徒然なるままに

追再試

今朝の九時半から午後二時四十分まで、追再試を受けてきました(疲)。しかしまたなんて意地悪な先生方なんでしょう。えっ、何が意地悪かって?それはですね、問題がかなり入れ替わっているじゃないですか!?人から聞いた去年の状況ですと、試験内容は一緒、又はほぼ同じ問題だった、との事。しかし、今年は前回と同様の問題は全体の20~30%ぐらいと云ったところでしょうか。更にいやらしいのは、前回の問題に関連させて、一歩踏み込んだ問題を作成していること。更には、こっちの言い方をすれば解りやすいのに、わざわざ面倒な言い回しを使用したりとか。いや、本当に我が友の家庭教師を受けていなかったら…、と思うとぞっとします。今日の出来具合からすれば、通過はしているでしょう、多分。ぎりぎりでも何でも通ったもの勝ちですからね。

(これで通過していなかったらどうしよう…(汗)。)

これで残すは明日の3教科のみ。しかし、明日の病理学と下肢の損傷が問題なんだよなぁ。でも意地でもパスをしなければ、我が友に顔向けが出来なくなってしまいますよ…。それさえ終われば取り敢えず休み。因みにこの試験結果の発表は22日、午後一時半との事。今日は本科(鍼灸+按摩科)と専科(鍼灸科)の追再試の発表があったみたいです。私が通っている学校には、出入り口の所に一つの小部屋があるのですが、それは鏡張りの呼び出し部屋なのです。その部屋にて先生が三名に生徒が一人。みんな難しい顔をしていました。そしてその机の上には小さな紙切れが…。そう、その小さな紙切れに成績が書き込まれているのです…(怖)。あれって落第?もしくは今後の話し合いなのでしょうか?正直に他人事であってほしいと思いました。絶対あの部屋には二度と呼ばれたくないです、はい。

そんなこんなで今日は取り敢えず終了しました。明日に備えてしっかりと勉強をしようと思います。明日さえきちんと出来て終われば、きっと!!問題は無いはず。って事で頑張ります!!

[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-14 16:31 | 日常
<< 終了 今日も >>