徒然なるままに

お前ら馬鹿だろ!?

アジア・アフリカ会議(AA会議)にて、小泉首相が演説を行った。この会議には、中国の胡錦濤国家主席ら約50カ国が参加。ほとんど国際会議に出席しない北朝鮮のナンバー2、金永南最高人民会議常任委員長も出席するとの事。 小泉首相の演説内容と云うのが、過去の植民地支配と侵略によって損害や苦痛を与えたアジア諸国などに対して、「痛切な反省と心からのお詫び」を表明した。

内容としては、過去の植民地支配などを謝罪した1995年の村山富市首相(当時)の終戦記念日の談話を引用し、「歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切なる反省と心からのおわびの気持ちを常に刻む」と訴えた。政府開発援助(ODA)の拡充に努める方針も伝えた。更には、 軍事大国にならないとの決意も示した。これは反日デモが高まる中国や韓国に対して配慮をしたものとみられる。

日本人も少しは悪いと思っていると、他国も気付いてくれる切っ掛けになってくれ事を願います。60年以上経ってやっと国際的な場に於いて謝罪が出来ましたね日本は。本当はもっと早くにきちんとした形で謝罪をしているべき事なのですがね。それでも、やっと少し前進が出来たと喜べるのではないでしょうか。後で他国が賠償請求などをしてこなければ良いのですけどね。

日本人に対して、他国の人の感情が少しは落ち着くかな?って期待しました。この次の記事をみるまでは…。その内容とは、

「80人国会議員が靖国参拝」

これは超党派で結成された「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー80人が、今朝、靖国神社の春季例大祭に会わせて参拝したとのこと。自民党からは綿貫前衆院議長、古賀誠元幹事長を含む78人、民主党から原口衆院ら2人の計80人。この他に代理人として88人が参加。合計人数は168人となった。現職閣僚は参加しなかったがその側近は参拝をする。

この参拝に対して、この会の藤井副会長は、

「参拝は国民として自然な姿であり、残念。われわれは二度と戦争を起こしてはならない、近隣諸国と友好を深め平和を構築していこうという純粋な気持ちで参拝している」

「先人の御霊(みたま)を参拝することは、自然な姿だ。靖国神社参拝を政治的に結びつけること自体が友好関係をわい曲化している」


と強調して説明。それに加えて、首相の靖国参拝を近隣諸国に理解いただけないのは非常に残念であり、年内に小泉首相にも絶対に参拝して頂きたいと力説したとの事。

いやいや、正直この反日感情が高まっている最中に、こんな事をするとは思いませんでした。

お前ら馬鹿だろ!?

今回の反日デモの原因の一つに、小泉首相の靖国神社参拝があるだろう。それを刺激する様な真似しやがって。こちらの理念や気持ちが今までの関係で伝わると思っているのか!?あくまでも相手の立場で物事を考えて頂きたい。私だって日本人だから、参拝する気持ちとかは解る。でも国を代表する人たちが参拝を行う事はやっぱり間違っている。先ずはきっちりと過去の過ちに関して誤るのが先決でしょう。それを認めてもらった上で、今度は参拝に対する交渉をするのが筋ではないだろうか。国を代表する人物が相手国の気持ちを踏みにじる訳にはいかないでしょう。

今回はアジア諸国と本当の意味で仲直りの切っ掛けになる筈だった。それを馬鹿な会の人たちのせいで踏みにじられた。幾ら国際的な会議の場で謝罪をしても、国内でこんな行動をしていれば、日本は何処の国からも信頼されなくなってしまう。もっと各国が仲良くなれる世界になってほしいと願いう。特に日本人は人種的差別や偏見が多く残っていると思う。もっと自然に、そして国境と云う枠を越えて、一人の人間同士として付き合っていければと思う。

最後に一言、

相手国の心情をもっと考えろ、馬鹿な会のアホな議員さん
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-22 19:00 | 時事関連
<< 逮捕 怪我の結果 >>