勝敗がどっちに転んでも痛手をおうのでしょうけどね。だからとことん両者は対決姿勢を打ち出して、更に突き進んで行って頂きたいものである。それに加えて、SBIは邪魔をしないように。

最後に一言、

本当に未来を変えたい人に栄光があってほしい
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-14 20:40 | 時事関連

東シナ海ガス田開発

今日も中国関連のニュースです。

本日13日、日本政府は、現在中国が進めている東シナ海の天然ガス田「春暁」などの開発問題に絡んで、日本が主張する日中中間線付近のガス田を試掘する権利を民間の開発業者に付与する手続きを開始したと報じた。

いやいや、本当に色々な問題が起きていますね。しかしこれも大変ですよね。先日も記載しましたが、何故こんなにもめなくてはならないのでしょうか。まあ、中国で大規模な反日デモが続いている時期だけに、日中関係にかなりの影響は与えるのは間違いないのでしょうね。

しかし、ここ最近の中国の行動は酷いのではないか。このガス田開発問題では、日本政府は再三にわたりガス田開発中止とデータ提供をする様に求めているのだが、それに対して応じる気配がない。大体このガス田、地層(鉱脈)が日中境界線の日本側につながっているそうじゃないか。採掘が始まってしまえばこれって地下から侵入して泥棒しているのと同様の事ではないか。

そしてつい最近では、何故日本の九州海域に中国の潜水艦が侵入してくるのだ。中国はまた日本に喧嘩、っていうか戦争をしかるつもりで下調べを進めているのですか。色々と理由を付けてうやむやにしようとしているみたいだが、いい加減にしてもらいたいものだ。

確かに現在は色々な対日感情が渦巻いているのは確かなのだが、今回に関して云えば日本の主権の問題である。これに対して中国は即刻に政府としての意見を提出して頂きたいものだ。本当にこのまま自体が解決出来ないようになるなら、また国交は閉ざされてしまいかねない。

何年か前に「ワイルド・スワン」って本が流行りましたよね。あれって本当に中国人の国民性なのでしょうかね。もしそうなら非常に心が寂しい人種なのだとも思います。まあ、日本人も大した事は云えないのですけどね。

最後に一言、

悪い歴史を繰り返してはならない。
お互いに優しさを持って接するべきである。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-13 23:39 | 時事関連

中国反日デモ

中国各地で9,10日と二日に渡って反日デモが行われた。これは日本が常任理事国入りを反対する動きに加え、教科書問題に対しての抗議デモと思われる。このデモ隊の一部が暴徒化し、北京にある日本大使館に投石をしたり、日系企業の看板や店舗の破壊するなどの動きもみられた。この動きに対して温首相は会見で

「中日関係の核心的問題は日本が正確に歴史に対処することだ。前世紀に日本はあの侵略戦争を引き起こし、中国、アジア、世界人民に巨大な苦難を与えた」

「最近、日本の隣国や中国で日本の常任理事国入りの画策に対するデモ活動が巻き起こった。アジア人民のこうした強烈な反応について、日本当局は深刻に反省すべきだ」


と述べて日本の歴史認識問題を理由に理解を示すコメントを発表をした。

いやいや、酷い事件ですね。テレビでも色々と放映されていましたが、デモが起きるのは仕方がない事としても、大使館に投石するなどもってのほかである。更には中国警察の動き、まあきっと国が警察の動きを止めたのでしょうね。投石をしている人間に対して何もしない。普通に考えればありえない話である。

このデモに対しては色々な憶測もある。今回のデモは国が主導していたのでは!?との意見もある。確かに今回の動きを見ていると、プラカードやビラなどはちゃんとした印刷物で大量に用意をされていたし、更には食料や水までもが用意されていた。加えて上記した通りに警察が一切動いていない。何もかもが用意され、何をしてもおとがめ無しの状態。逮捕者も見られない。十年程前に天安門事件を起こした国が、何も出来ない訳がない。やっぱり疑って考えてしまう。

しかし、日本にも問題はあると思う。正直に云えば、常任理事国入りはどうでもよいのだが、教科書問題に関しては、日本人は少し考える必要性はあると思う。それなりに正しい歴史を学ぶ事で、何が悪い事なのかをちゃんと考えれる人間を育てるのも一つだと思う。事実を全て伝える必要があるのかどうかは別にして、嘘の記載だけは避けなければならないと思う。

他の問題点としては、やっぱり小泉首相の靖国参拝であろう。やはり他国(蹂躙された国々)が歴史的な背景から参拝を止めてほしいと云っているのだから、止めれば良いのだ。それを個人的に行っているのだから問題が無い、などと言っても仕方がないのだ。小泉首相は現段階で日本の代表者なのだから。あえてそこで波風を立てる必要性はないはずだ。

今回の事件は色々な味方は出来ると思う。中国が言っている事は内政干渉でもあるし、歴史的背景を盾に文句を言うのもおかしな事である。正直に云えば戦争だったのだから。勝てば官軍なのだとも思ってしまう。大体にして歴史上、戦争は繰り返されているのである。その際に何処の国か賠償してきていますか?日本だって原爆を落とされました。でも賠償って叫んでいますか?

それに日本は色々な形で復興にも協力をして来ているし、何度か誤りもしている。賠償も幾つか成立しているはずだ。それを自国で問題が起きるたびに、その話を蒸し返す。一体、日本は何時まで誤って、何時まで賠償請求をされ続けなければならないのか。

大体にしてODAを受けている国が、何故あれほどの軍備を保有する余裕が何処にあるのか!?これもおかしな話である。軍備を揃える前に、人民に仕事や食べ物を与えて下さい。そしてODAが無くなってから、自分達の力で軍事力を付けて頂きたいものだ。

最後に一言、

どっちもどっち、お互いに襟を正しましょう

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-12 23:41 | 時事関連