徒然なるままに

堀江氏逮捕へ

東京地検特捜部は、ライブドア・グループ社長の堀江貴文氏を証券取引法違反の容疑により逮捕するとのニュースが流れている。これは特捜部が同グループの関連会社による株価つり上げ目的とした、会社買収を行う才に虚偽事実を公表した「偽計」と「風説の流布」に対して立件が可能と判断したものと見られる。

堀江貴文氏、彼は時代の寵児であったのは間違いないだろう。日本での既存経済界の体系に対して、彼の存在は間違いなく「異端児」であり、また「出る杭」であった。それだけに風当たりなども強かった。それでも何故に堀江氏はこれだけ持て囃されたのか。理由は色々ある。そんな理由の中で私が感じるのは「新しい世界を見せてくれる期待感」があったのではないだろうか。これを政界に置き換えて考えれば、自民党の小泉総裁、現日本国首相などが、これにあたる人物になると思う。

過去における日本経済の流れとしては、「過去のしきたり、過去のルールに則り経済活動を営む」としたものが主流であった。しかし彼の考え方は違った。どちらかといえば「欧米流」であり、またそれは「ルール違反をしなければ、何をしても良い」としたものであった。確かにこの考え方は間違ってはいないだろうし、世界における経済活動では当たり前の事であろう。

前回にも少しだけ触れているが、「株の百分割」などは日本ではかなり非常識な事である。この事に対しては、以前から「やり方が強引だ。」とか「株のつり上げ方法でしかない。」などと叩かれている。しかしこれは決して違法な行為ではない。こういった手法は世界ではそれほど珍しくはないと思う。(←但し「百」分割をするかどうかは別だが。)こういった行為に対して、証券取引法で違反とは記載されていない。

分割に対しては賛否両論だと思う。私が思うメリットは、一株単位が非常に安いので、余り手持ちのお金が無い人でも気軽にリスクが少なく購入できる事にあると思う。そしてこういった株があるから、ネット証券が凄まじい勢いで普及もしたし、それに付随して個人投資家、特に主婦層による株の購買意欲に繋がり、此処最近の株価高騰に繋がっていったのだと思う。

その反面で、株を買うことが簡単に感じすぎてしまうのは非常に危険な行為だと思う。実際に昨年夏辺りから今年にかけて、日経平均株価は上昇をしてきた。これは個人投資家によるところが非常に大きいものだと思う。これにより経済活動が上昇気流になった様に映るのだが、これは個人投資家、特に主婦層などによる小さな売買が異常に増えた為であって、大きな経済の流れの数値ではないと思う。

株の売買は非常に怖いものだ。一昔前ならこれで身の破滅につながるケースが非常に多かったはず。ところが一株単位が安いので、個人投資家、特に主婦などが手を出し小銭を稼いでいる。これが決して悪いことだとは思わないが、果たしてどれだけの人間がリスクを解って株取引をしているのか、非常に疑問に思う部分ではある。

今回の「ライブドア・ショック」とされる事件が起きたことは、日本の経済活動に対して大きな打撃を与えたのは間違いない。さらに言えば東京証券取引所の危機管理の無さ、経団連の甘さが見え隠れして、政治家のいい加減さが露呈し、個人投資家達のパニックが見て取れた事件になったのではないだろうか。

私は株の取引が悪いとは思わない。これからもどんどん個人投資家は増えて行くべきで、これが日本経済の活性化に繋がると思う。だからこそ堀江氏の様な異端児が現れる事によって、新しき良き物を取り入れる切っ掛けになってくれれば良いとも思っている。

その反面で、株取引を簡単な物として捉えないで欲しいと願う。現状をみて感じることは、個人投資家、特に主婦層における気軽に出来る小銭稼ぎであり、ギャンブルの手段にしか映らない。小さい額で済んでいる内は良いが、必ず負ければ取り返したくなる気持ちが人間は絶対に出てくるのだから。そういった意味で、今回のライブドア事件に関しては良い教訓になったのではないだろうか。

最後に、正直に私自身は堀江氏を好きでも嫌いでもない。堀江氏は確かに新しい風を日本の経済界に吹き込んだ「異端児」である。そして手法が日本では強引とされていた事も多かったが、安全と思いこんで胡座をかいている古い人間に対して、大きなパンチをくれたことだろう。それに関しては大きな功績を残したと思う。しかし、その裏で今回の様な事件が起きたことに対しては、非常に残念に思う。彼が公言していた「世界一」を本気で目指す会社であったなら、最初から違法行為をするべきではなかったのではないだろうか。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-01-23 20:53 | 時事関連
<< 人間の強さ Livedoorの行方は? >>