徒然なるままに

WBCを振り返って

先日行われたWBCの決勝戦。日本が接戦の末に栄えある第一回の優勝を決めた。これは色々とあった日本チームにとっては非常に大きな一勝であり、大変に勝ちのある優勝だったのではないだろうか。王監督やイチローをはじめとした各選手に拍手をしたいと思う。

その一方で今回のWBCって一体何だったのだろう?非常に疑問に思う内容の大会だった気がする。メジャーリーグのごり押しで始まった世界大会なのだが、余りにもお粗末な内容での開催だったのではないだろうか。今回のWBCについて、私が感じた幾つかの問題点を記載しようと思う。

先ずは予選の行われ方が不可解である。サッカーにおけるWorld CupではHome & Awayの方式を採択しているが、何故か今回は一つの国で第一次予選が行われた。予選の舞台となった国にとっては大変有利な内容であり結果になったのではないだろうか。(まあ、日本は一次予選で韓国に敗れて二位通過となったけどね。)

開催時期にも問題があったと思う。何故シーズン直前の開催となったのだろう。体を長いシーズンに向けて作っている最中にこういった大会を行うのは、選手の体に対しては大きな負担にならないのだろうか。この点については、日本野球機構もかなり反発はしたみたいだが、米国のごり押しにやられたといったところでしょうか。

次に審判の問題。今回の本戦では、審判の全てが米国のメジャー、更にはマイナーリーグの審判のみを採用したことである。これも変な話しである。国際大会であるほど審判における公正さは必要となる筈なのだが、これを一切無視して、自国の有利になるよう編成されてしまった。各国の審判団を集結して行われるべき大会だったと思う。

そしてこれが公正な判断が下された試合になっていれば良かったのだが、米国戦における西岡のタッチ・アップの問題。更には米国とメキシコの試合においては、ホームランを二塁打にされてしまったこと。誰が見ても異常な状況が起きていた。王監督のコメントではないが、野球に於いては審判の最初の判定が絶対である。それがいとも簡単に覆されたのはありえない。そんな簡単に判定を覆すのなら、アメフト同様にビデオ裁定を導入するべきだと思う。

次に二次予選終了後の準決勝についても不可解な方式である。普通に考えたらクロス・オーバー方式を採択しての準決勝とするべきではないだろうか。それを行わなかったのは非常に疑問が残る。

もう一つ加えれば、韓国チームにとっては大変に申し訳ない結果になったと感じてしまうのは、私だけでしょうか。予選無敗を誇っていたチームが、あっけなく準決勝敗退という結果となってしまった。そういった意味では、日本が決勝に進出したのは嬉しかったが、違和感を感じた準決勝でもあった。

簡単に問題点を挙げてきたが、これらの問題をまとめて導き出される答えは、


WBC第一回大会は米国が優勝するべきだ!!


とした考えて進んできたのではないだろうか。審判問題に始まり、予選のありかたまで。全てが米国有利の状況を作りだそうとしている。第二次予選や準決勝では、米国が他の強豪国(キューバやドミニカ共和国など)と決勝まで当たらない様にする為に、あえてクロス・オーバー方式を不採用にする。そうする事で、下馬評では日本にさえ勝てば、米国が決勝進出が簡単に果たせるとしたものにさえ思えてくる。

メジャーリーグは野球に於いて世界最高峰のリーグであると私は思う。しかし、決してそれは米国が最高という訳ではない。メジャーリーグの素晴らしいところは、世界各国の素晴らしい選手が集結出来る事にあるのだと思う。だからこそ、力と力のぶつかり合いがあり、熱くなれる素晴らしいリーグなのだと思う。

韓国やキューバが日本に負けた際に、清々しいまでに素晴らしい大会であった、日本は強かったなど、今大会に出場した選手達のコメントが各国の新聞で多く掲載されていた。ところが米国においてはどうだろう。決勝戦が終わった翌日のニュースなどで、殆ど報道がされなかったという。米国が負けたら一切の興味が無くなってしまったのだろうか。それとも色々な問題があったが為に冷めた目で今大会を無視したのだろうか。

ベースボール発祥の地として、リーダーシップをとって今大会を開催させたのはわかるが、決して奢った考えでスポーツは行うべきではない。スポーツは正々堂々と戦い、お互いのプライドをかけて戦うものであってほしいと心から願う。もし、こういった簡単な問題すら解決出来ないで、第二回WBCが開催されるのなら、次の大会は不参加でも良いのではないだろうか。

しかし、今回の大会が行われた事によって、また日本の野球に対して国民が目を向けた事が嬉しかった。決勝戦の最高瞬間視聴率が50%を越えたのは驚きである。私もずっと野球をプレイしてきた人間だが、一昨年にプロ野球がストライキを行うまで数年間は楽しめなかった。それがこの様な大会が行われ、多くの国民がまた野球に目が向くことになったのは嬉しく思う。良い形で日本の野球界が新たに生まれ変わればと願う。

最後に、

スポーツは、

切磋琢磨により磨かれた体と体、

魂と魂のぶつかり合い、

汚れ無き美しさがあるから

人は感動するのではないだろうか。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-03-23 00:17 | 時事関連
<< 最近の生活 怒濤の2月、3月 >>