徒然なるままに

ハンセン病

1日、厚生労働省の第三者機関によるハンセン病患者の隔離政策を
実地した問題に対しての最終報告書が厚生労働大臣に提出された。
その内容は、旧厚生省が国立療養所予算の獲得を優先し、、科学的な
根拠のない法の改廃を送らせたと避難するものであった。この問題は
色々な場所で波紋を呼びそうだ。国、医学界、マスメディアなどに対しても
これからは責任追及が起こるであろう。細かい記事内容はこちらで>>>
今日の日経新聞の一面タイトルで、“国家的な人権侵害”と表している。

どうも日本はお国柄なのか、隠蔽体質が多くある。ハンセン病以外でも
多くの薬害問題が挙げられている。その中で代表的なものを幾つか挙げると
サリドマイド、スモン、薬害エイズ、薬害ヤコブ病などがそれである。
(一つ付け加えると、薬害スモン病とは云いません。これはキノホルムと云う
薬のみが原因であるため。エイズなどは薬害以外でもあるので使用される。)
これら全て未然とは云えなくても、早めに拡がりを防げたものばかりでしょ。
何故いつも日本の閣僚やお偉いさんたちは常にその場しのぎで言い逃れ、
後手を行くのでしょう。結局は後にばれて重い刑に服す事になるのに。
その場で申告すれば、決して後々に大問題につながる事ではないだろうに。
結局あとでばれ、自分達のクビを占めている事に気付かないのが不思議です。

私自身この薬害については、色々と思うことがある。薬害エイズなどに
関して云えば、少し同情する部分もある。元々は血友病の患者の出血を
止める、或いは予防を目的として使用された特効薬的な血液製剤で
あったのだから。医療を行う側の立場からすれば、当時はそれ以外の方法が
無かったと云えば、それはやっぱり仕方が無いことなのかな、とも思う。
ただ毎回問題に上がるのは、その薬を使用すると、こんな問題が起きます!
って判ってからの対応が間違っている。何故早期に中止にして、
旧厚生省は検査を行わなかったのか。もし行わないにしても、海外で様々な
危険性を指摘されているのだから、そこで止めるのが国であり、官僚の
大事な仕事になるではないのでしょうか。しかしやっぱり日本なのでしょう。
お偉い方々はお金が大事なのでしょう。此処で止めてしまえば、
輸入したものや作ったものが無駄になる=利益激減=会社に損害=
官僚の天下り先に問題が起きるって感じでしょうか。

色々と医療との立場の違いなどの問題はあるだろう。貴方ならどうします?

貴方はある病気になりました。その病気は放置すれば一年以内に確実に
死を迎えます。現在は、たった一つの薬だけが特効薬です。しかし、
その薬は安全性などの確認はとれていません。でもその薬を使用すれば
命は間違いなく助かります。他の先進国では普通に使用されています。
日本でも現在、認可作業を行っている最中で、あと少しで認可されます。
以上の説明を医師から受けた貴方はその薬を使用しますか?しませんか?

もし使用した場合、後に貴方は別の感染症にかかってしまいました。
その感染症は徐々に発症し、最後には死を迎えます。現時点では
この感染症に対する特効薬は一切ありません。
この製剤を使用した医者、それに国を相手に訴訟を起こしますか?

読まれた皆様はどう思いますか?

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-02 15:22 | 時事関連
<< 堤(前)会長逮捕 あ、そういや >>