徒然なるままに

メジャーリーグ

米大リーグが3日、遂に開幕をした。オフの間は筋肉増強剤の問題で色々と揺れた大リーグだったが、その中で最初に抜群の輝きを見せてくれた男がいる。そうニューヨーク。ヤンキースの松井秀喜ある。

いきなりの初戦が伝統球団同士の対決であり、昨年のワールドシリーズの夢をうち砕いた相手であるボストン・レッドソックスである。この日の松井は5番左翼で出場。いきなりの5打数3安打3打点!この中には今期ヤンキース初のホームランを含む。更には相手のホームランになったはずのボールをキャッチするファインプレーまで決めている。先発のランディー・ジョンソンの活躍もあり、9-2で勝利を収める。

しかし、本当に大した男である。私は基本的にはAnti-Giantsなのだが、そんな中でも彼だけは好きだった。それは彼が人間味のある男で、優しさを兼ね備えているからである。あるボランティア団体を通して、こんな話を聞いた事がある。 Make A Wishという団体があるのだが、この団体では難病の子供たちの夢を一つ叶えてあげましょう!とするものなのだが、やはりこの中にスポーツ選手に会いたい!とかアイドルのコンサートに行きたいと話す子供達が多くいる。そんな時は常に先方に色々と時間を割いて頂けないかと連絡をするのだが、多くの数は断られたり、実現しても時間が凄く短かったりするらしい。

ところがこの松井選手は違う。かなりの時間は割いてくれて、一緒に遊んだり、サインなどにも気軽に応じてくれるそうなのだ。これは彼の人気が出る前からであり、そして現在でも色々な形で参加して下さっているそうだ。他にも男性デュエットなどで有名な人(←若くない人たち)などなど。心の優しい芸能人、スポーツ選手がいるそうだ。

何処かの腐れ芸能事務所などは、そんな事をしたら幾つやっても切りがない!とか、そんな特別扱いは出来ない!などと回答をしながら、テレビ番組などが絡むとほいほいとOKを出す芸能事務所&芸能人。幾らテレビの世界でどんなに着飾ろうが、心が汚い人間である事には変わりはない。ちゃんと影で見ている人がいるのを忘れないで頂きたい。そしてこの事が子供達が知ったらどれだけ悲しむのかをちゃんと理解して頂きたいものある。

話が大分ずれたが、今年の松井は本当に期待をしたい。そして彼の夢であるワールドシリーズのチャンピオンに輝いてもらいたい。さらに付け加えるなら彼の大きな力が貢献しての優勝であってほしいものである。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-04 23:58 | 時事関連
<< 桜 ご冥福をお祈りいたします >>