徒然なるままに

1兆2千億円

タイトルの数字は何だかわかりますか?実はこれ、我々の保険料から人工透析に対して年間に支払われるお金だそうです。しかし、このうちの半分は生活習慣病からなっているもの。なんかそんな人たちに保険料が使われるのは腹立たしいです。

海外のどっかの国(イギリス?)では、生活習慣病から人工透析に以降した人には、全額負担か8割負担だそうです。ところが日本では博愛精神が強いのでしょう。そんなお馬鹿な人たちも保護されているのですよね。何か腹立たしいです。だって好き勝手に飲み食いして生活を乱して、楽しい事ばかりして、医者の言うことは聞かない。何故そんな人たちに対して、大事な保険料を使われなければならないのかわかりません。

ドクター・ヘリ。これは純粋に飛ばすだけで年間で2億円必要だそうです。そしてそのヘリが離発着が出来る病院が全部で60病院あれば、日本全国をカバー出来るそうです。つまり、最低120億円あればもっと救える命が増えるそうです。まあ、これには病院とヘリコプターが可動するので不随する金額はもっとあるのでしょうけど、それでも素晴らしいです。

そう、何が言いたいのか分かりますよね。人工透析に使用されている保険料が半分使えれば、これぐらいの病院やヘリコプターを用意するのは訳がないのです。詳しい事は来週か来月に、その筋の先生に本を借りて詳しく説明したいと思っています。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-06-10 23:30 | 日常
<< G-Mail 仙丈ヶ岳 >>