徒然なるままに

愛知万博

いよいよ明日に迫った愛知万博。場所は愛知県の豊田市と瀬戸市の2会場で行われる。今回の課題は環境などの地球規模の課題の解決方法を提言とするもの。今日はその開会式が午後二時から行われている。

今日は仕事も無く、自宅でちらっとテレビを見ていたらその模様が放送されていました。その模様に楽団を編成してオーケストラらしきものも流れていたのですが、その映像を見て我が目を疑いました。そこで敷きを振っているのは、何故か元X-JapanのYoshikiなのだ。他の国からは著明なピアニストが参加していたりするのだが、日本から参加しているのは他に浜崎あゆみなど…。はぁ、一体日本は何を考えて選抜しているのだろう。悲しくなります。世界的なイベントなのに何故こんなタレント!って感じの人ばかり使うのか理解が出来ません。どうせ呼ぶなら教授(坂本龍一)などでお願いしたいものです。でも賢い人だと思うから出ることは無いと思いますが…。もし参加していたら嫌だな…。

さて、今回の課題は上記した通りなのですが、そんな事を提言しているのならこんな万博止めれば良いのに…、って思うのは私だけでしょうか?何故って無理矢理に山を削って会場を整備して、何処に行う意味があるのでしょうか。新たにリニアの建設などもしているようですが、その後はどうするのでしょう。更に交通が不便なのでしょう。いま問題になっている高速道路を造る必要があるのでしょうか。ちょっと考えただけでこれだけの疑問が浮いてきます。まあ、結局は官僚または役人たちが未だに20世紀から抜け出れない考えが存在しているからなのでしょう。

情報を得る為に色々と検索をしていたら、こんなサイト、愛知万博(愛地球博、日本国際博覧会)の失敗を静かに見守るサイト やら、あの2ちゃんねるでも私と全てではないですが、同様に考えよう!とする人たちも多いみたいですね。少し安心しました。どうも考え方が古い人間がまだ日本の上層と言われている社会には多いみたいです。少しずつでも変革をさせていかないと、本当に何処の市や県、そして国までもが借金漬けになってしまいます。まあ、既に半分は浸かっている気もしますが…。

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-24 16:21 | 時事関連
<< 速報!!ホワイトナイト参戦!? 高等裁判所の判決 >>