徒然なるままに

ニッポン放送株続落

今日のニッポン放送株午前の終値は220円(3.3%)安の6110円。昨日に発表されたフジテレビのTOBが36.47%とかなりの好成績で成立し、ライブドアとフジテレビの株式合計比率が約80%に達し“株式上場廃止”の懸念を一般投資家が持った事によるものと思われる。

いやフジテレビのTOB、正直に云ってあそこまでの成功を収めるとは思いませんでした。それだけフジも必死だったのでしょうね。しかし私は気にくわない(笑)。あれだけバックに自民党の面々を見てしまうと嫌気がさしてしまいます。別に自民党が好き嫌いでは無くて、如何にも敵対視をする態度が気にくわないのです。特に片山議員、大嫌いです。昨日のインタビューでも、自分の味方している企業が勝ったばりの発言、むかつきます。大体、政治家が一企業に対して贔屓する発言をするのは如何なものかと思う。私は麻生太郎も好きではないが、彼は一議員の立場をしっかり守って、公的な場においての発言は終始一貫して、どちらかを応援する発言をしないのは大したものだと思う。

しかし、これからの展開はどうなるのだろう?此処までの展開は予測は付いていたのだが、ホリエモンの思わせぶりな発言、予想内。予測はしていても何か対抗策はあるのだろうか!?実際に上場廃止になった場合はどうなるのだろう?ちょっとした疑問です。フジテレビの動向も気になります。もう株の買い付けは行わないと発言しているし、ホリエモンとも合わないとしている。しかし、大株主同士で話し合いをするのは必要な事ではないのであろうか。ニッポン放送の企業価値を高める為には、いがみ合っていても仕方がないし先を見て欲しいものである。そう、フジの2名のアナウンサーがホリエモンと合コンしたように(爆)。本当に千野&高島、はっきりいって彼女たちは大馬鹿ものです。たとえプライベートの友達だと発言があったにしても、流石にこの現状で合って酒盛りをするのは如何なものかと思ってしまう。それに加えて、里谷多英の下半身むき出し乱交事件もある。これに関しては、開いた口が塞がらない。事件についたは詳しくは触れないが、社会人としてもそうだが一人間としても失格であると云いたい。この様な社員を抱えているフジテレビジョンも大変ですね。会社を守るのも起立のある行動をとる社員を育てるも企業のトップの勤め。もう少し人間としてまっとうな社員をフジには抱えてもらいたいものである。
[PR]
by Sparky_ellensburg | 2005-03-09 13:47 | 時事関連
<< ジュネーブ・モーターショー ドトールコーヒー >>