徒然なるままに

続・反日デモ

16日、中国の上海市と天津市で反日デモが相次いで起こる。上海で行われたデモは最終的に数万人規模に達したとの事。そして、またもや一部が暴徒化し日本総領事館に投石を行ったり、日本料理店や小売店の数十店を破壊したそうだ。更に今回の上海市で行われたデモでは、邦人2人が怪我をした。

一体何時までこのデモは続くのでしょうかね。正直に気持ちをはっきり云わせて頂きます。今回、反日デモに参加した中国人は、

バカ以外の何者でもない!

確かに日本にも問題はあるのだろう。尖閣諸島、歴史的問題、小泉首相の靖国参拝。だからといって破壊行動をして良いものだろうか。関係の無い人たちを巻き込んで、怪我までさせて良いものなのだろうか。

先ずは自分達の国を見てみなさい。どうやって中国は今の水準まで復興したのですか。何処の国から協力を受けてきたのですか。それをきっちりと考えて頂きたいものである。大体、

愛国無罪

なんだそれ!!国を愛していれば、何をしても良いのですか。そうやって主張するのは、自分たちの行動は犯罪行為をしているとした認識があるからいちいち叫ばなければならないのだ。

そんなに日本が嫌いなら日本製品は何も買うな。日本企業で働くな。日本と貿易もするな。日本人を追い出してしまえ。それぐらいやってみろ。前にテレビで面白い事をやっていたなぁ。反日デモに参加した人が、日系スーパーの大安売りに買い物していました

まあ、本当に上記した様な事が起きた時点で、在日の中国人も同様に危険にさらされるのでしょうけどね。横浜や神戸に中華街なんてものもあるしね。右翼団体はここぞとばかりに中国や華僑などを一気に叩くでしょうね。

何故にお互いの痛みを理解出来ないのでしょうかね。第二次世界大戦から既に60年以上が経過しています。ドイツなども敗戦国ですが、ヨーロッパでもめていますか?決してそんな事はないですよね。ドイツは早々ときちんとした謝罪をして、それを認めて貰えたからでしょう。しかし、日本は未だにきちんとした謝罪すらしていないのかもしれない。もし謝罪をしていても、それは上辺だけと受け取られているのかもしれない。アホな政治家がいるために。間違いなく色々と復興していく中国を助けたのは日本人の力は大きいと思う。でもそれが、スタートの段階で躓いているので、中国国民には伝わらない。そういう意味では日本はお間抜けなんですよね。

最後に一言、

日本も中国も目くそ鼻くその争い
お互いの行動をしっかり見つめ直しましょう

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-17 20:00 | 時事関連
<< 69日間 昨夜から >>