徒然なるままに

バンダイとナムコ

皆様も知っている玩具メーカーのバンダイとナムコが、今年の9月29日に共同の持ち株会社を設立し経営統合することを発表した。この統合を境に三年後には連結売上高を5500億円、同経常利益550億円を見込んでいるらしい。

今回の再編には参加の企業を3つのグループ、〔(1)トイホビーグループ(2)コンテンツグループ(3)アミューズメントグループ〕に再編し、この3グループがシナジー効果を効かせ各分野を大きくしたい考えがある事を、持ち株会社の社長に就任する高須武男バンダイ社長は考えている模様だ。加えて今回の統合の経緯については、ナムコの中村雅哉会長が「ガンダム一年戦争」を作った際に、ソフトだけではなく本格的な統合ができないかと持ちかけられた事にあると会見で述べた。

これだけ大きな会社も時代の波に呑まれてしまうものなのでしょうか。どちらもかなり大手の会社だけに市場への影響は大きいもしれないですね。まあ過去にもそんな話が巷では噂に合ったので、やっぱりなって感もありますがやっぱり驚きですね。前にドラクエとFFを作成した会社の時も驚きましたが、何処の会社も息も絶え絶え、どっかで無理があるといった感じなのでしょうかね。これが元気を取り戻すきっかけとなってくれれば良いのですが。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-05-02 21:36 | 時事関連
<< 処分 今日は >>