徒然なるままに

タイトー買収

政治の世界もゲームの世界も再編の動きが活発化していますね。あのスクウェア・エニックス社が、大手ゲームメーカーのタイトーを買収すると発表した。買収手法には株式公開買い付け(TOB)によるとの事。但し、タイトーの社名やブランド名は残すそうです。後に持株会社の下にスクウェア・エニックスとタイトーとが並ぶ事を想定としているそうだ。

元々、アミューズメント系には弱かったスク・エニ社だが、タイトーを傘下に治める事によって穴埋めを計る事になりそうだ。これで家庭用ゲーム機のソフトとアミューズメント施設を持つことになった同社は、どんな勢いで成長していくのだろう!?

そういえば、今年の九月二十九日にはナムコとバンダイが経営統合し、バンダイナムコホールディングスを設立。これによって同社の売上高は4,600億円となり、これはセガサミーに次ぐ業界第2位となる。そして来年の三月一日にはトミーとタカラが合併しタカラトミーが設立される。

相次ぐ合併劇になるが、生き残るのは何処になるのでしょう?

詳しい記事はこちらで

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-08-23 01:36 | 時事関連
<< 祝・Livedoor Blog 開設 新たな動き >>