徒然なるままに

カテゴリ:日常( 93 )

エステ初体験

昨日はお仕事がとってもお暇だったんです。
ですから、ゆったりまったりとした仕事場でした。

んで、私の職場にはエステもあるんですね。
でも女性専用の施設なので、男性は基本的にNGなんです。
でもたまたま昨日に、エステの店長とお昼が一緒。
ダメもとで尋ねちゃいました。


一度だけでも体験してみたいのですけど…。


って(笑)。
そしたら店長さんがですね、


じゃあ、フェイシャルやってみる?


ですって、キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !
本当に初体験なので、どのぐらいの変化があるのか。
それとも何も大して変わらないのか?
すごくどきどきしてしまいました。


体験させてもらったのはフェイシャルエステってやつ。
時間にして約30分間のコースでした。

んで、仰向けになって寝ていると
店長が入ってきて、もそもそと私の顔を触り始めました。
機会ではなく、全て手で行うのですね~。
凄く気持ちよくてうとうとしてしまいました(^^;

専用のジェルでクレンジングして、
なんか顔に蒸気を当てながらやっていました。
んで、指先でこしこしと洗顔&マッサージ。
ヒアルロン酸の液がジェルをつけられて、
そしてパックをしてもらう。
最後に蒸しタオルを当てられて、
何か専用のクリームぬられました。

んで、終わって鏡を見たのですが、
正直に驚きました。

皮膚のくすみが消えたというか、
肌自体に凄い透明感があるんですよね。
今まで気にした事がなかったのですが、
目のたるみや、顎周囲のたるみなど。
これもびしっとしまっているんです。

今日が二日目になるのですが、
未だにしっとりとした、
それでいて、油ギッシュじゃない肌感覚ですし、
顔自体が凄くしまった感じがあります。


女性は本当に気持ちの良いものをしてもらってる。
あれだけ丁寧に触ってもらえるのだから、
綺麗に成らなきゃ嘘ですよね。

マッサージとは違った意味で気持ち良かったです。
なんかとってもリラックスしました。

最近ではメンズエステなるものをできてきましたよね。
うん、なんとなく流行る理由も分かる気がします。
こんな叔父さんでも気持ちいいって思えるのですから。
これほど実感するとは正直に思っていませんでした(^^;
もちろん初めてやったから余計に変化を感じるのでしょう。

続けたら一体どうなるのだろう?
ちょっと続けてみたくなりました、はい(´・ω・`)

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2007-02-08 19:43 | 日常

念頭のご挨拶

あ、どうも。
またまた放置プレイをしてしまいました(汗)。

昨日の日曜日は早起きをして伊勢神宮参拝してきました。
今年最初の初詣です。
はい既に3週目に入っていますけどね。

その際にこんな挨拶状をある方から頂きました。
非常に素敵で、また考えさせられる文章でしたので、
此処に記載させていただきたいと思います。

=======================

念頭のご挨拶

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。
念頭にあたり、新たな抱負を胸に膨らませておられる方も多いことと存じます。本年は二黒星中宮丁亥年(じこくどせいちゅうぐうひのとし)です。この年は大地に支えられた安定と潤いのもたらされる年だといえます。

ただ「夢」と「ビジョン」のないところには安定ももたらされません。仏教的に言えば『願』を持つということです。

お釈迦様は、「よき環境に住まうがよい、常に功徳を積まんと思うがよい。また、自から正しき誓願を立てるがよい。これが人間の最上の幸福である。」と示して見えます。

私たちの一般的な幸福感の捉え方は、自分が他人と比べてみて優越感を持ったとき幸せと思い、劣等感を覚えたときに不幸と決め付けてはいないでしょうか。

小さな過程のいざこざも、政府の対立も経済の争いも、国と国、民族と民族の対立も、他の都に比較、つきつめれば自分の側の欲望中心の思いが根本問題だということです。苦しみ、悩み、不幸の原因は外にあると錯覚している方々が多いと思います。

日々、テレビのニュースで寒気を覚えるような事件や犯罪が映し出されます。また「地球に優しい」とか「思いやりが大事」といいます。しかし、どれだけの人が自分のこととして受け止めているのでしょうか?

たとえば、石油を今以上に消費し続けていけば将来がどうなるのか!その行き着く先は誰の目にもあきらかです。そのとき個人として車をできるだけ使わないようにするという事を果たして何人の人が実行できるのでしょうか。

事件・犯罪にしても、今では対岸の火事のようなもので、見せ物としてテレビ画面を見てはいないでしょうか。世の中すべてがワイドショーになっていないでしょうか。

天台の教えの中に、
「汝、外に尋ぬることなかれ、ただ内に一を守れ」
があります。

私たちの心は、人と比べて、あるいは他人の目を気にして右往左往していないでしょうか?大切なことは、自分はどうかということです。自分の『願』は何か、こころが定まり安定し、目標に向かって自分でとるべきことをどのようになせばいいかを新年にあたって、今一度確認していただきたいと思います。

皆様それぞれの最善最良の年となりますように。
どうぞ本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

平成19年1月吉日

=======================

大事なことだけれど意外とこういった考えって忘れていませんか?
私は別に宗教家ではありません。
それでもこういった言葉を織り交ぜた文章を読むと、
やっぱり立派な考えが多いと思うのも事実です。

長い文章を読まれた皆様はどう思われましたか?
私は単純に先ずは小さいことからコツコツとでした(笑)。


[PR]
by Sparky_ellensburg | 2007-01-23 02:56 | 日常

日曜日&月曜日

え~、以前にも記載しましたが、日曜日も出勤しています。
それでも2時には終了するので、午後は比較的にのんびり…
する予定だったのですが、患者さんに無理矢理に拉致される。
場所はパチンコ屋…。付き合いだから¥3,000.-だけ。
そう決めてスロットに向かう。¥2,000.-突っ込む。
なんかかかった…。連チャンして3000枚突破しました。

すると携帯にメール着信。相手は実の姉様からのメール。
見ると、

「部屋の片付けをしていたら、また腰をやってしまいました。
( ̄□ ̄ どうにか氷を持ってきて冷やしてるけど、
動けない…」

ってな事で急遽パチスロを切り上げて自宅へ帰宅。
動けないって事なので、母親に姉の晩飯を作ってもらう。
そして私はその晩飯と施療道具を持って、
離れて暮らしている姉宅まで原チャリを飛ばす。

部屋に付くと確かに片付けが必要な部屋だ…。
プラスチック製のボックスを持ち上げた際に痛めたとの事。
バランスを確認をするとめちゃくちゃ狂っている…。
でもやったばかりだしなぁ…と躊躇いながら調整をする。
取り敢えず前屈、回旋、側屈は改善する。
後屈は多少の改善は見られたが、やっぱりダメ。

姉に取り敢えず部屋を触らずに、シャワーだけ浴びさせる。
その後に姉を半けつ状態にさせてサラシを巻き付ける。
そしてコルセットを手渡して帰宅路に付く。

帰宅最中にせっかくパチスロで買ったのだから何かしたい。
そうだ、桜木町の万葉倶楽部に行ってみたいぞ。
よし、佐藤先生に電話だ!!
あ、因みに佐藤先生とは、私が高校一年生の頃に英語を教えて下さった先生です。
現在もプライベートなお付き合いをさせて頂いている先生なのです!

S :「あ~、もしもしSparkyです。」
佐:「どうした?」
S :「いま暇っすか?」
佐:「いま両国にいるけど、もう少しで戻るよ。で何かある?」
S :「いや~、スロットで買ったんで、日頃からお世話になっている先生と温泉にでも行こうかなって思って(笑)。万葉倶楽部にでもどうですか?あ、もちろん俺が出しますよ。」
佐:「マ(゜Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!?じゃあ、今から急いで戻るよ。」
S :「どれぐらいで到着ですかね?」
佐:「いま九時だから、十時には着くかな。」
S :「あ、そうですか。それなら待っています。」

って遣り取りがあったのだが、両国から横浜の先まで一時間?
それって早過ぎやしないですか、先生?

そんなこんなでお向かいに来て頂く。

そして万葉倶楽部に到着。
私は桜木町は初めてだったので、ちょっとドキドキ。
いや~、中に入って驚きました。
素晴らしい施設ですね~。
なんといっても屋上階にある足湯が最高です。
目の前には素敵な夜景が広がっていました。
ベイブリッジなどもさることながら、
なんといっても観覧車の大きさに驚きました。

足湯に浸かりながら30分ほど話し込む。
そしていざ大浴場へ。
これがまた色々あるもので…。
サウナだけで三カ所…。並びには一緒にあかすりコーナーまで。
更には露天風呂もあり、其処には円形の檜風呂が。
そこから見る景色がまた綺麗でした。

佐藤先生はまだゆっくりと浸かっていると言われたので、
私は風呂は一時間で切り上げて指圧・マッサージへ。
予約受付に行って
「免許持ちでお願いします。」

って受付のお姉ちゃんに伝える。
「はい、大丈夫ですよ♡」

へ~、いるんだ!?って内心ちょっと驚きました。
ん?壁のポスターを見ると全員国家資格者と記載されている。
安心して向かっていざ受けてみると…


あんた本当に免許持っているの!?


って言いたくなりました…。
何故に高い金を払ってまで、
下手くそなマッサージを受けなければならないんだ…(苦笑)。
これはある種の拷問に近いぞ…。

いま考えれば最初からあの叔父さんはおかしかったんだ…。
マ:「今日は何処が辛いですか?」
S :「えっと、胸腰移行部の辺りが一番辛いです。」
マ:「えっ?んっ?えっとどちらがお辛いですか?」
S :「だから胸腰移行部の辺りが…。」
マ:「…・・・」
S :「ですからこの辺りが!!(指さしする)」
マ:「あ~、背部ですね!?」

ってか胸腰移行部ぐらい判ってくれ…。

指圧開始。
やばい、こいつ指が跳ねるマッサージをしてやがる。
しかも超ペースが速いから全然ゆったりできん…。

S :「あの~、もう少しゆっくりじっくりお願いします。」
マ:「あ、はい!わかりました!!ゆっくりじっくりですね?」

全然ペースが変わらねぇ…。

S :「あの~、もう少し強めにお願い出来ますか。」
マ:「あ、はい!強めにですね!!」

おいおい、指圧からなんで肘に変えているんだよ…。
しかも背骨棘突起にあたっているし。

S :「すみません、背骨に当たって痛いんですけど…。」
マ:「えっ?あっ?…。」

こいつ流しやがった…。しかも右側止めて左に移動しやがった。
しかもまた指圧に弱い指圧にかえやがったな…。
でも変な揉み返しが出ないなら仕方ないか…。

おっ、腕は気持ち良いかな。
やっとのんびり出来そうだ。
ん?おっ?指までやってくれるんだ?

えっ!?おいおい!!指は触るだけなのかよ!!!
って、おい!!パチンってポーズいらないから!!!
しっかり指先までマッサージしろよ!!!!!!!!!

下半身へ移動
大腿部は鈍いとはいえ、内もも近くを母指で体重からたら痛いでしょ…。
それにあんた中途半端だからくすぐったいし!!
下腿は敏感なんだからそんな強くやったら壊れるよ!!!!

頚部へ移動
マ:「どうしたんですか!?クビは以上に張っていますね!!」

既に答える気力もなくなりました。
黙っていると…このマッサージ師?
ギューッ!!!って思いっきりやりやがった…。
これだけ張っていたら先ずは軽くほぐしてからだろ!!

万葉倶楽部さん…、
これで国家資格者のみって言われても…、
誰も信じられませんよ!!!!!

次回は指圧コーナーはやめだ…。
若しくはフロントにこないだの人はダメだからと伝えよう。

ってな感じでマッサージ後に佐藤先生と落ち合う。
そしてまた足湯を求めて屋上へ。
30分ほど話し込んだあと退店する。

佐:「Sparky、腹減らない?」
あ:「少し減ってきましたね。」
佐:「じゃあ、市場食堂に行くか?」
あ:「良いっすね!行きましょう!!」

夜中の二時に市場食堂へ。
遅い時間なのにいくら丼大盛りを平らげました。
更に新メニューの大蒜揚げも食べました。
はい、今日は大蒜臭かったです(笑)。
いや~、やはり此処の量は多いです。
此処の大盛りは他店の特盛りかそれ以上ありそうだ。
でもそれをペロッと食べてしまう自分…。
エンゲル係数はきっと高いのでしょうね(空笑)。

そんなこんなで帰宅は月曜日の朝四時。
昼まで寝てしまいました(笑)。

取り敢えず最後までだらっとした日記、
読んでくださった方たち、ありがとうございましたm(_ _)m

んじゃ、おやすみなさいです。
皆様も素敵な夢をご覧になって下さいね♬

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-07-05 22:31 | 日常

最近の生活

ども、ちょっと日にちが空いての更新です。学校の卒業式が終わってから、なんだかんだでバタバタしていました。それで何か変わった事はと言えば、特に何も無いんです。でも、気持ちで色々な変化があったかな。追い込まれた精神状態からの開放ですか(笑)。

さて、無事に卒業、そして柔道整復師国家試験も無事に合格をしていました。そんな私もまた社会人に復帰しました。といってもまだ接骨院が開院して間もないので、とっても暇な状態が続いております。あ、私の開業ではなく、とある先生の接骨院です。同じ学校に行かれていた方で柔道整復科の生徒はご存じだと思います。現在は隔日に出勤している状態であります。

現在の自分の勤務状況としては、初診患者はまだ診ていないのですが、早くも患者さんに触れる日々が始まりました。自分も仕事を半年間していなかったので、自分も含めて患者さんの施療&リハビリをしている状態です。それでも今月、又は来月からは確実に新患さんに入る予定になっています。はい、院長にその様に伝えられました。信頼されるのはとっても良いことですね、正直に嬉しいです。その他では雑用がもっぱらの仕事となっています(笑)。包帯の洗濯&巻き取り、チラシ配りなど。

何故この(現在は)暇な院を選んだかといえば、私も三年後を目途に自分の接骨院を構えたいとした気持ちがあるからです。成功している院は既に数件見てきているのですが、やっぱりオープニングスタッフとして入れるチャンスってそうそうないですし。開院するまで、開院してから、成功までの足取りを追えるのは、将来的に非常に大きな宝物になりそうです。

現在は院長の方針を見ながら、勉強している状態です。患者さんによっては、院長と交代して途中からでも施術も担当させてもらっています。嬉しいのは根本的な手技の考え方が似ていた事です。痛みを取り除く方法論が似ているので、非常にやりやすいのかもしれません。それに加えて、今まで自分の知らなかった方法論、アプローチのかけ方が学べる事にあります。そしてその方法論が元の自分が学んだ物に近い為に、かなり早い段階で理解が可能な部分が助かります。

開院してまだ1ヶ月しか経っていないので、接骨院自体は凄く暇を持て余している状態です。それでも少しずつご近所さんからの信頼を得て、着実に成長していると思います。昨日もチラシ配り出かけた際に、たくさん声をかけられました。

「あ、あそこの電気屋さんの下に出来た接骨院?」

「電気屋さんの娘さんの旦那さん?」


などなど。因みに私はその娘さんの旦那ではありません、それは院長です。どうも院長の奥様とそのご家族は、地元ではそれなりの有名人みたいです。その分、町中で出会った方達とのコミュニケーションは取りやすかったです。是非に挙って来院して頂きたいと思います。

さて、ちょっとした宣伝です(笑)。


たつみ接骨院&たつみ鍼灸院


JR横浜線 淵野辺駅下車 北口 徒歩0~1分
パチンコ・シルクロードの脇道を入って直ぐにあります。

こんな症状でお悩みの方に…
骨折、脱臼、打撲、捻挫、スポーツ障害など。もちろん、ぎっくり腰など腰痛もOKです。

受付時間 
午前: 08:30~12:00 午後: 15:00~19:00
日曜日: 09:00~14:00まで
火曜日: 午後の診療は13:30~16:30となっています。
上記時刻が最終受付時刻となります。

休診日:月曜、第4日曜、祝祭日

※1.初診の際には「保険証」をご持参下さい。
※2.鍼灸の治療には予約が必要です。


詳しい事を知りたい方は、個人的にメール、又はコメント欄にシークレット・メッセージとしてメルアドを残して頂ければ、こちらからご連絡をさせて頂きます。皆様、挙って来院されますよう心よりお待ち申し上げております。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-04-02 16:34 | 日常

怒濤の2月、3月

まるまる1ヶ月以上も更新をサボってしまいました。はい、これも忙しさが限界点に達していた証拠です。これまでは忙しくても何だかんだで更新していたんですけどね~。

以前からこちらにお邪魔されていた方たちはご存じだと思いますが、つい最近まで医療系の専門学校生でした。実はこの学校関係の方が忙しくて…。でも遂にその忙しさから開放されました。そうです、とうとう卒業することになりました。

1月からずっと勉強漬けの生活でした。3月5日(日)の国家試験を受ける為には卒業を決めなければならない。そしてそれに付随して国家試験にも合格しなければならない。その為には限界に追い込んで勉強しなければならない。正直に1月中旬ぐらいから国家試験前までは平均睡眠時間は4~5時間と言ったところでした。そんな頑張り具合の結果として無事に卒業も決まり、国家試験の方も無事に受ける事が出来ました。国家試験の合否の結果は、3月27日(月)になりますが、自己採点による結果では、まあ合格しているでしょう、といったところです。

さて先ずは学校の友人達に感謝の意を述べたいです。正直にあまりおつむのデキが良くなく、最後の最後まで皆に勉強を教えて頂きました。放課後のみならず、夜中の電話にも関わらず丁寧に教えて頂きましたね。本当に感謝です、ありがとうございました。そのお陰で無事に卒業と国試の方も(多分)上手くいったと思います。先生が言っていた言葉を思い出しました。


「勉強が出来ない奴の合格への最後の砦は、

周囲にいる友人だから。」



まさにその通りだと実感しています。これから国試を受ける方達はこの言葉をしっかりと覚えていて欲しいと思います。最後に色々な助けを差し延べてくれるのは、本当に周囲にいる友人だということを。私の周囲には本当に優秀な人間が沢山いました。成績でもクラスのトップクラスにいる人間達ばかりでした。こんなデキの悪い人間の周囲に何故大勢いたのかはとても不思議ではありますが(笑)。本当に感謝です。


国家試験が終了した翌日


試験が終了した翌日は、学校で国家試験の自己採点を提出。そして合格が発表された後に行う免許申請の話と卒後研修の話し。なんか色々とあるな~。嬉しかったのは仲間達の顔が皆晴れやかな顔をしていたこと。我々の仲間は無事に合格出来そうな点数を取得していました。まあ、8人中5名は間違いなく合格出来るレベルでしたが、私を含め3名はギリギリのライン上で踊っていましたからね(笑)。最終的に喜べるのは3月27日(月)だけど、取り敢えずの段階で皆笑顔で旅行に行けそうだね。


自己採点が終了した翌日はお買い物


クラスメイトのChar先生とお買い物へ合羽橋へ行って来ました。実は仲間8人の1人、小林君が卒業と同時に結婚をする。卒業したら直ぐ結婚するのは知っていたけど、赤ちゃんまでお腹にいたのはびっくりです(笑)。さてそんな小林君、卒業したら今まで過ごした土地を離れて栃木県に移住する。そんな彼に、同じ目的を持って三年間頑張った仲間から何かプレゼントを!!って。彼には色々な場所で驚かされてきた。もちろん驚かされただけではなく、色々な事で周りを楽しませてくれた。だから最後ぐらいは彼を驚かせてやらないと、って事で決定。でもこういったプレゼントは何にしたら良いのだろう?って事で皆が知恵を絞り出して、一生懸命に考えました。物がなかなか決まらなかったのだけれど、意見が一致したのは、「彼が使えそうなもので、邪魔になるもの。」これが条件でした(笑)。

第1案:Cartierの写真立て…ほどほどに邪魔にはなるがありきたりの商品。直ぐに何処かに放してしまいそう。それにギャグがないし、面白味にかけるので却下。

第2案:珈琲メーカー又はエスプレッソ・マシン…これなら奥様も使用出来るし、実用的だし、程ほどに置き場も場所を取る。でも彼って余り珈琲自体を飲まないのでは?うん、そういや三年間で彼が珈琲を飲むところを見たのは皆無に等しい…。

第3案:ウォッシュレット…これは男性も女性も喜ばれるよね。ついでに裏に皆でコメントを記入するか。あ~、ある意味で本当に臭い仲だね。あ、でも便器のサイズ等が判らないと取り付けられるか分からないよ。

第4案:チェーン・ソー…まあ、山には行くし、適当に使ってくれそうだけど…。奥様には絶対に喜ばれないよね…。でも似合うのは間違いないけどな~。

第5案:杵と臼…物が高すぎる。杵しか変えないから無理。それに運ぶの大変だよ。

第6案:蕎麦打ちセット…邪魔になる。でも彼なら普通に使いそう。奥様も食べられるのでは?でも本当に邪魔になるよね…。

さて何に決定したのでしょう?


卒業旅行


3月10日(金)~11日(土)にかけて行って来ました、卒業旅行に。場所は西伊豆へ。でも雰囲気としては、旅行と言うよりは泊まり込みでダベリに行った感じだったね(笑)。渋滞で予定と大分ずれたり、霧が出てきたり、道に迷ったりと大変でした。宿泊予定場所も看板が見つからなく彷徨ったり(笑)。料理も自分たちで鍋を二つ作ったね、かなり適当な味付けにしていたけど(笑)。そんな旅先の宿泊場所で、結婚をする小林君へのプレゼントを渡す、蕎麦打ちセット。邪魔になるだろうけど、皆で遊びに行ったときはこれで我々に蕎麦を打って食べさせて下さいね(笑)。先生達のお礼参りも兼ねて、気兼ねしない仲間8人、野郎ばかりの素敵な旅行になったと思います(笑)。


卒業式


3月16日(木)、晴れて皆で卒業式を迎える事が出来ました。自分の人生の中でやっと一区切りが付いた気持ちです。というのも、私は色々な理由があったにせよ大学を中退し、かなり好き放題にやってきた人生でした。なんだかんだでズルズルと色々な事をやってきました。決してその歩んだ道が誤ったものだったとは思いませんが、それでも成績の善し悪しは別にして、自分の頑張った結果としてこういった式に参加をする事ができて、更には卒業証書まで頂けたのは凄く嬉しかったりします。そうそう、卒業証書を頂いて初めて知ったのですけど、実は頂けるのは卒業証書だけでは無かったのですね。一緒に専門士の称号授与(文部科学大臣告示、医療専門課程)まであったのはちょっと驚いていたりします。後は無事に国家試験を合格してからの、柔道整復師免許証を頂くだけです。

卒業式で来賓の方がこんな事を言っていました。

免許を取得したのはあくまでもスタートラインに

立っただけ。これからは責任が付いてくるということ。

これからも勉学に仕事に頑張って下さい。


って。一体どれぐらいの人間がこの言葉の重みを理解したのでしょうかね?自分も今までは取得する方で必死でしたけど、改めてこの発せられた言葉を考えると嬉しさよりも怖さがあり、それでもしっかりと頑張ってやっていこうって思いました。我々の仕事って健康に関わる仕事ですから、本当に大事に捉えて、常に心に置いて頑張りたいと思います。


謝恩会


無事に卒業式も終えて、その後は謝恩会が待っていました。いや、盛り上がった謝恩会でしたね。謝恩会の用意をして下さった方達は本当に大変だったでしょうね。お疲れ様でした。見事なまでに先生達を飲まして、我々も飲まされての謝恩会になりました。毎年こんな感じなのでしょうか?そうだとしたら先生達も大変ですね。先生達はもちろんの事ですが、校長までが舞台に上げられて一気飲みをさせられた挙げ句に、生徒から胴上げまでされてしまうのですから(笑)。

そういえばこの会場でも皆が写真をバシャバシャやっていましたね。皆さん酔っぱらいながらも素敵な笑顔で写っています。私もずっと気になっていた人と写真を撮りました(笑)。別にそれでどうこうとかでは無いですが、ちょっとした記念みたいなものですよ。

そんなこんなで3時間に渡る謝恩会の終了後は二次会、そして三次会まで行きました。きっとこういった時間ってもうなかなか無いのでしょうね。それでもきっとこの日の出来事は忘れないでしょう。また何時の日か皆で合ってお酒でも酌み交わしたいものです。

長々とだらっとした落書きにお付き合いして頂きありがとうございました。色々と一段落が尽きましたので、これからまたしっかりとBlogの更新もしていこうと思います。これからも皆様方、宜しくお願い致します。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-03-20 14:25 | 日常

人間の強さ

今夜七時前に祖父が亡くなった、年は90歳。
祖父と言っても、母の父の弟さんなんだけど。
実は私の祖父は一卵性双生児だった。
その事実を知ったのが、実は私が高校生になった頃なのだが(笑)。

そのお祖父さん、広島の片田舎に住んでいる。
農家の人間で煙草の葉を作っていた。
そして奥様も未だ健在で御年92歳だ。
ただ困った事に20年ほど前から痴呆症状が酷かったりする。

数年前にこの祖母に、

「実さん(祖父の名前)は何処行ったの?」

と尋ねると、暫く祖母は次のようなことを…

「実は死んだ!」

これには私も驚いた(笑)。ただ笑うしかなかった。
そしてこの祖母、体が何処も悪くないから困ったものだ。
内臓もかなり丈夫で、医者も驚いているらしい。

さて話がずれてしまったが、
実は祖父、15年ほど前から何度も危篤状態に入っていた。
しかし毎回戻ってきていたのだ。しかもその後は普通に生活をしていた。
これには医者も相当に驚いていた。
医者からしてみれば、この状態までくれば普通は…ってレベル。
それが何度も不死鳥の如く甦ってきたのが私の祖父。
そんな元気な祖父を大学病院の教授がよく尋ねてきた。
何でも過去にあまり例が無いので研究をさせて欲しいとのことだった。

さてそんなスーパー爺様が今回は何故亡くなったのだろう?
当然ながら老衰と言えばそれまでになってしまうのだが…。

お祖父さん、ず~っと祖母を心配していました。
常に自分に何かあったら祖母はどうするのだろう…?って。
だから自分が先に逝くわけにはいかないって話していた。
それに傍目から見ても本当に仲が良かったし大事にしていました。
雰囲気としては、昔の洗剤の某CMみたいな感じだったんです。

そして先週末に老人ホームから私の母に連絡あった。
因みに、このお祖父さんたちに子供はいなくて、私の母が面倒を見ていたのです。
もちろん広島と横浜でかなり距離があるのですが、それでもちょくちょく帰省していました。

その連絡は危険な状態だから来て下さいとのこと。
この連絡を頂いた時点で、祖父の様態は血圧50台前半。自発呼吸不能。高熱だった。
翌日に母は広島に帰省。全ての用意をして出かけていきました。
ところが母が病院に着いた時には、既に元気な状態を取り戻しつつあるじゃないですか。
血圧も70台まで回復、微熱程度、自分で呼吸しているし…。
更には自分から喉が渇いたかた水をくれって話したとのこと。
これには医者もびっくり、我々もびっくりしました。
そしてその数時間後には普通に母と会話が出来たそうです。

その際にお祖父さんが尋ねてきたそうです。

「婆さんはどうした?」

って。自分がとんでもない状態に陥っているのに、この場でも祖母の心配をしているのです。
これを聞いた母は、

「婆さんはあっちの部屋で元気にしているよ。自分で何でもちゃんと何でもやっているよ。」

って。これって半分は嘘です。そして更に付け加えて、

「婆さんはちゃんとやっているから、お祖父さんも楽にしなさい。
何時何処で逝っても婆さんは元気でちゃんとしているし大丈夫だから。
向こうには(あの世)鶴男(私の本当の祖父)さんもご両親もいるんだから。
今まで自分が一番頑張ったって胸張って行けるでしょ。
戦争に二度も行って、その後は農家の表彰を受けて、皇居にも行ったでしょ。
もう何の心配も思い残すこともないでしょ。」

って。これを聞いた爺さんは笑いながら聞いていたそうです。

「婆さんが元気ならワシも安心じゃ(笑)」

って返事をしたそうです。この時点で我々は皆、またこれで暫く持ち直すと思っていました。
だから母親は夜七時頃に横浜にある自宅に戻ってきました。
そして、その数分後に病院から電話が鳴り、

「先ほど亡くなられました。」

って。これって凄く不思議です。ずっと不死鳥のように甦った祖父。
ところが今回は戻ってきませんでした。
死ぬ前に誰かにちゃんと思いを伝えたかったのでしょうか?
だから今回も一度は甦った。でも上記した様に母の一言。
それを笑って聞き入れ安心し、そして心おきなく旅立った祖父。
正直にこういった送り方もありだなっ思いました。

やっぱりお祖父さんは凄かったです。
お婆さんへの想い一つだけで、15年以上も生き延びました。
しかも入院生活だけでなく、普通の健常者として。
何時も妻を大事にして、仕事をこなして、最後の最後まで相手を思いやる。

すごい

って一言につきます。
そしてその呪縛から解放した母の言動にも関心します。
誰も長生きするなって言っている訳ではありません。
逆に元気ならその方が良いのですから。
でも晩年期はやっぱり生活としては辛かったはず。
痴呆になったお婆さんをずっと心配しながらの生活。
本当によく面倒をみていました。

だから私も正直に言えばホッとしている部分もあります。
私からしてみれば本当の祖父ではないです。ただの叔父です。
それでも双子だっただけにある意味では本当のお祖父さんでもありました。
社会人になってからも何回か会いに行ったりしていました。
2年前に自分の本当の爺さんが亡くなってます。
でも、そっくりなお祖父さんがいるのが嬉しかったです。

本当に安らかな眠りについてほしいと願うばかりです。


合掌

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-02-07 01:19 | 日常

Seacret Baton(Love?)

またバトンを頂いた(笑)。何となく引き延ばしていたのだが、そろそろ手を付けなきゃって事でやらさせていただきます。しかし、タイトルでシークレットとあるのだが、どうみても内容を書こうとすると、シークレットにならない内容なんですが…(苦笑)。まあ、深いことは気にせずやってみますか。スタートです!!

1.おとこ

2.自称165-本当は163.5の60

3.田舎の匂いと暖かさがある。
  心が優しく「悠」な感じを持つ。
  しっかりとした目標を持っている。
  深いところで理解してくれる。

  
  外観
  特に要望はないが、ちゃんと努力をしている。
  誰でも努力をしないより、している方が良いでしょ?

4.一般社会で適応できない。
  常識やマナー、言葉遣いがなっていない。
  思いやりがなく、わがままばかり。


5.昔はそうですね。でも、もう疲れたから(苦笑)。
  ちゃんとしている人はしているし、しない人はしない、
  だから気にしてもしょうがないので、きにしない事にした。
  ちゃんとメールや電話で連絡があれば問題なし。


6.肉体的な接触かな。
  何かあれば一生騙すし、一生騙されたい。

7.いいえ。小さい頃だし転勤族だったので。
  そんな間すらなかったです。

8.1/7 or 1/14
  普段が非常に忙しい生活なので、これが限界値かも。
  希望だけなら2/7ぐらいになるかな。
  1ヶ月に一回は一日中が理想です。

9.髪をかきあげて綺麗な項が見えた瞬間。
  一番は内面の光が見えたときです。

10.見逃していない?

11.ご希望の方、是非にご連絡を下さい(笑)。

以上、Seacret Batonでした。設問が本当に分かりやすい回答だ(笑)。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-29 15:39 | 日常

星に願いを…

今夜は久しぶりにドライブに行ってきた。ドライブといっても最近は助手席率が高いのだが。どうもマーチを売却してからというもの、自分運転でのドライブから遠ざかっている気がする。走りやすかったし、適度にいじりもあったので遊びに出やすかったのだろう。どうもウィンダムに乗るようになってからは、いまいち自分の運転で出かけようって気にならないから不思議である。

さて、話題がずれてしまったが、今夜は学友でもある小泉くんと一緒にお出かけをしてきた。今週の頭からずっと風邪を引いて休んでいたのだが、気分転換も兼ねてドライブに出かける事にした。実は再来週の月&火曜日は二日間に渡って、学校の第一次卒業試験が控えているので、今日を逃すとまた暫く出かけることが出来ない日々になるからだ。

今日は厚木市の隣にある神奈川県津久井郡津久井町、または清川村にある宮が瀬ダム近辺にまでドライブに行ってきた。この宮が瀬ダムは、横浜市や川崎市も含む神奈川県下15市9町に水道水を供給している非常に大きなダムである。近辺に住んでいる人はご存じだとは思うが、こちらでは毎年クリスマスシーズンに合わせて、巨大なクリスマス・ツリーが飾られる。シーズン中に行くと嘘か誠かは知らないけど、

日本一大きいクリスマス・ツリー

とうたっています。私も過去に3~4回ほど出向いた事がありますが、かなり大きく立派なツリーが飾られます。但し、冬期は道も凍るので、車で行かれる方は十分に注意をして頂きたい。因みに、今年は12月3日にツリーを点灯し25日までこの催しは行われるそうだ。時間は17時~23時までとなっています。かなり混みますので、早めにお出かけになられる事をお勧めします。特にクリスマス直前になってくると、混み具合も酷くなるのでご注意を願いたい。因みに清川村のホームページに、このクリスマス・ツリーの模様があったので、此処にリンクを張っておきます。

>>>清川村HP-宮が瀬クリスマスみんなの集い

またまた大きく話がずれたが…。そうそう、今日はクリスマス・ツリーを見に行ったのではなく、

簡単なドライブ&ちょっと星を眺めて行こう!!

って事で向かったのだった。実は宮が瀬ダムの脇道からヤビツ峠に抜ける道がある。この道は、登山をする人は良く知っていると思うのだが、この道路から丹沢山系、塔の岳を目指して登るルートのスタート地点、富士見山荘がある。そしてその入り口から3分ほど先に歩くと日本名水百選に記載されている「護摩屋敷ノ水」が飲むことも出来る。

何時もならヤビツ峠側から入り、護摩屋敷ノ水を飲んで、それから宮が瀬に抜けるルートを辿るのだが、今日は宮が瀬から少しだけ入り、その先で車を停めて星を眺める事にした。一直線の広い道がある場所に車を停車して、車外に出てみるとこれがまた

寒い!!

そういえば此処に向かう途中に道路上に温度表示が5℃ってされていたのだから、そりゃ寒いよなぁ。

獅子座流星群や乙女座流星群の時も確かこの辺りから眺めました。そうそう、流れ星って別にそう珍しいモノではないのですよね。意外と空を15分ほど見ていると、町中でも注意をしていれば見えるのです。でも中には、見えない!!って人もいるので、ちょっとしたコツをお教えします。

当然、町中よりは空気の綺麗な静かで暗い場所に移動するのは当たり前。そして、夜空を見上げた際に一つ目印にする星を決めて、その周囲を全体的に大きくボーっとした感じで見上げると結構見えますよ。町中でも少し暗い場所を選べば、流れ星を確認する事ができると思います。是非にお試し下さい。

そして、今日もこの場所でぼ~っと見ていたのですが、自分の視界の左下の方に大きな光が見える。

私    : 「あ、ほら小泉くん、あそこ!」
小泉くん: 「あ、本当だ!!」

私の心の中: 「お祈りしないと!(願い事を頭の中で三回詠唱)ん?これは飛行機?でも点滅もしてないし、光が以上に強い…。それにでかいよね。あれ?の光を発し始めて一直線に流れ始めたよ!?えぇっ!?尻尾が以上にでかくて長いよ!!まさかU.F.O!?えぇっ!近くに落ちるんじゃないの!?」

小泉君: 「あぁ!?あぁ!!」、「でかいっすよ!!緑色ですよ!!!」

2人して興奮してしまいました。彼もそうですが、私自身、ウン十年生きてきましたが、あれだけ大きくて、強く光りを発している流れ星は初めてでした。そして人生で初めてまともに星に願いを三回唱える事が出来ました。感謝です、はい。

その後、小泉くんは全身に鳥肌が立ったらしく、私に一生懸命説明&暗くて寒いのに鳥肌を見せようとしていました。

私…、別に男の肌には興味はありません…。

本当に運が良いのやら悪いのやら。確かにあんな素晴らしい流れ星を見れた事は凄く幸運だと思う。しかし、一緒に見た相手がクラスメイトの年下の男の子だなんて。嬉しいような悲しいようなです(苦笑)。

次回は是非に女性と一緒に行きたいものです。

でもそう言いながら男同士で集まって出かけてしまうんだろうなぁ…。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-26 02:46 | 日常

結婚ばと~ん♪

今回もmixiの関係者、水野 夏花様(女優)からバトンを頂きました。ご存じな方も、またご存じでない方も11月27日(日)テレビ朝日にて生放送の「テスト・ザ・ネイション」に出演予定になっているそうなので、お時間がある方は是非にご覧になって下さい。

さて、今回は適齢期を迎えた?既に過ぎている?私にとっては痛い内容のバトンです(笑)。まあ、理想を並べるしかないですよね。その回答に自分自身が驚きそうですが。それでは、結婚ばと~ん♪スタートです!!

Q1 結婚したい?

結婚はしたいです、はい。でも、最近は出来るかどうかの方が不安だったりもします。いい年しながら来年の春までは学生ですし、学費としてお金を使ってしまったので、貯金も殆ど0に近い状態ですし…。まあ、仕事を始めれば稼げるから良いのですけど、それもまた開業資金に充てたりと…。ん~、本当に不安だ(苦笑)。

Q2 何歳くらいで結婚したい?

昔は25歳までには!って思っていましたが、それはもう叶わぬ夢です…。今は35歳ぐらいかなぁ…。でも、自分がまだまだ青春真っ盛りって答えている段階で、どんどん遅れていきそうな予感が強いです。まあ、希望ですから…。

Q3 結婚相手に求めるものは?

挙げたらきりがないです(笑)、っていっても始まりませんね。そうだなぁ、頭のいい人かな。これは勉強ではなくて、性格のものです。押す場所、引く場所をちゃんと心得ている人、初対面でも人と仲良く出来る人が良いですね。あとは、嫌いなモノ、事が一緒の人が良いです。趣味は多少違ったとしても、それは相手を思いやれば済む事。でも、嫌いな事象が一緒でないのは辛い事だと思います。

Q4 子供は何人欲しい?

2~3人。別に男女どちらが先でも構わないです。でも男女共に生んで欲しい。子供には兄弟姉妹はいた方が良いと思います。もちろん兄妹、姉弟でも全然構わないです。とにかく子供は2人以上4人未満です。

Q5 相手の浮気が発覚しちゃった。どうする?

間違いなく別れる。子供がいても間違いなく別れるでしょう。私は浮気をする癖って治るとは思っていないので。「よく子供のために別れない。」って聞きますが、私は逆だと思っています。間違った行為をすれば、どういう風になるのかを理解させなければならないって思っています。でもね、実際にならないと分からないですよ。だって、好きでなければ結婚はしないのですから。

Q6 夫婦円満の秘訣は何だと思う?

ちゃんと夫婦で会話があり、夫婦が互いに笑顔でいられる事だと思います。これって簡単そうだけれど、その反面で凄く難しい事なのかもしれません。でもちゃんと出来れば仲良く暮らしていけるのではないでしょうか。

Q7 結婚したら仕事やめる?相手にやめて欲しい?

自分は仕事を続けます(笑)。ってか奥様にって事ですよね。私はどちらでも良いと思います。但し、お互いに主夫&主婦の勤めがちゃんと出来ればという事です。子供の教育に関しても、私は自営業になる予定なので、その辺りは色々と融通が出来ると思いますし。

Q8 結婚生活に求めるものは?

笑顔。これにつきると思います。家族全員が笑顔で過ごせれば、何も言うことはないと思います。でもこれが一番難しいのだろうなって思ったりもします。男女共に努力が必要です、はい。

Q9 新婚旅行はどこに行きたい?

ん~、正直に言ってわかりません。行きたい所は沢山あるのですが…、イスタンブールかなぁ。アジア方面に行きたいって思ったりはします。でも一番は奥様になる人が行きたい場所に行ければ良いかなって思う。まあ、金銭面と休日も考えなければならないですが。

Q10 将来自分は結婚してると思う?

していると思う、というかしていたい(笑)。結構寂しがりやの部分が自分の中にあると思っているので、できれば素敵な奥様と子供達に囲まれて過ごしたいです。

Q11 回したい人

見た方は宜しくお願い致します♪特に女性陣にはお願いしたい(笑)。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-17 19:08 | 日常

17歳バトン

現在、こちらのブログと平行して、mixiに登録しているのですが、そのmixiでお知り合いになった素敵な45歳(男性の方)から、「17歳バトン」なるものをバトンされました。いやいや、余り知られたくない様な…。でも既に時効を迎えているので記載しても問題はないかな…?というわけで17歳バトン、スタートです。

1.17歳の時何してた?

高校2年から3年生にかけて…。夏休みはプールの監視員。冬休みはおそば屋さんでアルバイト。自転車に乗っておか持ちをしていました。そういやこの頃に初めてヤクザの組長さんと対面した。特に何をされた訳でもないのに、本気でびびり冷や汗を流した自分がいました(笑)。やっぱり本職の大親分は違いましたね。

そうそう、この頃はバンドでベースを弾いていました。丁度弾き始めて2年ぐらいたったぐらいかな。コピーもやたしオリジナルもやった。そういった意味ではお外で相当に遊んでいた頃の様な気がする。

お外で遊ぶ=わる~い先輩(大学生や社会人)に引き連れられてお外でおいたばかりしていました(笑)。先輩が「鰻くいて~な~。」っと言ったら、そのまま車に乗り込んで浜松まで連れ去られたり、「萩の月がくいて~な~。」って言えば仙台まで連行。酒場やクラブ(V.I.P.)などにもこの頃に連れ去られたりしていた。しかし、一切に金銭が掛かった記憶はありません。全てこの先輩方が出して下さいました。衣服やお小遣いなども相当に頂いていた気がします(笑)。そう考えると凄いリッチな生活を過ごしていたのかも。


2.17歳の時何考えてた?

何も考えていなかった気が…(笑)。いやいや、そんなことはないです。過去ログでも触れた通りに、色々と考え始めた時期です。大学…、希望する大学までの学力はない。専門学校…、医療系の専門?どうもしっくりこないなぁ。カメラ&料理の専門学校は?あくまでも趣味で長いこと撮ったり調理はしているけど、仕事などにはしたくないかも…。他にやりたいこと…。就職…、まだしたくないなぁ。じゃあ、今は何に興味があるの自分は?あぁ、音楽だよねぇ。うん、Nirvanaだ。よしSeattleに高飛びしよう!!ってな感じで人生の歩む道を最初に決めたのだと思います。って人からみたら、何も考えていないじゃん!!って突っ込みが入りそうな気もしますが(笑)。


3.17歳の時やり残した事。

何かあるかな?そりゃ勉強は当然の事だな(苦笑)。でもやり残した事はないと思う。初体験もこの頃は既に済んでいるし(笑)、欲しいモノは全て手に入れてきた気がしますし、男女15人での冬の山下公園大ストリーキング大会もやったし(爆)。やりたい放題に人生を過ごしてきたし、この時ばかりでなく今もだし、そしてこの先もきっと変わらないと思う。例え今すぐに出来なくても、その後には必ずやってきていますね。あぁ、唯一やり残した事がありました。自動二輪中型免許の取得です!!これは現在に至るまで出来ていませんね。でもこれも来年の春以降にチャレンジする予定です。


4.17歳に戻れるとしたら?

う~ん、ってか共学に通いたかった(笑)。でも一番は勉強をしっかりやっても良いかな。加えてもっとパソコンに対しての興味を深く掘り下げてみたい気もします。あとは本気でカメラにチャレンジする方向に進んでみたい気もする。あの頃の選択肢が異なっていたらどうなっていたのだろう?

でも、こうやってこの年まで生きてきて、特に後悔はありません。確かに良いことも悪いことも含めて色々とあったけれど、それがあったから今の自分がいると思います。良いか悪いかは別にしてですけどね(苦笑)。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-11-13 21:40 | 日常