徒然なるままに

回答

回答は2.筑波でした。私としては、「4.貴方の知らない世界」になるかな?とちょっとした怖い選択肢もあると思っていたのですが、今回は大人しく筑波でした。まあ、大体に出発をしたのが夜23時でしたからね。そっから恵比寿まで迎えに行けば、「朝6時には帰宅したいですね」と話していればそんなに遠くまでは行けないですしね。

さて、そんなこんなで目的の無い3人旅がスタートするのだが、いきなりつまづく。首都高速の入り口に辿り着かない…。どんどん池袋方面に流されて行き、しまいには秋葉原を越えてしまったではないか。ん~、ナビが無いとかなり辛いかも。やっぱり都会の道は怖いです。

その後なんとか首都高に乗り、最初の分岐点。常磐道か東北道でどっちの道を選ぶのかが重要となってくる。S藤先生の選択は東北道。って事は行く先は筑波に決定。といってもその時は何処へ連れ去られるのか解っていなかったのですがね(笑)。いやいや、筑波山へ最初は向かったのだがこれがまた寒い!やっぱり深夜なので麓とはいえ異常に辛かった。あ、そういえば深夜では無く早朝ですね。実際に到着したのって朝の3時半ぐらいでしたからね。この時間には既に朝焼けを見るために山頂に向かう大勢の人たちも見かけましたね。我々と違ってなんて健全なんだ。

筑波山を下りてきた後は筑波大学のキャンパスへ。しかし本当に凄い広さですよね。さすが「学園都市」と名が付くだけの事があります。しかも驚いたのが学園内を移動するのに「学園バス」があるとのこと。う~ん、アメリカなどのキャンパスもそうであったが驚くばかりである。此処はある意味で異国の地って気分でした。

そんなこんなで特に何をするわけでも無く、ただダラダラと走り回って来ました。地球温暖化に貢献した様な一晩でした。そうそう、何故かPAでK玉くんのHotmailのAdress取得をやっていました(笑)。何もあんな所でやらなくても(笑)。

もっと沢山書きたい事があるのだが、眠くて頭が回りません。また後で付け加えます。取り敢えずおやすみなさい。

c0055960_19525436.jpg


続報
結局は夕方の6時まで寝てしまいました。う~ん、年を重ねる毎に徹夜は出来ない身体になってきますね。やっぱり朝の6時までには帰宅するべきでした。でもあれだけ渋滞したのでは仕方がない。そうそう、帰宅途中の高速道路でトラックの横転+ベンツを含む乗用車4台の事故を見ました。いやいや、トラックの底面を見ることはなかなかないですね。全員が無事であるといいですね。後で買った藁納豆でも食べましょう♪ん~、脈絡の無い文章になっているので、今日はこれにて(笑)。頭がぐるぐるしてるよ。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-04-02 10:24 | 日常
<< ご冥福をお祈りいたします 深夜のドライブ >>