徒然なるままに

Livedoorの行方は?

大変なニュースが今週は飛び交いました。そう、

LIVEDOOR SHOCK!!!!

の事です。そのお陰で東京証券取引所も大変な事になってしまい、世界中に日本の恥を晒したと云った状況にあるのではないでしょうか。

Livedoorの株式の方は、近いうちに管理ポストに入りそうな感じですね。そうなるとLivedoorは本格的な危機的状況になってくるのではないでしょうか。もしくは倒産する前に外資かお金のある人たちが、Livedoorを買い漁るのではないでしょうか。そうすればまた違った方向が現れるかもしれませんね。Livedoor自体はでかいので、その方向性に進むのではないかといった考えもあります。地検の捜査もかなり進んでいるみたいで、色々な情報が上がってきていますね。ただ実際には蓋を開けてみない事には、何が真実かは見えてこないですから。今のところは噂的な内容でしかないので、はっきりとした物が無いのが現状です。まあ、かなり強い疑いといったところではないでしょうか。

ただ、気に入らないのは


マスコミの見事なまでの叩き方。


大した物です。更に云えば、


東京証券取引所の社長の言い分


取引停止になった状況には確かにLivedoorに切っ掛けがあったにせよ、設備投資をしていなかったのは彼らの責任です。実際に取引件数の処理能力はかなり逼迫していました。それに対して後手後手の対応になったのは否めない。はっきり言えば、いい歳のお爺ちゃんがこういった部分での社長をやっているべきではない!スピードが求められる世界なのだから、のんびりしたい人は早く引退をするべきではないか!!と私は思います。

取り敢えず昨日と混種のはなんとか無事に取引は終了しましたが、来週明けの取引がどうなるか微妙では無いでしょうか。上記でも述べた様に管理ポストに入ってしまえば、値が一気に下がりますし、本当に潰れてしまう可能性もなきにしてあらずです。またマーケット不安が起こりそうな予感もします。

今週末の東証の対応と地検+Livedoorのが見物です。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-01-20 18:07 | 時事関連
<< 堀江氏逮捕へ TOKYO PUDDING >>