徒然なるままに

三洋?SANYO!

本日の日経新聞に三洋の記事が目立ったので、此処にも記載させて頂くことにします。しかし、三洋は本当に大丈夫なんですかね?この記事のタイトルがまた凄かった。

三洋 異例の起用「なぜ」
CEOに野中ともよ氏
① 斬新さの狙いはショック療法?
② 業績不振の影響は「選択と集中」に遅れ
③「院政」へ布石か井植会長存在重く

記事の内容以前に、見出しをみただけで本当に三洋は大丈夫?って思いました。さて内容の方ですが、

①に関してはサプライズ人事(経営の素人を起用)をする事で社員に危機感を与えるのが目的であり、社員に本気で三洋を変える意識を持たせる事でありショック療法としている。

いやいや、こんな人事で社員はこの会社は終わったと思い、転職するのでは!?確かに彼女は過去にスポーツやニュース番組のキャスターなどもしていたし、現行では社外取締役にも就任している優秀な人物なのだろう。しかし、本人も驚いたぐらいの馬鹿馬鹿しい人事である。大体、本人にやる気がないから驚きもするのだろう。経営の素人を据えて何をさせる気なのでしょうか?

②ではデジタル家電の落ち込みや新潟県中部地震などの被害が追い打ちをかけたとするもの。更に採算悪化が続く白物家電からの撤退もなし。事業領域が広すぎる事も問題で、最終赤字計上で株主資本比率は10%前後まで低下。

う~ん、結局は斬新で素敵な商品が作れない+事業の見直しが出来ていない(リストラなど含む)=赤字って事なのでは?これは何処に問題があるんですかね?上司が悪いのか部下が悪いのか?色々と疑問です。

③では、今までCEO井植敏が会長に退き、改革特命委員であった野中氏を据える。そして野中氏が経営者としての力を発揮出来なければ「院政」を許す事となる。

これは院政がねらいでしょ?だから彼女を据えたのでしょう。会長として力を誇示していたいのでしょう。例え本当の愛社精神があるから社に残りたいとしても、栄枯盛衰です。過去ログでも書いてあるが、このまま行けばダイエーや西武の二の舞になるのでは?

色々と書いてはあったが、結局は、三洋さん、これはまずいんじゃない!?ってところですかね。このまま行けば潰れてしまいますよ…。多分これからの時代はブランドってそんなに問題は無くなるのかも。確かに目安としてはあるのだけど、重要視されなくなるんじゃないのかな?やっぱりどれだけ良い物を作れるのか、そして良い意味で適当な値段で売る。これが商売の鉄則ではないのだろうか。それから初めてブランドが生きるのでしょう。

最後に一言、

会社の存在意義は、社会が必要としてくれる事にある。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-09 21:03 | 時事関連
<< 今日は 村上ファンド >>