徒然なるままに

ジュネーブ・モーターショー

毎年三月初旬に開催されるジュネーブ・モーターショー。今年も様々な車が出品されている。注目なのはヨーロッパ勢で新車を続々と発表したりと元気が良い。

気になった車の一台がメルセデス・ベンツBクラス。日本で既に発売されているAクラスをベースとして、全長とホイールベースを伸ばしたもの。Aクラスはトヨタヴィッツ、日産マーチに対抗した感じでしたが、今回のBクラスは、トヨタのWishか日産のNoteなどのサイズを狙ったと云った感じでしょうか。写真で見る限りは、室内は広めで、遠距離のドライブも楽にこなしそうな感じがします。それにやっぱりメルセデス、高級感があります。昔はメルセデスと云えば、お医者さまや893屋さんたちのお金持ち的な車のイメージでしたが、Aクラスからイメージが一新しましたね。まあ、それでも十二分にお高い値段なのですがね(苦笑)。

続いての気になる車は、MAZDAの3代目ロードスター。横幅が広がっために、3ナンバーとなってしまったのだが、全長は逆に4mを切り、車重も1tを切っている。エンジンはヨーロッパでは1800ccと2000ccの2タイプ用意されるが、日本では2000ccのみになる予定。見た目は、1代目と2代目の特徴を残し、良いところをバランスよく仕上げた感が強い。それだけに新しい!といった感じは薄いのだが、楽しくなじみやすい車に仕上がったのかな。内装も相変わらずシンプルなのだが、マツダ、ロードスターらしい仕上がりです。日本での発売は今年の七月頃になるそうです。

他にもまだまだ魅力的な車が沢山あるのだが、その中で私が一番気になった車はこれ、LOTUS EXIGE(ロータス・エキシージ)。何が良いって格好良すぎ!!エンジンはトヨタ製の4気筒、1.8ℓで192馬力。パワーだけで云うとセリカなどと変わらないのだが、驚きは車重が875㌔しかないとのこと。そして最近は形だけで下品なウィングが多いのだが、きっちりとダウンフォースを得ることが出来る(らしい)シンプルだがお洒落なウィング。最近はどれもこれも同じ車に見え始めていたのだが、ちょっと古くさく異質な感じなのだが、見たら眼を外させない圧倒的な存在感を有する車です。値段はこのサイズでは高いのかもしれないが、日本円で¥6,279,000.-との事。大金持ちなら絶対手を出す車です。

今年も色々な車が出品されたジュネーブ・モーターショー。エコロジーばかりでなくスポーツカーも元気を取り戻してきた感じがあります。日本勢ではちょっと目立った感じが少なく、大人しいイメージがあった。やはり景気も影響しているのかな?これからの次期はオープンカーなどで春の日差しを浴びながら、伊豆方面にドライブなどに行けたら気持ちが良いのかもしれないですね。来週が無事に終了したら、一人でカメラ片手に行ってみるのも良いかも。好きな音楽と読みかけの本を片手に眺めの良い場所でね。まあ、私の車はオープンカーではなくて、普通のマチ子ちゃんなんですけどね(笑)。でも、凄く気に入って乗っていますよ♪もう少し勉強を頑張って、のんびりしたいと思います。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-10 15:38 | 時事関連
<< 特別再試 ニッポン放送株続落 >>