徒然なるままに

THE HIGH-LOWS

THE HIGH-LOWS、多くの皆様はご存じと思うが、昨年にファンクラブ会員宛にDMが届いたのだが、その内容が新年に発売されるベストアルバム、『FLASH』を最後に95年から続いた10年の活動にピリオドをうつとの事だった。解散とは宣言はしていないのだが、取り敢えずは活動休止となってはいるが、実際に今年の彼らの動向については一切不明の状態となっている。

THE BLUE HEARTSの解散に関してもかなり唐突だったのだが、今回もまた驚きは隠せない。そして理由がまたはっきりしないのも気持ちが悪い。何かのコメントがリリースされれば良いのだが、先ずはありえないだろうな。THE BLUE HEARTSの解散時にも色々と騒がれていた。あの時は音楽性の違いとか、河口(ベース)/梶原(ドラム)の新興宗教への傾倒が解散に繋がったと噂されている。もちろん本当の理由は何処にあるかはわからないが…。

さて、新年1月1日に発売されるとされていたベスト・アルバム『FLASH』、Y電気にプリンターのインクを買う必要があったので、ついでにCD販売のコーナーを覗き見ると既に殆どが売り切れ状態にあった。まだ発売から一週間しか経っていないだが、何とか購入できて良かった。

さて、このベスト・アルバム『FLASH』だが、95年から10年間の活動において発表されたシングル曲26曲中18曲が収録されていえる。そして発表された通りの順番でベスト盤は構成されている。これは時代を追って、俺たちの活動を聴け!!とした意味合いなのだろうか?それともただ単に面倒だったからでしょうか?まあ、今回の収録曲を一曲ずつ追ってみよう。

1曲目は『ミサイルマン』(1st single/1995.10.25)THE HIGH-LOWSとして世に発表された最初のシングルである。同曲はフジテレビ系全国25局ネット「タモリのSUPERボキャブラ天国」エンディングテーマとして使用された。この曲を発表する事で、甲本と真島は健在している!!と感じた曲である。因みに、シングルでのカップリング曲には2nd Singleとなる『グッドバイ』のLive Versionが収録。

2曲目は『スーパーソニックジェットボーイ』(3rd single/1996.1.25)でTBS系TV「M'sな夜」オープニングテーマとして使用される。この時のカップリング曲として、後に大ヒットとなる『日曜日よりの使者』を収録している。当時はCX系全国ネット「ダウンタウンのごっつええ感じ」エンディングテーマとして使用されている。

3曲目は『胸がドキドキ』(4th single/1996.2.21)でYTV/NTV系全国ネットアニメ「名探偵コナン」オープニングとして使用される。このカップリング曲としては『そばにいるから』で、やはり同アニメの挿入歌として使用された。

4曲目は『相談天国』(5th single/1996.6.24)で、当時の日産自動車、新型シルビア・CMソングとして使用される。車のCMソングとしては異様な雰囲気ではあるが、また逆にスポーツ・カーだったから、見事なマッチングとなった曲ではないだろうか。若年購入者の心情にも感じたりした曲である。因みに7th singleの『Happy Go Lucky』が再度、日産シルビアのCM曲として採用されている。

5曲目は『ロッキンチェアー』(6th single/1996.12.6)で、テレビ朝日系「Q99・」オープニングテーマとして使用。

6曲目は『月光陽光』(7th single/1997.6.11)で、NHK-FM「ミュージックスクエア」6・7月度オープニングテーマとして使用。

7曲目は『千年メダル』(8th single/1998.4.29)で、NHK-BS2「真夜中の王国」オープニングテーマとして使用。ジャケットは赤いローブをまとい、岩場に腰掛けた女性が月を見上げる絵。下地が藍色なので、不思議な感じがしている。因みに9th singleの真夜中のレーザーガンでも同じ様なジャケットの仕上がりとなっている。

8曲目は『ローリング・ジェット・サンダー』(10th single/1998.12.16)で、CAPCOMプレイステーション用ソフト「ストリートファイターZERO3」CMソングとして使用。まさかゲームソフトのCMとして使用されるとは思わなかったのが正直な感想。

9曲目は『罪と罰』(9th single/1999.4.21)で、テレビ朝日系「リングの魂」オープニングテーマとして使用。白黒を基調とした外国人の顔のアップ写真。ちょっと怖さもあるが格好良いと感じる仕上がりになっている。

10曲目は『ハスキー(欲望という名の戦車)』(10th single/1999.6.9)で、TBS系TV「王様のブランチ」エンディングテーマとして使用。ジャケットはタイトルの通りに戦車を意識したものだが、砲台がマイクに置き換わっている可愛らしい戦車となっている。

11曲目は『青春』(14th single/2000.5.24)で、日本テレビ系土曜夜9時放送ドラマ「伝説の教師」主題歌で使用。ジャケットは黄色の下地に子供が落書きした様な模様があるだけ。非常にシンプルなものである。

12曲目は『14才』(16th single/2001.8.8)で、この曲自体はタイアップ曲にはなっていないが、カップリング曲の『フルコート』が日本テレビ系「AX MUSIC FACTORY」AX POWER PLAY#044で使用される。ジャケットは民族系の仮面に服を着させたもので、君は悪いが非常に目を惹くものとなっている。

13曲目は『いかすぜOK』(18th single/2002.2.20)で、アクエリアスCMイメージソングとして使用。そのためにジャケットは黄色の下地に青い360ml缶。アクエリアスの文字の代わりにTHE HIGH-LOWSの文字が書かれている。普通は格好悪いと思うのですが、これが彼らの良さなのかもしれない。更に驚いたのはカップリング曲『迷路(Nancy Mix)』が「洋服の青山」のCMソングとなっていたことだ。

14曲目は『Too Late To Die』(19th single/2002.9.4)。ジャケットが白黒の絵。下地が真っ黒、其処に白い線で亀が描かれている。タイトルに引っかけて使用なのでしょう。しかし凄い皮肉っているな~と思ってしまいました。

15曲目は『夏なんだな』(21th single/2003.6.25)。ジャケットが凄く好きだった。何処にでもある住宅街から、空を見上げている様子。この絵がまた非常に「夏」を感じさせ、おっ!って思わせる物でした。ただ私が思ったのは歌詞は夏なんだけど、曲からは夏っぽくないんです。どっちかというと涼んで!って感じにとれます。

16曲目は『日曜日よりの使者』(22th single/2004.2.11)で、先に記載した通りに3rd singleのカップリング曲として既に存在していた。当時は「ダウンタウンのごっつええ感じ」エンディングテーマとして使用され、昨年から現在(2006.1.8の時点)では、Do You Have A Honda!?でお馴染みのCMで使用されています。私が一番好きな曲でもあります。

17曲目は『荒野はるかに』(23th single/2004.6.9)で、活動9年目となる2004年に設立された自身のレーベル、HAPPY SONG RECORDS第1弾シングルとして発表された曲。ポッカCMソングにも決定したタイトル曲では、このバンドらしいストレートでかつ熱いロックが聴かせてくれる。

18曲目は『サンダーロード』(26th single/2005.5.18)で、これがTHE HIGH-LOWSとしての現段階において最後のシングルとなる。「FROM A」のCM曲としても使用されていた。非常に耳に残る曲であった。

最後に彼らは日本のバンドシーンにおいて、非常に特殊なのかもしれない。第一線で活躍をしてきて、解散して、はい、お終い!って訳ではなくて、また別の形で第一線に戻ってきている。ただ相変わらず感じるのは曲などは非常にシンプルなんだけど、歌詞の内容は非常に熱い。それでいて嫌みや変な遠回しの表現がなく、ストレートに心に飛び込んでくる気持ちの良い音楽である。ジャンルとしてはロックだったりパンクだったりするが、それでも楽しんで聴ける曲が非常に多いと私は思っている。そして、過去にこんなバンドがあったのか?と考えると日本のバンドで思い浮かぶのはTHE BLUE HEARTSしかない。海外のバンドでイメージが重なるのはThe Sex Pistolsになる。今回の活動停止は非常に残念な形だが、あくまでも活動停止なので其処に復活の希望を持ちたいと思う。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2006-01-08 18:16 | 音楽
<< TOKYO PUDDING のっぽ >>