徒然なるままに

JAPAN MONEY

ジャパンマネーは強い…。


いきなりの書き方で意味不明ですよね。
いや、皆様もご存じの通りに今日は亀田三兄弟の長男、
彼の試合がテレビで放映されていましたね。

え~、正直な感想が上記に記載した通りです。


珍しく仕事が早々と終了して、2Rから試合が見れた。
ところが妙に元気の無い亀田長男。
私は見られなかったが1Rにダウンをとられたとのこと。

インターバル中の彼の表情を見ても、
何となく目が泳いでいる気がしました。
いつものギラギラした感じとは何となくかけ離れていた。


私の素人目で見ていると、

判定になれば亀田長男の負けだな…、

って思っていました。
ところが結果を見ると何故か彼の勝ち…。
これって有効打数が長男の方が上だったって事ですか?
1Rのダウンは見ていないのですが、
この時点で点数は相手の方が上のはず。
そして2R以降の試合を見ていても、
互角の内容、若しくは相手の方が上だったと思いました。


更にはテレビのゲスト解説で来ていた二人の元世界チャンピオン。
彼らのコメントを2R~12R終了、
そして判定がでるまで聞いていたのですが、

「やるかやられるか!!」

とか

「亀田長男は弱いのでは!?と言った記事に対して、
強さは!!証明できたのではないでしょうか。」


など。


どう聞いていても


亀田長男は敗れた!!


と言った様な内容でした。
それでも彼は勝利を収めて世界チャンピオンになった。

これってどういう事なのでしょう?

私としては、亀田親子はやっぱり調子に乗っていた。
ってか調子に乗り過ぎている、と考えていました。
ですから、今回の敗戦を糧に次回につなげてもらいたい!!
って思っていたのが本音
であります。

ところが蓋を開けてみればこの結果。
少なくとも亀田が弱いとは思いません。
それでもまだチャンピオンの器とは感じていませんでした。
若さ故の線の細さもあると思っていますしね。

こうなると

地元で試合を行い優位にたったのと、
加えれば何処かでジャパンマネーが働いた!?


と邪推をしてしまいました。
一体どれくらいの人が亀田長男の勝ち試合だ!!
って言えるのでしょう?

もし日本ボクシング界が人気取りの為に
この様な事を仕組んでいたのなら本当に情けない話しである。
そしてそれを焚き付けるように煽るマスコミも情けなく思う。

数年前のボクシング人気の方が良かった。
畑山や辰吉が全盛を誇った頃の方がよっぽど面白かった。
今日の試合を見ている限り、好きになる事はなさそうです。
確かにホーム有利と言われている世界だと思います。
それでもスポーツはクリーンで魂のぶつかり合いであってほしい。
このように願うのは私だけではないと思います。


イタリア、セリエAでも八百長で問題になったのに…。
はぁ…、なんか疲れちゃったよ。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-08-02 23:13 | 時事関連
<< 小泉首相の最後っ屁…。 日曜日&月曜日 >>