徒然なるままに

虚血性心疾患

虚血性心疾患とは、冠状動脈の狭窄によって起こる心疾患で、殆どの原因が動脈硬化とされている。他には大動脈弁狭窄(AS)や高安病(大動脈弁症候群)などが挙げられる。

危険因子としては、

①高脂血症  ②糖尿病  ③高血圧  ④喫煙(ニコチン)

が、4大因子とされている。

これらの他には、

⑤ Type A 性格
闘争心が強い人、ストレスを強く抱えてる様な環境下にある人間に多く、教師、相場師、ギャンブラー、医者などに多い性格と言われている。

⑥ 運動不足、⑦ 肥満(高脂血症を含む)

などがある。

では、虚血性心疾患の分類となりますと、
A. 狭心症: 可逆性、血行不足だが心筋(細胞)は壊死していない。
 ① 労作性狭心症 (STの低下、T波の減高、平均化、陽性化)
    ・労作による心臓への不可により、前胸部痛
    ・休めば15分以内に痛みは消失
    ・30分以上痛みが持続すると心筋梗塞の疑い大

 ② 異型狭心症(STの上昇)
    ・安静時に狭心症発作を起こす(朝方に多い)
    ・これは冠動脈の攣縮による
    ・心筋梗塞に移行しやすい。

 ③ 無痛性狭心症
    ・発作時に痛みがない(糖尿病を持っている人は危険)
    ・心筋梗塞の危険性が高い

B. 心筋梗塞: 心筋に壊死を起こした状態、不可逆性。前胸部に強い痛み(絞扼痛)

症状はどちらとも胸部痛を訴える。その際に狭心症の場合は、ニトログリセリンを与える事により痛みは軽減する。これは冠動脈の拡張する作用があるため。但し、心筋梗塞に対しては痛みの軽減にはならないので、この際はモルヒネで鎮痛し、そのままCCU(虚血性心疾患専用施設)へ移送する。

確定診断を行うためには、冠動脈造影検査を行い、この際に狭窄の部位や程度を確認。

狭窄がそれほど強くない場合(狭窄率25%レベル)であれば、ニトログリセリン、Ca拮抗薬、生活指導、危険因子除去により改善される。もし狭窄が強い場合であれば、緊急手術としてPTCA(冠動脈形成術)~バルーンカテーテルで狭窄して冠動脈を開くことになる。

緊急手術の適応として、

① 心室壁の破裂  ② 心室の中隔穿孔 
③ 乳頭筋の断裂 ④ 心室内巨大血栓


であり、これらを放置すれば心原性ショックの危険を高めてしまう。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-08-24 23:23 | 医療
<< 肺癌 祝・Livedoor Blog 開設 >>